第四十六章

誠実にわたしのために自らを費やし、捧げるならば、わたしはあなたを最後まで必ず守る。わたしの手が必ずあなたを支えるので、あなたは常に平安で、いつも喜びがあり、日々わたしの光と啓示を受ける。わたしは必ずあなたへの祝福を倍にするから、あなたは私の所有するものを所有し、わたしという存在そのものを所有するようになる。あなたの中に与えられるものは、あなたのいのちであり、何者もそれをあなたから奪い取ることはできない。やっかいなことが自分に起こらないようにし、また、気落ちしないでいなさい。わたしの内にあるのはすべて平安と喜びだけである。わたしは、わたしを心から仰ぎ、従う子供であるあなたを心から愛する。わたしが最も憎む者は偽善者であり、わたしは彼らを確実に一掃する。わたしはわたしの家から世の味をすべて消し去り、わたしが見るに堪えないものを消し去る。

わたしは、誰が誠実にわたしを求め、誰が求めていないかを心の中で知っている。彼らは変装が得意で、賢いふりをし、世界一の役者であるとも言えるが、わたしには彼らの心の中にあるものがすべてはっきり見える。わたしがあなたの心の中にあるものを知らないと思ってはならない。実際、わたしより明確に理解できる者はいない。わたしはあなたの心の中にあるものを知っている。あなたは神に自らを捧げ、費やすことをいとわないが、周りの人々をおだてて喜ばせようとだけはしない。しっかり見なさい。今日の神の国は人の力によって建てられたのではなく、すべてわたしの無数の知恵と苦心の努力によって建てられた。知恵を持ち、わたしの存在を内に持つものは誰でも、わたしの国の建設に加わることができる。これ以上心配してはならない。あなたは心配ばかりして、あなたの心の内なる、わたしの旨に関する啓示や照らしを考慮しない。いつまでもそのようであってはならない。自らの行動ゆえに苦しむことがないよう、どのような事についてもわたしと交わりなさい。

おそらく表面上は、わたしは全ての者に対して生ぬるく見えるかもしれない。だがあなたは、わたしが心の奥で考えていることを知っているか。わたしは常に、謙った者たちを高くし、うぬぼれる者たち、独りよがりな者たちを低くする。わたしの旨を理解しない者は多大な損失を被る。あなたは、これこそがわたしであり、わたしの性質であることを知らねばならない―何者もそれを変えることはできない。何者もそれを完全に理解することはできない。わたしの啓示を通してのみ、あなたは理解することができる。そうでなければ完全に理解することはできない。傲慢になってはならない。一部の人々は、口先では良いことを言うが、心の中では決してわたしに忠実ではなく、いつも密かにわたしに反対している。そのような人をわたしは裁く。

他者から指示を受けることばかりを考えるのではなく、わたしの姿勢や振る舞いに留意すべきである。そうして初めて、わたしの旨を徐々に把握するであろう。そうすれば、あなたの行動はわたしの旨に適い、過ちを犯さなくなるであろう。泣いたり、悲しんだりしてはならない。わたしには、あなたのすること、あなたの振る舞い、あなたの考えていることがすべてはっきりと見える。わたしはあなたの切実な欲求と願望を知っている。わたしはあなたを用いる。今は重大な時である。あなたを試す時が来たのだ。あなたはまだ見ていないだろうか。まだ理解できていないだろうか。わたしがあなたにこのような態度で接するのはなぜか。あなたには分かるだろうか。わたしはこれらの事柄をあなたに啓示したが、あなたの識見は僅かである。それでも止まってはいけない―霊的成長のために前進を続けるなら、わたしはあなたに啓示を与え続ける。あなたがわたしに従い、わたしを仰ぐほど、あなたの心の中は明るくなり、より多くの啓示を受けるということに気づいただろうか。また、わたしに対する認識が増えるほど、より多く経験するということに気づいただろうか。自分の観念にしがみついてばかりいてはならない。そのようなことをしていると、わたしの生ける水の流れが滞り、わたしの旨の実行が妨げられる。一人の人間を完全に獲得することは容易でないことを、あなたは知らなければならない。複雑に考えてはならない。ひたすら従い、もはや憂慮してはならない。

前へ: 第四十五章

次へ: 第四十七章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

正常な状態へ入るには

神の言葉を受け入れれば受け入れるほど、人はより啓かれ、神を認識することの追求においてますます飢えと渇きを感じるようになる。神の言葉を受け入れる人だけが、より豊かで深遠な経験をすることができる。そしてそのような人は、いのちが胡麻の花のように成長し続けられる唯一の者たちである。いのち…

聖書について(1)

神への信仰において、どう聖書に接するべきか。これは原則の問題である。なぜ私たちはこの問いについて話し合っているのか。それは、将来あなたが福音を広め、神の国の時代の働きを広げるからであり、単に今日の神の働きについて話せるだけでは不十分なのである。神の働きを広げるには、人々の古い宗教…

第十二章

東から稲妻が走るとき──これはまた、わたしがわたしの言葉を口にし始める、まさにその瞬間である──稲妻が光るそのとき、天空全体が照らされ、すべての星々に変化が起こる。全人類はあたかも選り分けられ、整理されたかのようである。東からの光芒の下、人間はみな本来の形を現し、目がくらみ、混…

第七章

西面の枝はみな、わたしの声を聞きなさい。 過去、あなたがたはわたしに忠実だっただろうか。あなたがたはわたしの優れた助言の言葉に従ってきただろうか。あなたがたは、曖昧で不確かなものではない、現実的な希望をもっているだろうか。人間の忠誠、愛、信仰は、すべてわたしから生じているものであ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索