第一章

神が次のように語った通りである。「誰もわたしの言葉の根源を把握できず、言葉の背後にある目的も把握できない。」神の霊による導きがなければ、神の言葉の到来がなければ、すべては神の懲罰のもとに消滅するだろう。なぜ神はそんなに長い間人を試すのだろう。5か月もの間である。これはわたしたちの交わりにとって焦点といえる大切な事柄であり、神の英知の中心点でもある。わたしたちは次のように推測することができる。この試練がなく、神が堕落した人類を攻撃せず、殺さず、めった打ちにせず、教会の建設が今日まで続いているならば、何が成し遂げられるだろう、と。そこで神は発言の一行目で核心を語り、この数か月に渡る働きにどのような結果を望むかを説明するが、それは驚くほど正確である。それはこの期間に渡る神の行いの英知を示すためである。すなわち、試練を通して服従と誠実な献身を学ぶことを教え、痛みを伴う精錬を通して神をよりよく理解する方法を教えるためである。人々は失望を経験すればするほど、ますます自分自身を理解できるようになる。実を言うと、彼らが直面する精錬が痛みを伴うものであればあるほど、彼らは自分の堕落をよりよく理解でき、そうする中で自分たちが神の効力者になる価値がないこと、この種の奉仕を提供することは神によって高められていることを学びさえする。そこでいったんこれが達成されると、いったん人が自分自身を使い果たすと、神は陰からではなく、はっきり姿を見せて憐れみの言葉を発する。数か月後、神の新しい働き方が今日を起点にしていることが容易に見て取れるようになる。神はそれを誰が見てもはっきりするようにしたのである。と言うのも、神はかつてしばしばこう言ったからである。「神の民と呼ばれる権利を得ることは簡単ではない」。神はこの言葉を効力者と呼ばれる人たちにおいて実証したのだが、そのことは、神が疑いの余地なく信頼に足ることを十分示している。神が述べることのすべては程度の差はあるが実現し、神の言葉は少しも空虚ではない。

すべての人が取り乱し、悲嘆に暮れている時、神からのこれらの言葉は希望のないすべての人々の胸を突き、彼らを呼び起こす。これ以上の疑いを排除するために、神は次のように付け加えた。「彼らはわたしの民と呼ばれるが、この呼び名はわたしの『子供たち』と呼ばれることまったくと同じである。」この言葉で人は神自身の権威を守れるのは神だけであることがわかり、それを読んだ時、人々は、これは一つの働き方ではなく事実であることをさらに強く信じる。さらに一歩進めると、人々のビジョンが曇ることのないよう、神の新しいやり方においてはすべての人の身分がはっきりしている。このことから、人々は神の英知を知ることができる。こうして、人々は神が人間の心を見抜く力を持っていることをいっそうよく理解する。彼らが行うことのすべて、考えることのすべては、まるで人形のように神によって操られている。これは疑う余地のないことである。

始めに戻ると、神が最初に語ったのは、その働きの第一歩である「教会を清めること」が完了したことであった。「状況は以前とは異なり、わたしの働きは新たな開始点に入っている」。この発言から、神の働きは新しい開始点に入ったことがわかり、神はその後まもなく次の段階の働きの青写真をわたしたちに示した――教会建設が終了すると、神の国の時代の生活が始まる。「今はもはや教会建設の時代ではなく、むしろ神の国が首尾よく建設される時代だからである」。さらに神は、人々はまだ地上にいるので、彼らの集会は教会と呼ばれ続け、こうして、人々が想像する非現実的な「神の国」が実現するのを避けられると述べた。次に、ビジョンの問題について考えてみよう。

