第九章

人々の想像では、神は神であり人は人である。神は人の言葉を話さず、人は神の言葉を話せず、神にとっては人の神への要求はとてもたやすいことであるが、人への神の要求は人にとっては達成できず、想像もできない。しかし、事実は正反対である。神は人に「0.1パーセント」のみを要求する。これは誰にとっても驚きであるばかりではなく、人々を途方に暮れたかのように非常に困惑させる。ただ神の啓きと神の恩寵のおかげで、人々は神の心を少し知るだけである。しかし3月1日、人々はみな再度困惑し頭を掻きむしった。神の民は漂う雲ではなく輝く雪であるよう神は求めた。それならば、この「雪」は何を指しているのか。そして「漂う雲」は何を示しているのか。この時点において、神は故意にこれらの言葉の内的意味を何も述べていない。これは人々を混乱させ、よって追求するにつれて人々の信仰は高まる—それは、神の民に具体的な要求であり何か他のものではないので、気が付くと誰もが自発的にこのような理解し難い言葉について考えを巡らす時間を増やしていた。その結果、さまざまな考えが頭に生じ、人々の目の前で漂う雪片はひらめき、空を漂う雲がたちどころに人々の頭脳に現れる。神の民が漂う雲ではなく雪であるようになぜ神は求めるのか。この真の意味は何か。これらの言葉は具体的に何を指しているのか。「雪」は自然をきれいに見せるだけでなく、農地にもよい。細菌を殺すのによいのだ。大雪の後、すべての細菌は輝く雪で覆われ、全空間はすぐにいのちで溢れる。同様に、神の民は受肉した神を知るだけでなく、神の受肉の事実に服従し、そうして正常な人間性を生きなければならない。このように雪は景観を美しく見せる。最終的に、神の民の成熟は赤い大きな竜に終止符を打ち、地上に神の国を確立し、神の聖なる名を広め、讃美し、地上の国全体が神の義に満ち、神の輝きを放ち、そして神の栄光に輝き、平和と満足、幸福と成就、そして常に新たにされる美がいたるところにある。現存する様々な疫病—不義、不正、欺瞞、邪悪な欲望などの堕落したサタン的性質—はすべて根絶され、それゆえ天と地は共に新しくなる。これが「大雪の後」の真の意味である。漂う雲である人々は神によって語られた群れに従う人々のようなものである。サタンの誘惑、または神の試練があると、そのような人々はすぐに漂流し、もはや存在しなくなる。その本質さえも、ずっと前に消散しているので、生き残らないだろう。人々が漂う雲であるなら、神の姿を生きることができないばかりでなく神の名に恥をもたらす。そのような人々はいつでもどこでもさらわれる危険性があり、サタンが消費する食物であり、サタンの囚われとなると神を裏切り、サタンに仕えるからである。これは明らかに神の名に恥をもたらし、神が最も憤るものであり、神の敵である。したがって、彼らには普通の人々の本質がなく、実際の価値がない。神がその民にそのような要求するのはこのためである。しかし、これらの言葉の何かを理解して後、人々は次に何をすべきか途方に暮れる。神の言葉の題目は神自身に変わったからで、それは人々を難しい立場に置く。「わたしは聖い国から来たのであり、名前だけで実体のない蓮とは違うのだ。それは聖い国ではなく、沼地で生まれたのだから。」神の民への要求を語った後、神はなぜ神自身の誕生を説明するのか。それらの間につながりがあるのだろうか。確かに、それらには固有のつながりがある—そうでなければ、神はそのように人々に語らないだろう。緑の葉の中で、穏やかな風に蓮は揺れ動く。それは目を喜ばせ、とても美しく思われる。人々は際限なく手に入れたくなり、水中を泳いで茎を摘み取り、もっと近くで見たくて仕方がない。しかし、蓮は泥沼に育ち、名前だけを持ち、実体がないと神は言う。神は蓮を全く重要視していないようで、神が蓮に強い嫌悪を抱いていることが神の言葉からはっきりと見て取れる。