第四十四章と第四十五章

神が人間に「神への愛」について語った時以来――これはすべての教訓の中でもっとも重大なものであるが――神は「七つの霊の言葉」でこの話題について語ることに焦点を合わせ、すべての人々に対して人間生活の空虚さを知る努力をさせて、こうして、彼らの心の中にある真の愛を掘り起こそうとした。だが、現在の段階に存在する人々はどのくらい神を愛しているのだろう。あなたがたは知っているだろうか。「神を愛すること」の教えには限度がない。すべての人々の人生に関する認識はどうなっているのだろうか。彼らの神を愛する態度はどうなっているのだろう。彼らは進んで愛する気があるのだろうか、それともないのだろうか。彼らは大衆に従うのだろうか、それとも肉の姿をひどく嫌うのだろうか。これらはすべてあなたがたがはっきりさせ、理解しなければならないことである。人々の心の中には本当に何もないのだろうか。「わたしは人間が本当にわたしを愛することを望んでいるのだが、今日、人々はまだぐずぐずしていて、わたしを本当に愛することができない。彼らの想像では、わたしに本当の愛を示せば、自分たちには何もなくなってしまうだろうと信じている。」これらの言葉の中で、「本当の愛」とは実際には何を意味するのだろう。今の時代には、「すべての人々が神を愛している」というのに、今なお神が人々の本当の愛を求めるのは、なぜだろう。このように、神の意志は、いわば人に対して、解答用紙に本当の愛の意味を書くよう求めるようなものであり、そこで、これはまさに神が人間のために用意した宿題である。今日のこの段階はどうかと言うと、神は人間に多大な要求はしていないにもかかわらず、人々は神が人間に求めている本来の要求をまだ達成していない。言い換えれば、彼らはまだ全力をつぎ込んで神を愛していない。このように、人々が不熱心である間も、この働きが効果をあげ、この働きの中で神の栄光が称えられるまで、神は人々に要求を出し続ける。実際、地上での神の働きは神への愛によって終了する。従って、その働きを終了する時ようやく、神はすべての働きの中でもっとも重要なものを人間に示す。神の働きが終わる時に、神が人間に死を与えるなら、人間はどうなるだろう、神はどうなるだろう、そしてサタンはどうなるだろう。地上における人間の愛が引き出された時ようやく、「神は人間を征服した」と言うことができる。そうでなければ、人々は、神が人間を脅していると言い、神は辱められるだろう。神はその働きを囁きもせずに終わらせるほど愚かではない。このようなわけで、神の働きがまもなく終わろうとする時、神への愛に対する熱情が沸き起こり、神への愛は人々の熱心な話題になる。もちろん、この神への愛は人間によって汚されることはない、純粋な愛であり、夫に対する忠実な妻の愛、あるいはペテロの愛のようなものである。神はヨブやパウロのような愛は望まず、ヤーウェへのイエスの愛、すなわち父と子の間の愛を求める。「個人的な損得は考えず、父のことだけを思い、ほかの誰でもなく父だけを愛し、ほかのことは何も求めない」――人間はこのようなことができるだろうか。

わたしたちがイエスの成したこと、完全な人間性による者ではないイエスの成したことと己とを考え合わせてみたら、わたしたちはどう考えるだろう。あなたがたの完全な人間性はどの程度進んでいるのだろう。あなたがたはイエスの成したことの十分の一でも達成することができるだろうか。あなたがたは神のために十字架につく資格があるだろうか。神に対するあなたがたの愛はサタンを辱めることができるだろうか。そしてあなたがたは人間に対する愛をどのくらい排除しただろうか。神に対する愛が人に対する愛に取って代わっただろうか。あなたがたは神への愛のために本当にすべてに耐えるだろうか。かつてのペテロについて考えてみなさい、そして今日のあなたがたについて考えてみなさい――双方の間には実に大きな違いがあり、あなたがたは神の前に立つ資格はない。あなたがたの心の中では、神に対する愛の方が大きいのか、それとも悪魔に対する愛の方が大きいのか。これは秤の左右に交互に置いて、どちらが高くなるか見なければならない――あなたがたの心の中には神への愛が実際どのくらいあるだろう。あなたがたは神の前で死ぬ資格があるだろうか。イエスが十字架の上で耐えることができた理由は、イエスの地上における経験がサタンを辱めるのに十分であったからであり、その理由でのみ、父なる神は大胆にイエスにその段階の働きを完了することを許したのだ。それはイエスが経験した困難と神への愛によるものであった。しかしあなたがたにそのような資格はない。こういうわけで、あなたがたは経験を重ねて、神以外は何も抱かない心を実現しなければならない――あなたがたはこれを達成することができるだろうか。このことからあなたがどれほど神を嫌っているか、どれほど神を愛しているか、見て取ることができる。神が人間に対して要求しすぎているということではなく、人間が一生懸命努力していないということである。これが実態ではないのか。そうでなければ、あなたは神の中にどのくらい愛すべきものを発見し、あなた自身の中にどのくらい忌まわしいものを見つけるだろう。あなたはこれらのことを十分に検討しなければならない。天の下で神を愛する者はごくわずかしかいない、と言ってもいいだろう――しかし、あなたは開拓者になり、世界記録を塗り替えて、神を愛することができるだろうか。神は人間に対して何も要求しない。人間はこの点で神に敬意を払うことができないのだろうか。あなたはこのことさえ達成できないのだろうか。ほかに何か言うことなどあるだろうか。

前へ: 第四十二章

次へ: 第四十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を知らない人はすべて神に反対する人である

神の働きの目的、神の働きが人にもたらす効果、そして神の人への心意とは厳密に何であるのかを把握することは、神に従うすべての人が到達すべきことである。今日、すべての人に欠けているのは、神の働きを知ることに他ならない。天地創造から現在にいたるまで神が人に行なった業、神の働きの全体、そし…

第三十八章

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が存続できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の腐敗に基づいて考えると、神の霊の導きがなければ、人が今日生…

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

第十八章

稲光の中、すべての動物は真の姿を明らかにする。そして、わたしの光に照らされて、人間もまた、かつての聖さを取り戻した。ああ、過去の堕落した世界よ。それはついに汚い水の中へと崩れ去り、水面の下に沈み、溶けて泥となった。ああ、わたしの創った全人類が、ついに再び光の中でよみがえり、存在の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索