今は神の国の建設の時代で、教会建設が終了する時である。しかし、なぜすべての集会がいまだに教会と呼ばれるのだろう。過去、教会は神の国の先駆けで、教会がなければ神の国もあり得ないと言われてきた。神の国の時代は神が人の姿になってその神の職分を実行するのと同時に始まり、神の国の時代は人の姿になった神によってもたらされる。神がもたらすのは神の国の時代であって、神の国が公式に降りてくるのではない。これを想像するのはむずかしいことではない。語られている人々は神の国の時代の人々のことであって、神の国の人々のことではない。したがって、地上の集会は相変わらず教会と呼ばれるのは道理にかなっている。昔、神は普通の人間性を通して行動し、人々は神自身だとは思わなかった。だから、神の国の時代は人々の間ではまだ始まらなかった。すなわち、わたしが言ったように、わたしの霊は人間の姿になったわたしの中で正式な働きを始めていなかった。神自身が証しされた今、神の国は人々の間で実現される。このことは、わたしが神性の中で働き始めることを意味し、そのためわたしが神性において語る言葉と、わたしが神性において行なう業とを享受できる人々は、神の国の時代におけるわたしの民として知られるようになる。ここから「神の民」が生じたのである。この段階で、わたしは主としてわたしの神性を通して働き、語る。人はわたしの計画を邪魔することができないし、中断させることもできない。いったん神の言葉が一定の点に到達すると、その名前は証言され、人類に対する神の試練が始まる。これは神の働きにおける英知の頂点である。これは次の段階を始めるための、そして最後の段落を終わらせるための確かな基礎を構築し、基盤を築く。人にはそれを知る方法はなかった。これは裁きの時代の第一部分と第二部分の合流点である。人を精錬する数か月がなければ、わたしは神性を通じて働くことはできなかった。この数か月の精錬の期間はわたしの働きの次の段階への道を開く。これらの数か月の働きが終了することは、次の働きの局面にいっそう深く入る合図である。人が本当に神の言葉を理解するなら、神がこの数か月を使ってその働きの次の段階を開始し、働きをいっそう実り豊かなものにすることがわかるだろう。わたしの人間性の妨げが、わたしの働きの次なる段階に障壁となったので、この数か月にわたる、苦しみによる精錬を通していずれの側面も教化され、実質的な益が得られている。その結果、人は今初めて、自分に対するわたしの言及の仕方を大事にし始める。だから見方を変えて、神が人をもはや「効力者」とは呼ばず、むしろ「神の民」と呼ぶと言った時、人々は皆大喜びした。これが人の一番の弱点、すなわちアキレス腱だったのだ。神があのように語ったのはまさに、人が持つこの致命的な弱点を捕らえるためだったのである。

さらにすべての人類を納得させ、一部の人々の献身の思いの中に見られる不純物を指摘するために、神はさらに踏み込んで人々のさまざまな醜い特徴を指摘し、このようにして神の言葉を次のように実現した。「何人の人が本当にわたしを愛しているのだろう。自分の未来を考慮して行動しているのではない人がいるだろうか。試練の最中に決して不平を言わなかった人がいるだろうか。」これらの言葉から人々は自分の不従順、不忠実、孝行心のなさを知ることができ、したがって、神の慈悲と愛が、あらゆる段階において神を探し求めるすべての人々に対してあることを知る。このことは次の言葉から窺い知ることができる。「一部の人が今にも退却しようとしている時、わたしの話し方を変えてほしいと思うすべての人々が失望する時に、わたしは救いの言葉を発し、本当にわたしを愛するすべての人々をわたしの国に、わたしの玉座の前に連れ戻す。」ここで「本当にわたしを愛する人々」という語句と「何人の人が本当にわたしを愛しているのだろう」という修辞疑問文は矛盾しない。これは、真実の人が不純物を持っているという意味である。神は何も知らないということではなく、むしろ、神が「誠実さ」など、堕落した人類に対する皮肉の言葉を用い、神への借りがあることをすべての人により深く感じさせ、自分をさらに厳しく咎めさせ、自分の心の苦悩がすべてサタンに由来することを気づかせたのは、まさに神が人の心の奥底を見通せるからである。「献身」といった言葉を見ると誰もが驚き、密かにこう考える。「私は何度も天地を罵り、何度も去りたいと思ったが、神の行政命令を恐れたので、物事に対処してなんとか乗り切り、群衆と歩調を合わせ、神に取り扱われるのを待った。本当に希望がないとわかっても、ゆっくり手を引く時間はあるはずだと思いながら。今、神は私たちを献身的な神の民と呼ぶが、これは神が本当に人々の心の奥底を通して見ることができるという意味なのだろうか」。まさに最後になってようやく神はこの種の誤解を避けるために、さまざまな種類の人々の心の状態を指摘した。そのおかげで、最初心の中では疑いながら言葉の上では幸せにしていた人々は、心でも、言葉でも、目でも悔悟の念を抱いた。このようにして、神の言葉に対する人の印象は一層深くなり、その結果、人は以前よりも神を恐れ、敬虔になり、神をよりよく理解するようになった。最後に、人の不安を軽減するために、神は次のように語った。「しかし、過去は過去であり、今は現在なので、もはや過去を切望する必要はなく、将来を心配する必要もない。」このようにきっぱりして調子が良く、しかも簡潔な話し方は一層大きな結果を生み、そこで神の言葉を読むすべての人々は絶望の中でもう一度光を見て、次に神の英知と行いを見、それから「神の民」という呼び名を得て、その後心の中の疑念を除去し、やがて自分の心理状態が移り変わるパターンから自分自身を知るようになる。この言葉の中には、順番に悲しみと悲嘆、幸福と喜びの両方を見ることができる。神はこの章において人間の有様を実物そっくりに表現した。それは完璧なまでに明快だが、人には達成できないことである。本当に人の心の奥底にある秘密をさらけ出す。これは人ができるものだろうか。

