238 真理の貴さを知った

1

何年か信仰して、霊的教義を多少理解し

自分は真理を理解し、その現実を得たと思った

本分を多少尽くし、いつもひけらかし

夢中で名声と地位を求め、いつも自分を人と比べた

苦労して自分を費やしながら働いたのは、すべて人によく思われるため

屈辱の中、懸命に働いたのは、面目〔体面〕と地位とのため。それでも自分は神に忠実であると思った

表向きは謙虚で忍耐強いが、本性は傲慢で独善

神の裁きと刑罰を受けた今、ようやく目を覚まされた

何年も信仰していながら、いのちの性質は変わらず、まだサタンに属している

2

試練と精錬を通して、自分がどんなに反抗的かを自覚する

私は虫のように卑しく、いまだに地位と名声のためにすべてを賭ける

いつも人からの評価を楽しむために努力する

指導者になって、神の選民を支配したいといつも思う

私は本当に理知がない

神の言葉は人類の堕落と悪を裁き、神の義を明らかにする

神は人類の堕落の真相を一つも残さず露わにする

私はついに世の闇、悪、堕落の根源を知った

人類はサタンによってあまりに深く堕落しているため、人間らしさのかけらもない

私は神の裁きに清められ、救われ、とても幸いだ

神の愛がどれほど現実かを知った

3

神の言葉を経験することで、ついに御心を理解した

御言葉の裁き、試練、精錬はすべて人類を清めるため

神が表す真理はすべて、人類へのいのちの贈り物

御言葉による照しと裁きを得て、私は自分の堕落をさらに忌み嫌う

真理が本当にどれほど貴いかを知った

それは人を清め、完全にすることができる

真理を求めて得て、新たな自分になるためなら、すべてを投げ出したい

どれほど苦痛や精錬が大きくても、最後までキリストに従う

どんなに苦しんでも、命の限り、本分を尽くして神の栄光を讃える

神の愛だけが現実だ。私はいつも心から神に感謝し、賛美する

前へ: 237 神の愛らしさをいつも思っている

次へ: 239 私を救ってくださったのは神

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索