第四章

わたしたちは常に見張り、待ち望み、霊において静まり、純粋な心で求めるのだ。わたしたちに何が降りかかろうと、盲目的に語ってはならない。わたしたちにただ必要なのは、神の前に静まり、絶えず神と交わることである。そうすれば、神の意図がわたしたちに明らかにされるだろう。わたしたちの霊はいつも見極める用意ができていなければならず、また鋭く、揺るぎないものでなければならない。わたしたちは神の前で生ける水、わたしたちの乾き切った霊に糧を与え、再び満たす水から汲んで飲まなければならない。わたしたちには、あらゆる時にも、わたしたちのサタン的性質から生まれたわたしたちの独善、傲慢、自己満足、うぬぼれから自分を清める心構えができていなければならない。わたしたちは心を開き神の言葉を受け入れ、わたしたちの生活を送る中で、神の言葉に拠り頼まなければならない。わたしたちは神の言葉を体験し、神の言葉について確信を持ち、神の言葉に関する理解を得、神の言葉がわたしたちのいのちとなるようにしなければならない。これがわたしたちの召命である。わたしたちは神の言葉によって生きるときのみ勝利するのだ。

今、わたしたちの観念は深刻過ぎる。わたしたちは軽薄にしゃべり過ぎ、早急に行動し、また聖霊に従うことができない。今日は過去のようではないのだ。聖霊の働きは凄まじい速度で前進する。わたしたちは神の言葉を細部に至るまで体験しなければならない。わたしたちは一つひとつの考えと思い、一つひとつの動きと反応を心の中で見極めなければならない。わたしたちが人前で為すことも、人の陰で為すことも、何一つキリストの玉座の前の裁きを逃れることはできない。聖霊はわたしたちをさらに深い経験の中へと導き入れようとしている。そして、この経験をとおして、わたしたちは全能者への確信にさらに近付くのである。

宇宙の神はわたしたちの霊の目を開き、霊の中の奥義は絶えずわたしたちに明らかにされている。純粋な心で追い求めなさい。進んで代価を払い、全身全霊で前進しなさい。進んで己を拒みなさい。もう貪欲になってはならない。聖霊に従い、神の言葉を楽しみなさい。そうすれば、全宇宙的な新しい人間が現れるだろう。サタンの運命が終わりを迎える瞬間は目前であり、神の旨は成就し、世界のすべての国々はキリストの国となり、キリストは地上で永遠に王として統べ治めるだろう。

前へ: 第三章

次へ: 第五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(6)

わたしたちが現代に至ったのは神の働きのおかげであり、それゆえわたしたちは神の経営(救いの)計画における生存者である。わたしたちが現在に留まっているのは神の大いなる称揚である。なぜなら、神の計画によると、赤い大きな竜の国は滅ぼされるべきだからだ。しかし、神はおそらく別の計画を立てた…

聖書について(1)

神への信仰において、どう聖書に接するべきか。これは原則の問題である。なぜわたしたちはこの問いについて話し合っているのか。それは、将来あなたが福音を広め、神の国の時代の働きを広げるからであり、単に今日の神の働きについて話せるだけでは不十分なのである。神の働きを広げるには、人々の古い…

第三十八章

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が存続できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の腐敗に基づいて考えると、神の霊の導きがなければ、人が今日生…

第十五章

人間はみな自己認識をもたない生き物であり、自分を知ることができずにいる。それにもかかわらず、掌を指すかのごとく他の全員のことを知っており、他人のすべての言動はまず彼らの目の前で「吟味」され、承認を得てからなされたかのようである。結果として、他の全員のことを心理状態まですべて知り尽…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索