第四十五章

あなたは、まるで何でもないことのように、公然と兄弟姉妹たちを裁く。あなたは本当に善と悪を見分けることを知らない。あなたは恥知らずである。これはひどく厚かましい、無謀な行為ではないか。あなたがたは一人残らず混乱し、心が重い。あなたがたは余りにも多くの荷物を持っているので、あなたの中にはわたしの場所はない。盲目の人間たちよ。あなたがたは何と残虐なことか──それはいつ終わるのか。

わたしは幾度となく心からあなたがたに話しかけ、わたしの持っているものすべてを与えるが、あなたがたは非常にけちで、人間性の欠片もない。これは本当に理解に苦しむことである。どうしてあなたは自分の観念にしがみつくのか。なぜあなたは、あなたの中にわたしの居場所を設けることができないのか。どうしてわたしがあなたがたを傷付けることなどあろうか。あなたがたはこのようにふるまい続けてはならない──わたしの日は、本当に今からもう遠くない。不注意に話したり、無謀なふるまいをしたり、争ったり、問題を引き起こしたりしてはならない。それがあなたがたのいのちにどんな益をもたらすというのか。わたしはあなたがたに真実を告げる。わたしの日が来るときに一人として救われないとしても、わたしはなおも、わたしの計画に従ってものごとに対処する。あなたがたはわたしが全能の神であることを知らなければならない。どんな物も、どんな人間も、どんな出来事もわたしの前進を妨げることはできない。あなたがたなしでは、わたしにはわたしの旨を実行するすべがないと思ってはならない。言っておくが、自分のいのちをこのように否定的に扱うならば、あなたは自分のいのちを滅ぼすだけであり、わたしはそれを全く気にも留めない。

聖霊の働きは一つの段階まで進み、証しは頂点に達した。これは明白な真実である。早くあなたがたのかすんだ目を開きなさい。あなたがたに対するわたしの苦心の努力を無駄にしてはならない。そして、もう自分を甘やかしてはならない。あなたがたはわたしの前では喜んで善行を為すが、わたしがいないとき、あなたがたの行動やふるまいは、わたしの目の前に示せるようなものであるのか。あなたがたは善と悪の違いが分からない。あなたがたはわたしに耳を傾けない。あなたがたはわたしの前ではひとつのことをし、わたしの背後では別のことをする。わたしが人間の心の奥底まで見透かす神であることにあなたがたはまだ気づいていない。何と無知なことか。

今後あなたがたの前途において、策略をめぐらせたり、偽りや曲がったことに加わったりしてはならない。さもなければ、その結果は想像を絶するものになるであろう。偽りと曲がったことが何であるか、あなたがたはまだ理解していない。あなたがたがわたしに見せられず、明るみに出すこともできない行動やふるまいは、どれも偽りと曲がったことである。今あなたがたはこれを理解すべきである。今後、偽りや曲がったことに加わるなら、分からない振りをしてはならない。それは、知っていながら過ちを犯すことであり、さらに罪深いことである。このようなことをすれば、あなたがたは火で焼かれるか、さらにひどい場合は、自分を滅ぼすことになるだろう。あなたがたは理解しなければならない。あなたがたが今日直面しているのは、愛の懲らしめである。これは決して無慈悲な裁きではない。このことが分からないのなら、あなたがたはあまりにも哀れであり、あなたがたには全く何の希望もない。愛の懲らしめを喜んで受け入れないのであれば、無慈悲な裁きだけがあなたがたに下る。それが起こったら、わたしがあなたがたに告げなかったと不平を言ってはならない。わたしが責任を逃れたのではなく、あなたがたがわたしの言葉に耳を傾けず、わたしの言葉を実行しなかったのである。後で非難されることがないように、わたしは今このことをあなたがたに言っておく。

前へ: 第四十四章

次へ: 第四十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人間のいのちの源である

産声を上げてこの世に生まれてきた瞬間から、あなたは自分の責務を果たし始める。神の計画と定めの中で自分の役割を果たして、人生の旅を始める。背景が何であれ、また前途がどうであれ、天の指揮と采配から逃れられる者はいない。また自分の運命を支配できる者もいない。なぜなら、万物を支配するその…

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

第三十五章

今日、すべての人間は、程度に差はあるが、刑罰の状態に入っている。神が次のように言った通りである。「わたしは人間と一緒に出ていく」。これは完全に本当であるが、人々はまだこの点を完全には理解できていない。その結果、彼らが行った働きの一部は不必要になっている。神はこう語った。「彼らの霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索