さらに重要なのは下記の一節で、その中で神は人に直接行政命令を明らかにしている。そしてこれがもっとも重要な部分である。「現実に逆らい、わたしの指導に従って行動しない人々は良い終わりを迎えることはなく、自分の身に困難をもたらすだけである。世界で起こるすべてのことの中で、わたしが最終決定権を持たないものはない。」これは神の行政命令ではないだろうか。それはこの行政命令に反した行動をする人々については数えきれないほどの例があることを示す。さらに、すべての人に自分の運命について考えないよう警告する。神の采配から逃れることを望むと、結果は想像を超えた恐ろしいものになるだろう。したがってそれは、これらの言葉によって啓発と光を経験するすべての人々に神の行政命令をよりよく理解させ、神の威厳を傷つけてはならないことも理解させる。その結果、彼らはより経験を深め、落ち着くようになり、風雨に耐えた松のように厳寒の脅威にいどみ、自然の中で成長する樹木のような生命力を増し続ける。この記述はほとんどの人々をめまいがするほど当惑させ、まるで彼らは一種の迷路に迷い込んだかのようになる。それは、神の言葉の内容が比較的早く変化するからであり、そのため、自分の堕落した性質を理解しようとすると、10人の中の9人までが迷路に入り込んでしまう。より円滑に働き、人の疑念を取り除き、すべての人が今後も神の誠実さを信じるようにするため、神は引用文の最後で強調する。「わたしを本当に愛する一人一人がわたしの玉座の前に戻るだろう」。かくして、数か月にわたる神の働きを経験してきた人の心から、不安の一部が即座に取り除かれる。さらに、あたかも空中にぶら下がっているかのよう感じられた彼らの心は、重たい石が地面に落ちるように元いた場所へと戻る。彼らはもはや自分の運命を心配せずともよく、そのうえ、神は空虚な言葉をこれ以上語らないと信じる。人々は独善的なので、神に対して自分が最大限の献身を示していると思わない者は一人としていない。このため、神は「本当に」という語を意図的に強調する――それはより大きな結果を達成するためである。これは神の働きの次の段階に向けての道を整え、基礎を構築するためである。

前へ: 第四十七章

次へ: 第三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

唯一無二の神自身 7

神の権威、神の義なる性質、および神の聖さの概論 祈りを捧げ終わったとき、あなたがたは神の前で心の静寂を感じますか。(感じます。)心を静められるとき、人は神の言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解することができます。心を静められず、心が絶えずさまよっていたり、いつも他のことを考えてい…

働きを理解しなさい──混乱したまま付き従ってはならない

現在、混乱した状態で神を信じている人々が多くいる。あなたがたは好奇心が過剰で、祝福を求める願望が強すぎ、いのちを求める熱意は少なすぎる。昨今の人々は、熱狂的にイエスを信じている。イエスはそうした人々を天の家に連れ戻してくれるのだから、信じられない者がいるだろうか。中には一生を通じ…

神は自身の心にかなう者を完全にする

今、神は一種の人々の集団、つまり神と協力することに努め、神の働きに従うことができ、神が語る言葉は真実だと信じ、神の要求を実践できる人から成る集団を獲得することを望んでいる。このような人は、心の中に真の認識を有している者たちであり、完全にされることができ、必ずや完全への道を歩める者…

神の経営の中でのみ人は救われる

誰もが神による経営(救い)を未知のものだと感じる。なぜなら、神の経営は完全に人間と無関係だと人々は考えるからである。人々はこの経営は神だけの働き、神独自の用事だと考えるので、神の経営の働きに無関心である。こうして、人類の救いは漠然とした不明瞭なものとなり、今では空虚な言葉にすぎな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索