真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第四十六章

誠実にわたしのために自らを費やし、捧げるならば、わたしはあなたを最後まで必ず守る。わたしの手が必ずあなたを支えるので、あなたは常に平安で、いつも喜びがあり、日々わたしの光と啓示を受ける。わたしは必ずあなたへの祝福を倍にするから、あなたは私の所有するものを所有し、わたしという存在そのものを所有するようになる。あなたの中に与えられるものは、あなたのいのちであり、何者もそれをあなたから奪い取ることはできない。やっかいなことが自分に起こらないようにし、また、気落ちしないでいなさい。わたしの内にあるのはすべて平安と喜びだけである。わたしは、わたしを心から仰ぎ、従う子供であるあなたを心から愛する。わたしが最も憎む者は偽善者であり、わたしは彼らを確実に一掃する。わたしはわたしの家から世の味をすべて消し去り、わたしが見るに堪えないものを消し去る。

わたしは、誰が誠実にわたしを求め、誰が求めていないかを心の中で知っている。彼らは変装が得意で、賢いふりをし、世界一の役者であるとも言えるが、わたしには彼らの心の中にあるものがすべてはっきり見える。わたしがあなたの心の中にあるものを知らないと思ってはならない。実際、わたしより明確に理解できる者はいない。わたしはあなたの心の中にあるものを知っている。あなたは神に自らを捧げ、費やすことをいとわないが、周りの人々をおだてて喜ばせようとだけはしない。しっかり見なさい。今日の神の国は人の力によって建てられたのではなく、すべてわたしの無数の知恵と苦心の努力によって建てられた。知恵を持ち、わたしの存在を内に持つものは誰でも、わたしの国の建設に加わることができる。これ以上心配してはならない。あなたは心配ばかりして、あなたの心の内なる、わたしの旨に関する啓示や照らしを考慮しない。いつまでもそのようであってはならない。自らの行動ゆえに苦しむことがないよう、どのような事についてもわたしと交わりなさい。

おそらく表面上は、わたしは全ての者に対して生ぬるく見えるかもしれない。だがあなたは、わたしが心の奥で考えていることを知っているか。わたしは常に、謙った者たちを高くし、うぬぼれる者たち、独りよがりな者たちを低くする。わたしの旨を理解しない者は多大な損失を被る。あなたは、これこそがわたしであり、わたしの性質であることを知らねばならない―何者もそれを変えることはできない。何者もそれを完全に理解することはできない。わたしの啓示を通してのみ、あなたは理解することができる。そうでなければ完全に理解することはできない。傲慢になってはならない。一部の人々は、口先では良いことを言うが、心の中では決してわたしに忠実ではなく、いつも密かにわたしに反対している。そのような人をわたしは裁く。

他者から指示を受けることばかりを考えるのではなく、わたしの姿勢や振る舞いに留意すべきである。そうして初めて、わたしの旨を徐々に把握するであろう。そうすれば、あなたの行動はわたしの旨に適い、過ちを犯さなくなるであろう。泣いたり、悲しんだりしてはならない。わたしには、あなたのすること、あなたの振る舞い、あなたの考えていることがすべてはっきりと見える。わたしはあなたの切実な欲求と願望を知っている。わたしはあなたを用いる。今は重大な時である。あなたを試す時が来たのだ。あなたはまだ見ていないだろうか。まだ理解できていないだろうか。わたしがあなたにこのような態度で接するのはなぜか。あなたには分かるだろうか。わたしはこれらの事柄をあなたに啓示したが、あなたの識見は僅かである。それでも止まってはいけない―霊的成長のために前進を続けるなら、わたしはあなたに啓示を与え続ける。あなたがわたしに従い、わたしを仰ぐほど、あなたの心の中は明るくなり、より多くの啓示を受けるということに気づいただろうか。また、わたしに対する認識が増えるほど、より多く経験するということに気づいただろうか。自分の観念にしがみついてばかりいてはならない。そのようなことをしていると、わたしの生ける水の流れが滞り、わたしの旨の実行が妨げられる。一人の人間を完全に獲得することは容易でないことを、あなたは知らなければならない。複雑に考えてはならない。ひたすら従い、もはや憂慮してはならない。

前へ:第四十五章

次へ:第四十七章

関連した内容

  • 自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか

    神の働きは前進を続けており、その目的が変ることはないが、神の働きの実行手段はたえず変化しており、それによって神に従う人々も変化していく。神の働きが増えれば増えるほど、人はさらに徹底的に神を知るようになり、それに応じて人の性質も神の働きとともに変化する。しかし、神の働きがたえず変化しているため、聖霊の…

  • 第二十六章

    誰がわたしの家に住んだのか。誰がわたしのために立ち上がったのか。誰がわたしのために苦しんだのか。誰がわたしの前で誓ったのか。誰が今までわたしに従い、それでいて無関心にならなかったのか。なぜ人間はみな冷たく無情なのか。なぜ人間はわたしを捨てたのか。なぜ人間はわたしに飽いたのか。なぜ人間の世界には何の温…

  • 第二十三章

    わたしの声が響き渡り、わたしの目が火を放ち、わたしは全地を見渡す。わたしは全宇宙を見ている。人間はみな、わたしに向かって祈り、仰ぎ見て、怒りを鎮めるよう懇願し、もう逆らわないと誓っている。しかし、今はもう昔ではない。これは今のことだ。誰がわたしの心を元に戻すことができるのか。人間の心の祈りではないし…

  • 唯一の神自身 3

    神の権威(2) 本日は、引き続き「唯一の神自身」に関して伝える。この主題については、1回目の神の権威関連、2回目の義なる性質関連と、既に2回にわたって話をした。これら2回の話を聞いて、あなたがたは神の身分、地位、そして本質について新たな理解を得たであろうか。これらの見識は、神の存在の真理に関するより…