時代を通じて、蓮は泥沼から汚れに染まらないまま姿を見せるため、蓮は比類なく、言葉では言い表せないほどすばらしいとまで、多くの人が蓮に賞讃を注いできた。しかし、神の目から見て、蓮は価値がない――それがまさに神と人の違いである。したがって、神の人との違いは、天の頂と地の底との距離ほど大きいことがわかる。蓮は泥沼に育つので、必要な栄養はすべて泥沼からくる。それはまさに蓮が変装でき、それゆえ目の保養になり得るということである。多くの人々は蓮の美しい外観だけを見ており、蓮の中のいのちは汚く、不純であることは誰も見ない。それゆえ、蓮には名前があるのみで実体がないと神は言う――それはまったく正しく真である。これは正しく神の民の現在の状態ではないのか。神の民は外面的に神に従い、信じるのみである。神の前で神の民は神の顔色をうかがい、これ見よがしに歩き回り、神を満足させようとする。しかし内では、神の民は堕落したサタンの性質で一杯であり、その腹は不純物で満たされている。それゆえ神は人に問いを投げかけ、神への忠誠が不純物で汚染されているのか、純粋で心のこもったものであるのかを問うのである。効力者であったとき、神の民の多くが口々に神を賞讃したが、心の中では神を呪った。口では神に従順だったが、心の中では神に背いた。口からは否定的な言葉が発せられ、心の中で神への敵対を隠した。行動を調整していた人々すらいた。口から猥雑な言葉を放ち、手ぶりで表現し、完全に自堕落で、赤い大きな竜の真の顔の鮮やかで生き写しの表現を見せていた。そのような人々は本当に赤い大きな竜の子孫と呼ばれるに相応しい。しかし今日、彼らは忠実な効力者の立場にあり、神の忠実な民のように行動する—何と恥知らずなことか。当然である。そのような人々は泥沼に育ったため、自らの本当の姿を見せずにはいられない。神は聖で純粋で、実在的で実際的であるため、神の肉は霊に由来する。これは明確で疑いの余地はない。神自らに証を立て得るのみならず、神の心を完全に行うこともできる。これは神の本質の一面である。姿のある霊に肉が由来することは、霊が身にまとう肉は人の肉と本質的に異なることを意味し、この違いは主に霊にある。姿のある霊が示すのは、正常な人間性により覆われた結果として、神性が内面的にどのように正常に働けるのかということであり、これは少しも超自然的なものではなく、また人間性により制限されることもない。「霊の姿」は完全な神性を指し、人間性により制限されない。そのようなものとして神固有の性質と真の姿は受肉した肉において完全に生きることができ、それは正常で安定しているだけでなく、威厳と怒りを備えている。最初の受肉は人々の観念としての神のみを表すことができた。すなわち、神はしるしと不思議を行い、預言を述べることしかできなかった。それゆえ神の現実を神は十分に生きることができず、姿のある霊の体現ではなかった。神はただ神性の直接の現れであった。そして、神は正常な人間性を超越したため、完全な実践の神自身と呼ばれず、神には天にいるあいまいな神の部分が少しあった。神は人々の観念の神であった。これが受肉した肉体二体の本質的な違いである。

宇宙の最も高い点から神は人の一挙手一投足、人々が言うこと行うことをすべて観察する。人々の心の奥のひとつひとつの考えすら、絶対的な明確さで神は観察し、見逃すことはない—それだから、神の言葉は真っ向から人々の心を切りつけ、あらゆる考えを突き、神の言葉は鋭く、誤りがない。「人間はわたしの霊を『知っている』が、人間はまた、わたしの霊に対して罪を犯す。わたしの言葉は、すべての人々の醜い顔をさらけ出し、すべての人々の内奥の考えをさらけ出し、そしてわたしの凝視のただ中で、地上にあるすべてを倒す。」