第四章

わたしたちは常に見張り、待ち望み、霊において静まり、純粋な心で求めるのだ。わたしたちに何が降りかかろうと、盲目的に語ってはならない。わたしたちにただ必要なのは、神の前に静まり、絶えず神と交わることである。そうすれば、神の意図がわたしたちに明らかにされるだろう。わたしたちの霊はいつも見極める用意ができていなければならず、また鋭く、揺るぎないものでなければならない。わたしたちは神の前で生ける水、わたしたちの乾き切った霊に糧を与え、再び満たす水から汲んで飲まなければならない。わたしたちには、あらゆる時にも、わたしたちのサタン的性質から生まれたわたしたちの独善、傲慢、自己満足、うぬぼれから自分を清める心構えができていなければならない。わたしたちは心を開き神の言葉を受け入れ、わたしたちの生活を送る中で、神の言葉に拠り頼まなければならない。わたしたちは神の言葉を体験し、神の言葉について確信を持ち、神の言葉に関する理解を得、神の言葉がわたしたちのいのちとなるようにしなければならない。これがわたしたちの召命である。わたしたちは神の言葉によって生きるときのみ勝利するのだ。

今、わたしたちの観念は深刻過ぎる。わたしたちは軽薄にしゃべり過ぎ、早急に行動し、また聖霊に従うことができない。今日は過去のようではないのだ。聖霊の働きは凄まじい速度で前進する。わたしたちは神の言葉を細部に至るまで体験しなければならない。わたしたちは一つひとつの考えと思い、一つひとつの動きと反応を心の中で見極めなければならない。わたしたちが人前で為すことも、人の陰で為すことも、何一つキリストの玉座の前の裁きを逃れることはできない。聖霊はわたしたちをさらに深い経験の中へと導き入れようとしている。そして、この経験をとおして、わたしたちは全能者への確信にさらに近付くのである。

宇宙の神はわたしたちの霊の目を開き、霊の中の奥義は絶えずわたしたちに明らかにされている。純粋な心で追い求めなさい。進んで代価を払い、全身全霊で前進しなさい。進んで己を拒みなさい。もう貪欲になってはならない。聖霊に従い、神の言葉を楽しみなさい。そうすれば、全宇宙的な新しい人間が現れるだろう。サタンの運命が終わりを迎える瞬間は目前であり、神の旨は成就し、世界のすべての国々はキリストの国となり、キリストは地上で永遠に王として統べ治めるだろう。

前へ: 第三章

次へ: 第五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第二十八章

わたしがシオンから来た時、あらゆるものがわたしを待っていた。そして、わたしがシオンに戻る時、すべての人間に迎えられた。わたしが往来する時、けっして敵意あるものに歩みを妨げられることがない。したがって、わたしの働きは滞りなく進んだ。今日、わたしがすべての被造物の間に来ると、すべての…

贖いの時代における働きの内幕

わたしの全経営(救いの)計画、六千年にわたる経営計画は三段階、あるいは三時代から成る。それは始まりの律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして終わりの日の神の国の時代である。これら三時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階においてこの…

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である

あなたがたはみな、自分が生涯を通じてどのように神を信じてきたかを吟味し直す必要があります。神に付き従う中で、自分が神を真に理解し、真に認識し、真に知るようになったかどうか、そして神がさまざまな種類の人間に対しどんな姿勢で臨むのかを真に知っているかどうか、さらに神が自分にどのような…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索