真理の貴さを知った

何年か信仰して、霊的教義を多少理解し

自分は真理を理解し、その現実を得たと思った

本分を多少尽くし、いつもひけらかし

夢中で名声と地位を求め、いつも自分を人と比べた

苦労して自分を費やしながら働いたのは、すべて人によく思われるため

屈辱の中、懸命に働いたのは、面目〔体面〕と地位とのため。

それでも自分は神に忠実であると思った

表向きは謙虚で忍耐強いが、本性は傲慢で独善

神の裁きと刑罰を受けた今、ようやく目を覚まされた

何年も信仰していながら、いのちの性質は変わらず、まだサタンに属している


試練と精錬を通して、自分がどんなに反抗的かを自覚する

私は虫のように卑しく、いまだに地位と名声のためにすべてを賭ける

いつも人からの評価を楽しむために努力する

指導者になって、神の選民を支配したいといつも思う

私は本当に理知がない

神の言葉は人類の堕落と悪を裁き、神の義を明らかにする

神は人類の堕落の真相を一つも残さず露わにする

私はついに世の闇、悪、堕落の根源を知った

人類はサタンによってあまりに深く堕落しているため、人間らしさのかけらもない

私は神の裁きに清められ、救われ、とても幸いだ

神の愛がどれほど現実かを知った


神の言葉を経験することで、ついに御心を理解した

御言葉の裁き、試練、精錬はすべて人類を清めるため

神が表す真理はすべて、人類へのいのちの贈り物

御言葉による照しと裁きを得て、私は自分の堕落をさらに忌み嫌う

真理が本当にどれほど貴いかを知った

それは人を清め、完全にすることができる

真理を求めて得て、新たな自分になるためなら、すべてを投げ出したい

どれほど苦痛や精錬が大きくても、最後までキリストに従う

どんなに苦しんでも、命の限り、本分を尽くして神の栄光を讃える

神の愛だけが現実だ。私はいつも心から神に感謝し、賛美する

前へ: 真理を追い求めなければ必ず失敗する

次へ: 神の裁きを経験して更に神を愛する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索