真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第五章

山と河は移り変わり、水は進路に沿って流れ、人間の命は天と地のように永続することはない。唯一全能神だけが世代を超えて、とこしえに生き続ける復活の永遠のいのちである。すべての物、すべての出来事は神の手の中にあり、サタンは神の足の下にある。

今日神が私たちをサタンの魔の手から救ったのは、神が予め定めた選択による。神はまことに私たちの贖い主である。復活したキリストの永遠のいのちが私たちの内に形造られているので、私たちは神のいのちに繋がるよう運命づけられており、神と共にいて向き合っていることができ、神を食し、飲み、享受することができるのである。これは神の苦心と無私無欲の献身である。

風と霜をとおして冬は春へと移り変わる。幾つもの人生の苦痛、迫害と患難、この世の拒絶と中傷、また政府によるでっち上げの告発に直面しても、神の信仰と決意は衰えることがない。神の旨のために、そして神の経営と計画が成し遂げられるために、彼は全身全霊で自分の命を捧げる。自分のすべての民のために、彼はどんな努力も惜しまず、心を配って彼らに糧と水を与える。私たちがどんなに無知であろうと、私たちがどんなに難しかろうと、私たちに必要なのは彼に従うことだけである。そうすれば、キリストの復活のいのちが私たちの古い本性を変えるだろう……これらの長子たちのために、彼はたゆむことなく労し、食事も睡眠もとらない。幾日も、幾夜も、幾つもの焼け付くような暑さと凍える寒さの中でも、彼は一心にシオンで見守る。

彼はこの世も、家庭も、仕事も、自ら進んで捨て、この世のどんな享楽も彼に触れることはない……彼の口から発する言葉は私たちを突き通し、私たちの心の奥底に隠れていることを露わにする。どうして私たちが確信させられないことなどあろうか。彼の口から発する一句一句はいつでも私たちの中で実現する。私たちの公けの行動であれ、個人的行動であれ、彼が知らない行動、彼に見えない行動はひとつとしてなく、私たちの計画や采配に関わらず、すべてが彼の前に実際に露わになる。

彼の前に座ると、私たちの霊はくつろぎ、落ち着いて楽しみ、心の中ではいつも空しさを感じ、神に負い目を感じる。これは想像を絶する難しい奇跡である。聖霊は全能神が唯一の真実なる神であることを豊かに証しする。議論の余地はない。私たちの一団はほんとうに祝福されている。神の恵みと憐みがなければ、私たちは地獄に行き、サタンについて行かなければならない。唯一全能神だけが私たちを救うことができるのだ。

おお、実践の神、全能神よ!私たちの霊の目を開いたのはあなたである。その結果、私たちは霊的世界の奥義をこの目で見た。神の国の展望は果てしない。目を覚まして見張り、待っていなさい。その日はもう遠くはない。

戦火は巻き起こり、銃口からは煙が漂い、天候は温暖化し、気候は変動し、疫病が広がるだろう。そして人々は、僅かの生存の希望もなく、死ななければならない。

おお、実践の神、全能神よ!あなたは私たちの堅固な塔。私たちの隠れ場。あなたの翼の下で身を寄せ合えば、私たちには災いが及ばない。これがあなたによる神聖な守りと配慮だ。

私たちは皆声を張り上げ、賛美を歌う。シオン中に鳴り響く賛美の歌を!実践の神、全能神は私たちのために、あの栄光に満ちた終着点を用意した。目を覚まして見張っていなさい──見張っていなさい!その時はもう遠くない。

前へ:第四章

次へ:第六章

関連した内容

  • 道……(6)

    私達が現代に連れて来られたのは、神の働きのためである。ゆえに、私達は皆、神の経営(救いの)計画における生存者であり、現在に至るまで私達が存続出来ていることは、神の大いなる励ましである。神の計画によると、赤い大きな竜の国は滅ぼされるべきであるが、おそらく神は別の計画を立てたか、あるいは働きの別の部分を…

  • 働きと入ること(3)

    神は人間に多くを託し、人間がいのちに入ることについて数え切れないほどの方法で取り上げてきた。しかし、人間の器量が極めて乏しいため、神の言葉の多くが根付かなかった。人間の器量の乏しさの理由は様々である。たとえば、人間の考えや道徳の堕落や適切な養育の欠如、封建的迷信が人間の心を強く支配していること、堕落…

  • 神とその働きを知る者だけが神の心にかなう

    受肉した神の働きは二つの部分から成る。最初に神が肉となった時、人々はそのこと知りも信じもせず、イエスを十字架につけた。二度目も、人々は神を信じないで、まして、知りもせず、またしてもキリストを十字架につけた。人間は神の敵ではないだろうか。もし人間が神を知らないのなら、どうして神の親しい友となれようか。…

  • 第十二章

    東から稲妻が走るとき──これはまた、わたしが話し始める、まさにその瞬間である──稲妻が光るその瞬間、天空全体が照らされ、すべての星々が変化し始める。全人類に正しい清めと分類が行われているかのようだ。東からの光芒の下、人間はみな本来の形を現し、目がくらみ、混乱し、動きがとれずにいる。まして、自らの醜い…