全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

四十二番目の言葉の解釈

人々が今日の発言に何らかの変化を認めたか、わたしにはわからない。少しの変化を認めた人々が何人かいるかもしれないが、確かなことを言おうとはしない。他の人々はおそらく何も気がつかなかったのだろう。今月の12日と15日の間にこのような大きな違いがあるのはなぜだろうか。このことを熟考したであろうか。あなたがたはどう考えるであろうか。あなたがたは神の言葉のすべてから何かを把握したか。4月2日から5月15日までに行われた主な働きは何であったか。今日、こん棒で頭を叩かれたように人々が混乱し、まごついているのはなぜか。今日、「神の国の人々のスキャンダル」というタイトルのコラムがないのはなぜか。4月2日と4日に、神は人の状態を指摘しなかった。同様に、神は人々の今日から数日後の状態も指摘しなかった。なぜだろうか。確かにこれについて謎がある。なぜ180度の転換があったのか。最初に神がこのように話した理由について少し話そう。神の最初の言葉を見てみよう。神は「新しい働きが始まるとすぐに」と言い、時間を無駄にしなかった。神の働きが新しい始まりに入り、神はもう一度新しい働きを始めたという最初の暗示をこの文は与える。これは刑罰が終わりに近づいていることを示す。刑罰はすでにピークに入っていると言うことができ、そのため人々は時間を最大限に活用してこの刑罰の時代の働きを完了し、立ち遅れたりバランスを失ったりすることを避けなければならない。これはすべて人の働きであり、協力するために人が最大に努力することを要求し、刑罰が完全に去ったとき、神はその働きの次の部分を始める。「…わたしは人の中でわたしの働きを続け...このようなとき、わたしの心は大きな喜びで満たされる。わたしは一部の人を得て、わたしの『仕事』はもはや停滞せず、もはや空虚な言葉ではない」と神は言うからである。過去において、人々は神の言葉に神の切迫した心を見て取った。これに偽りはない。そして今日、神はさらに急いで働きを行う。人にとっては、これは神の求めと完全に一致してはいないようであるが、神にとっては神の働きはすでに完了している。人々の思考は入り組みすぎており、物事の見方はしばしば複雑すぎるからである。人々はあまりにも他人に対して要求が厳しいが、神は人に多くを求めない。これは神と人との間にどれほど大きな違いがあるかを示している。人々の観念は神の行いすべてにおいて露わにされている。神が人々に多くを求め、人々がその要求を達成できないのではなく、人々が神に多くを求め、神がその要求を達成できないのである。数千年にわたってサタンにより堕落した人類には手当てを受けた後も後遺症があるため、人々はいつも神にそのような「高い」要求を行い、少しも寛大でなく、神が喜んでいないことを深く心配している。したがって、多くの事柄において、人々は課された仕事ができないとき、自己刑罰に耐え、自分の行いの結果を負っている。それはまさに苦しみである。人々が耐える苦難のうち、99%以上の苦難は神に軽蔑されている。ありのままに言うと、誰も本当に神のために苦しんだことがない。人々は自分の行いの結果を負っており、この刑罰の段階はもちろん例外ではない。それは人が醸造した苦いぶどう酒であり、人はそれを高く掲げ飲む。神はその刑罰の本来の目的を明らかにしていないため、呪われた人々が一部にはいるものの、それは刑罰を表していない。祝福されている人々も一部にはいるものの、未来において祝福されるというわけではない。人々にとっては、神とは神の言葉を守らない神のようである。心配してはいけない。これらは行き過ぎているかもしれないが、否定的になってはいけない。わたしが話すことは人間の苦しみと関連しているが、あなたは神との良好な関係を築かなければならない。あなたは神にもっと多くの神を確かに幸せにできる「贈り物」を与えなければならない。神に「贈り物」を与える人を神は愛していると、わたしは信じる。どうだろうか、これらの言葉は正しいだろうか。

