第四章

わたしたちは常に見張り、待ち望み、霊において静まり、純粋な心で求めるのだ。わたしたちに何が降りかかろうと、盲目的に語ってはならない。わたしたちにただ必要なのは、神の前に静まり、絶えず神と交わることである。そうすれば、神の意図がわたしたちに明らかにされるだろう。わたしたちの霊はいつも見極める用意ができていなければならず、また鋭く、揺るぎないものでなければならない。わたしたちは神の前で生ける水、わたしたちの乾き切った霊に糧を与え、再び満たす水から汲んで飲まなければならない。わたしたちには、あらゆる時にも、わたしたちのサタン的性質から生まれたわたしたちの独善、傲慢、自己満足、うぬぼれから自分を清める心構えができていなければならない。わたしたちは心を開き神の言葉を受け入れ、わたしたちの生活を送る中で、神の言葉に拠り頼まなければならない。わたしたちは神の言葉を体験し、神の言葉について確信を持ち、神の言葉に関する理解を得、神の言葉がわたしたちのいのちとなるようにしなければならない。これがわたしたちの召命である。わたしたちは神の言葉によって生きるときのみ勝利するのだ。

今、わたしたちの観念は深刻過ぎる。わたしたちは軽薄にしゃべり過ぎ、早急に行動し、また聖霊に従うことができない。今日は過去のようではないのだ。聖霊の働きは凄まじい速度で前進する。わたしたちは神の言葉を細部に至るまで体験しなければならない。わたしたちは一つひとつの考えと思い、一つひとつの動きと反応を心の中で見極めなければならない。わたしたちが人前で為すことも、人の陰で為すことも、何一つキリストの玉座の前の裁きを逃れることはできない。聖霊はわたしたちをさらに深い経験の中へと導き入れようとしている。そして、この経験をとおして、わたしたちは全能者への確信にさらに近付くのである。

宇宙の神はわたしたちの霊の目を開き、霊の中の奥義は絶えずわたしたちに明らかにされている。純粋な心で追い求めなさい。進んで代価を払い、全身全霊で前進しなさい。進んで己を拒みなさい。もう貪欲になってはならない。聖霊に従い、神の言葉を楽しみなさい。そうすれば、全宇宙的な新しい人間が現れるだろう。サタンの運命が終わりを迎える瞬間は目前であり、神の旨は成就し、世界のすべての国々はキリストの国となり、キリストは地上で永遠に王として統べ治めるだろう。

前へ: 第三章

次へ: 第五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

真心で神に従う者は確かに神のものとされる

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過…

働きと入ること(4)

人が聖霊の働きに従って本当に真理へ入れるなら、その人のいのちは春の雨後のタケノコのごとく急速に成長する。大半の人が現在有する霊的背丈から判断すると、人は誰もいのちを重要視しておらず、それどころか一見取るに足らない事柄に重点を置いている。さもなければ、彼らはあちこちへ突進し、どの方…

新時代の戒め

神の働きを経験する中で、あなたがたは神の言葉をじっくり読み、真理を備えなければならない。しかし、あなたがたが何をしたいのか、どのようにそれをしたいのかについて言えば、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は不要であり、実のところそれらは無用である。しかし現在、あなたがたがまさに今直面してい…

第二十四章

わたしの刑罰はすべての人間に下るが、それはまた、すべての人間から遠いままである。すべての人の生活全体は、わたしへの愛と憎しみで満たされているが、誰一人、わたしを知らなかった。そこで、人間のわたしへの態度は熱くも、あるいは冷たくも吹き、普通の状態であることがない。しかし、わたしはい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索