人類には神の二度の受肉が必要だ

受肉がなければ 終わりの日の働きは

成果を出せず罪人を完全に救えない

もし神が肉となってこの世に来なかったら

神は霊のままで人は見られず触れないだろう

神の霊は肉である人と相容れない

両者は違う世界と性質を持ち

関係を築けない

人は霊になれない

だから神の本来の働きを為すには

神の霊が被造物となる必要がある

神はただ高みに上がるだけでなく

その働きのためなら 謙って人となれる

人は一番高い所へ登ることも

一番低い所へ落ちることもできない

人は霊になれないから

神が神の働きを為すために肉となる

初めの受肉で肉となった神だけが

その十字架を通して人類を贖えた

だが神の霊が人の罪を贖う捧げ物として

十字架にかかることは決してなかった

神は人の罪を贖う捧げ物として肉となり奉仕できたが

人は堕落し天に登ることができず

罪のための生贄を受け入れることができなかった

だから神は幾度も天地を往き来した

そしてイエスが人の間に来て

人ができない働きを為さねばならなかった

神は必要に迫られ肉となる

もし神の霊に直接彼の働きができたなら

彼は受肉によって受ける侮辱に

忍従することはなかっただろう

『言葉は肉において現れる』より

前へ: 堕落した人類には受肉の神の救いが必要である

次へ: 受肉した神は救いの働きによりふさわしい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索