現在までにあなたがたはどのくらい将来への展望を脇にやったのだろうか。神の働きはすぐに終わるだろう。だから、あなたがたはあらゆる展望を多かれ少なかれ脇にやったに違いない。そうではないか。あなたがたは自分自身を考察してもよいかもしれない。あなたがたは常に高く立ち、自慢をし、自らを誇示するのが好きである。これは何だろうか。今日、依然としてわたしは人々の将来への展望が何であるのかを知らない。人々が本当に苦難の海に巻き込まれ、苦難の精練の中で生き、あるいは様々な拷問用道具に脅かされながら生き、あるいはすべての人々に拒絶され空を見上げて深く嘆き悲しむ時に生き、そのような時に思考の中で将来への展望を脇にやるかもしれない。これは人々が絶望の中で地上の楽園を探していて、快適な環境の中にいる人は誰も美しい夢を追い求めることを断念したことがないからである。これは非現実的かもしれないが、わたしはこれが人々の心にあるものではないと願う。あなたがたはいまだに生きたまま携挙されることを望むのか。あなたがたは自らの生身の姿を変えることを依然望むのか。あなたがたの意見が同じかは知らないが、わたしはいつもこれが非現実的だと感じていた。そのような考えはあまりにもとっぴに見える。人々はこのようなことを言う。将来への展望は脇において、より現実的になれ。人々が祝福されることを考えないようになることをあなたは求めるが、あなた自身についてはどうなのか。あなたは祝福されるという人々の考えを否定しつつ自分は祝福を求めるのか。あなたは他人が祝福を受けることを許さず、しかし自分では祝福を受けることを密かに考えている。それであなたはどうなるのか。詐欺師である。あなたがこのように行動するとき、あなたの良心は非難されないのか。心の中であなたは恩義を感じないのか。あなたは詐欺師ではないのか。あなたは他人の心の言葉を詮索するが、あなた自身の心にある言葉については何も言わない。あなたは何と価値のないゴミであることか。あなたがたが話しているときに心の中では何を考えているのだろうか。あなたがたは聖霊により責められないのか。これはあなたがたの尊厳を乱さないのか。あなたがたは自分にとって何が良いのか全然分かっていない。結局あなたがたはみな南郭処士である。ペテン師である。「進んで『自らを捧げ』ようとし」の「自らを捧げ」に神が引用符をつけたのは不思議ではない。神は自らの手の甲のように人を知っている。人の欺瞞がどのように巧みであろうとも、人が手の内を明かさず、顔は赤くならず、心臓は高鳴らなくとも、神の目は明るく、人は常に神の視線を逃れるのに苦労してきた。あたかも神が透視能力を持っていて人のはらわたを見ることができるようなものである。あたかも検査をしないでも人々の血液型が何であるか見通すようなものである。このようなものが神の知恵であり、人が模倣することはできない。神が言うように「わたしがとても多くの働きを行っても、その証が人々にないのはどうしてなのか。わたしは十分な努力をしなかったのだろうか。」人による神との協調はあまりに不足しており、人には否定的なものがあまりにも多く、積極性があることはほとんどなく、あるとしても時折で、しかしあまりに汚れていると言える。これは正に人々が神をどれほど愛しているかを示している。あたかも人々の心の中に神への愛が1億分の1しかないようである。そのうちの50%がすでに腐敗しており、このため、人から証を得られないと神が言うのである。神の言葉の語気がとてもつれなく無情なのは正に人の不従順のためである。神は人と共に去った時代について語らないが、人々は常に追憶したがり、神の前に自らを見せようとする。そして、人々は常に去った時代について語ろうとし、しかし神は決して人の昨日を今日として扱うことはなかった。その代わりに神は今日を使う今日の人々に近づく。これが神の態度であり、そしてこれにおいて、神はこれらの言葉を明白に述べた。それは神はあまりにも無分別であると人々が将来言わないようにするためである。というのは、神は不当なことをせず、人々が自らの立場を貫けなくならないように、人々に事実の素顔を伝えるからである。結局、人は弱いからである。このような言葉を聞いて、これはどうだろうか。傾聴し、服従し、そしてそれ以上考えないようにする覚悟はあるのだろうか。

