第四十四章

わたしは義であり、誠実であり、人の心の奥底を探る神である。わたしは誰が正しく誰が不正かをただちに暴く。恐れることはない、すべてはわたしの時に従って行われる。わたしを心から求めているのは誰か、そしてそうでないのは誰かを、一人一人教えよう。あなたがたがわたしの前に来るときは、ただ注意してよく食べ、よく飲み、わたしに近づくだけでよい。わたしが自らの働きを行う。すぐに成果を得ようと焦ってはならない。わたしの働きは一度にすべて成し遂げられるものではない。この働きにはわたしの段階と知恵があり、そのためわたしの知恵を露わにできるのだ。わたしの手で何がなされるかをあなたがたに見せよう――それは悪を罰し、善に報いることだ。わたしは決して誰もひいきしない。ただわたしを心から愛する者を心から愛し、わたしを心から愛さない者には常に怒りをもって臨む。わたしが真の神であり、人間の心の奥底を探る神であることを、彼らが永遠に忘れないように。本音と建前を使い分けてはならない。わたしにはあなたのすることがすべてはっきりと見えている。他の人を欺くことはできても、わたしを欺くことはできない。わたしにはすべてがはっきりと見えているのだ。何も隠すことはできない。すべてはわたしの手の中にある。小賢しい計算で有利な結果を得られたからと言って、自分がとても賢いなどと思ってはならない。言っておくが、人間が何千何万と計画を立てたところで、最終的にわたしの手からは逃れられないのだ。万事万物はわたしの手に支配されているのだから、一人の人間など尚更である。わたしを避けたり、隠れたり、おだてようとしたり、隠し事をしたりしてはならない。わたしの栄光に満ちた顔貌、怒り、そして裁きが公にあらわされていることが、あなたにはまだわからないのか。わたしを心から求めない者はみな、ただちに容赦なく裁かれる。わたしの憐れみはすでに尽きた。もうこれ以上偽善者であることをやめ、狂気じみた無謀な生き方を捨て去りなさい。

我が子よ、用心して、もっとわたしの前で長く過ごしなさい。そうすれば、わたしがあなたを引き受けよう。恐れることなく、わたしの鋭い諸刃の剣を携え、わたしの旨に沿って、最後までサタンと戦い抜きなさい。わたしがあなたを守る、心配することはない。隠されているものはすべて開かれ、露わにされる。わたしは光を放つ太陽であり、すべての暗闇を容赦なく照らす。わたしの裁きは余すところなく下されており、教会が戦場となっている。あなたがたはみな支度を整え、全身全霊で最後の決戦に臨まねばならない。わたしは必ずあなたを守ろう、わたしのために善戦し勝利を収められるように。

気をつけなさい――最近の人々の心は偽りに満ちていて、何をするか予測がつかず、人間には他人の信頼を勝ち取る術がないからだ。完全にあなたがたの味方なのはわたしだけだ。わたしには偽りがない。だから、ただわたしを頼りなさい。わたしの子らは最後の決戦で必ずや勝利を収める。サタンは間違いなく姿を表し、死闘を繰り広げるだろう。恐れてはならない。わたしがあなたの力であり、あなたのすべてなのだ。物事を何度も考えるのはやめなさい、あなたはそれほど多くの考えに留意することはできない。前にも言ったが、わたしはこれ以上あなたがたの手を引いて進むことはしない。時が迫っているからだ。これ以上あなたがたの耳を捕らえて、毎回言い聞かせている時間はない。そんなことはできないのだ。ただ、戦いの準備を整えておきなさい。わたしがすべての責任を取る。すべてはわたしの手の中にある。これは決死の戦いであり、一方は必ず滅びることになる。しかし、このことははっきり理解していなければならない。わたしは永遠の勝利者であり、打ち負かされることはなく、サタンが確実に滅びるということだ。これがわたしのやり方であり、わたしの働きであり、わたしの旨であり、わたしの計画なのだ。

もう成し遂げられた。すべては成し遂げられたのだ。臆病にならず、恐れずにいなさい。わたしとあなた、そしてあなたとわたしは、永遠の王となるのだ。わたしの言葉は一度語られると決して変わることがなく、出来事はすぐにあなたがたに降りかかるだろう。用心していなさい。わたしの言葉の一つ一つをよく考えなさい、これ以上曖昧なままでいてはならない。はっきりと理解しなくてはならないのだ。覚えておきなさい、できるだけ多くの時間をわたしの前で費やすことだ。

前へ: 第四十三章

次へ: 第四十五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神を知る者だけが神に証しをすることができる

神を信じ、神を知ることは、天の法則であり地上の原則である。そして今日、受肉した神がその働きを自ら行なっているこの時代は、神を知るのに特に良い時である。神を満足させることは神の旨の理解を基盤として達成されるものであり、神の旨を理解するためには、神について多少の認識をもつことが必要に…

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

どのように地上の神を知るか

あなたがたはみな、神の前で報われ、神の寵愛を受けたいと願っている。神を信じ始めた者は誰でもそのようなことを望むものである。誰もが高尚な物事を追い求めることに夢中になり、誰ひとり他者に後れを取りたくないからである。これが人というものである。まさにそれゆえに、あなたがたの多くが絶えず…

聖書について(2)

聖書は旧約・新約聖書とも呼ばれる。あなたがたは「約」の意味を知っているだろうか。「旧約」の「約」は、ヤーウェがエジプト人を殺し、イスラエル人をパロから救ったときの、ヤーウェとイスラエルの民との契約に由来する。もちろん、この契約の証しは鴨居につけた子羊の血であり、神はそれをもって人…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索