第三十七章

あなたがたはわたしの面前にあってまことに信仰を欠いており、いつも自分を頼って事を行なう。「あなたがたはわたしがいなければ何もしてはならない」。しかしあなたがた堕落した人々は、いつもわたしの言葉を片耳に入れては別の耳から出している。今日の生活は言葉の生活である。言葉がなければいのちも経験もなく、言うまでもないが信仰もない。信仰は言葉の中にある。神の言葉により専念することでのみ、あなたがたは何でも得ることができる。成長しないことを心配してはならない。いのちは心配ではなく成長を通じて生まれる。

あなたがたはいつも不安になりがちで、わたしの指示に耳を傾けない。あなたがたはいつもわたしの歩みを追い越そうと望む。それはどういうことか。それは人の大それた野心である。あなたがたは神から生じるものと自分自身から生じるものをはっきり区別すべきである。わたしの面前では、熱心さは決して褒められない。始めから終わりまでわたしに忠実に従うことができるよう、わたしはあなたがたに望む。しかしあなたがたは、そのように行動することが神に忠実的であることだと信じている。盲目の人たちよ。あなたがたはなぜもっとわたしの面前に来て探し求めないのか。なぜ無闇に行動しているだけなのか。あなたがたははっきり見なければならない。いま働いているのは決して人間ではなく、むしろ万物の支配者にして唯一の真の神、すなわち全能者である。あなたがたは怠ることなく、自分が持つすべてのものをずっと持ち続けなければならない。わたしの日が近いからである。あなたがたはこの時になってもまだ目覚めないのか。まだはっきりと見ていないのか。あなたがたはいまだにこの世と組しており、それと手を切ることができない。なぜか。あなたがたは本当にわたしを愛しているのか。わたしに見えるように心をさらけ出すことができるのか。自分の全存在をわたしに捧げることができるのか。

わたしの言葉をもっと考え、それについてのはっきりした認識をいつも持っていなさい。まごまごして混乱したり、中途半端な気持ちであったりしてはいけない。わたしの面前でもっと多くの時を過ごし、わたしの純粋な言葉をもっと受け取りなさい。そしてわたしの意図を誤解してはならない。わたしはあなたがたにこれ以上何を言えるだろうか。人の心は頑なで、その観念は深刻すぎる。なんとか生きるだけで十分だといつも考え、自分のいのちをいつも冗談の種にしている。愚かな子どもたちよ。時が迫っており、遊んでばかりいる時ではない。目を見開いてその時を見つめねばならない。太陽が地平線を横切って大地を照らそうとしている。目を見開いてしっかり見なさい。注意を怠ってはならない。

あなたがたはかくも重大なことを軽視し、このように扱っている。わたしの心は不安だが、わたしの心を思いやり、わたしの良き忠告を聞いて助言に耳を傾けられる者はほとんどいない。使命は困難に満ちているが、わたしのためにその重荷を共に背負える者は、あなたがたの中にほとんどいない。あなたがたはいまだにそのような態度をとっている。過去に比べればいくらか進歩を成し遂げたが、その状態にとどまっていてはならない。わたしの歩みは急速に前進しているが、あなたがたの歩みはいまだにそのようなものである。あなたがたはどのようにして今日の光と歩調を合わせ、わたしの歩みについて行けるのか。二度とためらってはいけない。何度も何度も強調してきたが、わたしの日はもはや先延ばしにされない。

今日の光は結局今日のものである。昨日の光と比べることはできず、明日の光とも比較できない。新たな啓示、新たな光は一日ごとにより強く、より明るくなる。呆然とした状態から抜け出しなさい。そしてこれ以上愚かであったり、守旧的であったり、わたしの時を遅らせたり無駄にしたりしてはならない。

目を覚まして見なさい。目を覚まして見なさい。わたしにもっと祈り、わたしの面前でもっと多くの時を過ごしなさい。そうすればきっとすべてのものを得る。そうすればきっとすべてのものを得るようになると信じなさい。

前へ: 第三十六章

次へ: 第三十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

千年神の国は訪れた

この一団に神が行おうとしている働きが何かを見ただろうか。千年神の国にあってもなお、人々は神の言葉に従い続けなければならず、将来も神の言葉はカナンの良き地で人々の生活を直接導くであろうと、かつて神は言った。モーセが荒野にいたとき、神は直接彼に指示を与え、語った。神は天から人々に食べ…

道……(5)

かつて聖霊を知る者はおらず、ましてや聖霊の道について認識している者はいなかった。そのため、人々は神の前で常に愚かにふるまっていたのである。神を信じる人々のうち、ほぼ全員が霊を知らず、その信仰は混乱していると言っても過言ではない。人々は明らかに神を理解しておらず、口では神を信じてい…

神の経営の中でのみ人は救われる

誰もが神による経営(救い)を未知のものだと感じる。なぜなら、神の経営は完全に人間と無関係だと人々は考えるからである。人々はこの経営は神だけの働き、神独自の用事だと考えるので、神の経営の働きに無関心である。こうして、人類の救いは漠然とした不明瞭なものとなり、今では空虚な言葉にすぎな…

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索