今述べた話は本筋からはそれており、話題になっているか否かは重要ではない。あなたがたが異議を唱えないことを願う。神はこの言葉による働きを行い、ありとあらゆることについて語ることを好むからである。それでもあなたがたがこれらの言葉を読み、無視しないことを願う。よろしいか。そうしてもらえるだろうか。今日の言葉の中で神は新しい情報を明らかにしたと言われた。神が働く方法が変わりつつある。そのため、この最新の話題に集中する方が良いであろう。今日の発言のすべては将来の事柄を予言していると言える。それらは神の働きの次の段階を神が整えているということである。神は教会の人々の中での働きをほぼ完了し、その後怒りを用いてすべての人々の前に現われるであろう。神が言うように「わたしは地上の人々にわたしの行いを認めさせ、『裁きの座』の前でわたしの行いは証明され、それはわたしに従う地上の人々の間で認められる」。あなたがたはこれらの言葉に何かを見出しただろうか。ここにあるのは神の次の働きの要約である。第一に、神は政治力をふるうすべての番犬を心から確信させ、歴史の舞台から身を退かせ、二度と地位、企みや陰謀のために戦わないようにさせる。神が地上でさまざまな災害を起こすことで、この働きが実行されるはずである。しかし神は現れないだろう。現在のところ、赤い大きな竜の国は依然として汚辱の地だからである。神は現れず、しかし刑罰をとおして出てくるのみであろう。それは神の義なる性質であり、誰もそれを逃れることはできない。この間、赤い大きな竜の国に生きるすべての人々は惨禍を経験するだろう。当然そこには地上の神の国(教会)も含まれる。これは事実が現れるまさにその時であり、よってすべての人々が経験し、誰も逃げることはできない。これは神によって運命づけられている。「今こそ自分の才能を最大限に生かす時である」と神が言うのは、まさにこの段階の働きのためである。未来では地上に教会はなく、災いの到来のため人々はいかなることも考えられず、災いのただ中で神を享受することは難しく、そのため機会を逃さないように、この素晴らしい時に心を尽くして神を愛するよう人々は求められる。この事実が過ぎ去るころには神は赤い大きな竜を完全に打ち負かしており、神の人々による証の働きは終了している。その後、神は働きの次の段階を開始し、赤い大きな竜の国を荒廃させ、最終的には世界の隅々で人々を逆さまにして十字架に釘付けし、その後神は全人類を絶滅させるだろう。これは神の働きの将来の段階である。それだから、この平和な環境において神を愛するように努めなければならない。ゆくゆくは、あなたがた神を愛する機会がなくなるだろう。人々には肉において神を愛する機会を得るのみだからである。人々が別の世界に住むときには、愛の神を語る者はいないだろう。これは被造物である人の責任ではないのか。そうであるならば、人生の日々において、あなたがたはどのように神を愛するのか。このことを考えたことがあるだろうか。死後まで神を愛さないつもりなのか。これは空虚な話ではないか。今日、あなたが努めて神を愛そうとしないのはなぜなのか。多忙な日々にあって神を愛することが神への真の愛たり得るか。神の働きのこの段階がすぐに終わると言われる理由は、神はサタンの前ですでに証を立てたからである。それだから、人には何もする必要がない。人は生きている年月の間に努めて神を愛するよう求められるだけである。これが大切なのである。神の求めは大きくなく、そしてさらに、神の心には燃え盛る切望があるため、この働きの段階が終わる前に、働きの次の段階の要約を神は明らかにした。このことはどのくらい時間があるかを端的に示している。神が心に案じていないのならこんなに早くこうした言葉を話すだろうか。このように神が働くのは時間があまりないからである。あなたがたが自らのいのちを守っているように、心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして神を愛することが望まれている。これは究極の意味の人生ではないだろうか。他のどこに人生の意味を見つけ得るのか。それほどあまりに盲目的ではないだろうか。あなたは神を愛するつもりか。神は人の愛にふさわしいだろうか。人々は人の崇拝に値するだろうか。だからあなたは何をすべきなのか。無条件で勇敢に神を愛し、神があなたに何を行うかを見よ。神があなたを殺すか見よ。要するに、神を愛するという務めは、神のために何かを書き写したり書きとめることよりも重要なのである。あなたの人生がより意味を持ち、幸せに満ちるように、最も重要なものを最優先すべきである。そうして、あなたへの神の「判決」を待つべきである。あなたの計画には神を愛することが含まれているのだろうか。一人ひとりの計画が神によって成就されるものになり、現実になることを願う。

前へ:四十一番目の言葉の解釈

次へ:四十四番目と四十五番目の言葉の解釈

他のお気に入り