人類には神の二度の受肉が必要だ

受肉がなければ 終わりの日の働きは

成果を出せず罪人を完全に救えない

もし神が肉となってこの世に来なかったら

神は霊のままで人は見られず触れないだろう

神の霊は肉である人と相容れない

両者は違う世界と性質を持ち

関係を築けない

人は霊になれない

だから神の本来の働きを為すには

神の霊が被造物となる必要がある

神はただ高みに上がるだけでなく

その働きのためなら 謙って人となれる

人は一番高い所へ登ることも

一番低い所へ落ちることもできない

人は霊になれないから

神が神の働きを為すために肉となる

初めの受肉で肉となった神だけが

その十字架を通して人類を贖えた

だが神の霊が人の罪を贖う捧げ物として

十字架にかかることは決してなかった

神は人の罪を贖う捧げ物として肉となり奉仕できたが

人は堕落し天に登ることができず

罪のための生贄を受け入れることができなかった

だから神は幾度も天地を往き来した

そしてイエスが人の間に来て

人ができない働きを為さねばならなかった

神は必要に迫られ肉となる

もし神の霊に直接彼の働きができたなら

彼は受肉によって受ける侮辱に

忍従することはなかっただろう


『言葉は肉において現れる』より

前へ: 受肉した神の働きの最良のこと

次へ: 肉なる神は生けるいのちの泉

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索