このことから、人に対する神の要求が高くはないとはいえ、人々はやはり神の霊の凝視に耐えられないということが分かる。「しかし、人間は倒れても、その心はわたしから遠く離れようとしない。被造物の中で、わたしの行いのゆえにわたしを愛するようにならないものがあるだろうか。」これは神の完全な知恵と全能性をさらによく示しており、それゆえ神の民が効力者の立場にあるときに考えたことすべてを明らかにする。失敗に終わった「取り引き」に続き、人々が思い浮かべる「数十万」や「数百万」が無になったものの、神の行政命令ゆえに、そして神の威厳と怒りゆえに、たとえ人々が悲しみに首を垂れたとしても、人々はやはり消極性の中で神に奉仕し、人々の過去の実践はすべて空談になり、完全に忘れ去られた。その代わりに、暇をつぶし、時間を無駄に過ごそうとして、自分たちと他の全ての人々を楽しませて幸せにする事柄を気の向くままに行った…。これは人の間で実際に起こっていたことだった。それゆえ神は人に心を開き、「誰がわたしの言葉の結果、わたしを求めないだろう。誰の内に、わたしの愛のゆえに、仕えの思いを生じないだろう」と言う。実を言うと、人々はみな神の言葉を受け入れる用意があり、神の言葉を読みたくない人はいない—ただ、本性により妨げられているため、人々は神の言葉を実践することができないということである。神の言葉を読んだ後、多くの人々は神の言葉から離れていることに耐えられず、神への愛は人々の中で湧き上がる。こうして神は再びサタンを呪い、そして再びその醜い顔を晒す。「サタンが暴れ回り、凶暴な専制君主のようである今日」は、神がその本格的な偉大な働きを地上で始める時代である。次に、神は世界を滅ぼす働きを始める。つまり、サタンが猛威をふるえばふるうほど、神の日が近づくのであり、そして神が悪魔の残酷さを語れば語るほど、神が世界を滅ぼす日が近づいていることが示される。これはサタンへの神の宣言である。

なぜ神は「……わたしの後ろで「賞賛に値する」汚い取り引きをする。わたしが身にまとう肉は、あなたの行いや生活、言葉を何も知らないと思っているのだろうか」と繰り返し言ったのか。神はそのような言葉を一度や二度言ったのではない—それはなぜか。ひとたび人々が神によって慰められ、神の人への悲しみに気づくと、人々が努力しながら前に進みつつ過去を忘れるのは容易である。しかし、神は人に全く寛容ではない。神は人々の考えを追い続ける。それゆえ神は人々に何度も自らを知り、放蕩をやめ、それらの「賞賛に値する」汚い取り引きにもはや関わらないよう、肉にある神をもう二度と欺かないよう求める。人々の本性は変わらないものの、人々を数回気づかせることには恩恵がある。この後、人の内で奥義を明らかにするべく、神は人の視点から語る。「わたしは長年、雨風に耐えてきた。また、人間世界のつらさを経験した。しかし、よく考えてみると、どれほどの苦しみも、肉の体を持つ人間にわたしへの希望を失わせはしない。それどころか、どんな甘さも、肉の体を持つ人間に、わたしに対して冷たい態度を取らせ、落胆させ、わたしを軽んじさせることがなかった。人間のわたしへの愛は、苦痛や甘さのない間だけに制限されているのだろうか」、「この世のすべては空である」、これらの言葉には確かに内的な意味がある。それゆえ、人に神への希望を失わせるものや、神に対して冷淡にさせるものは何もないと神は語っている。神を愛さないなら、その人は死ぬほうがよい。神を愛さないなら、その人の苦しみは無駄であり、その人が享受する祝福は空しく、罪をさらに増す。一人として真に神を愛していないため、「人間のわたしへの愛は、苦痛や甘さのない間だけに制限されているのだろうか」と神は言う。人の世界で、苦痛や甘さなしにどのように人は存在できるのか。繰り返し神は「一人として真にわたしの顔を見た者、わたしの声を聞いた者はいない。人は真にわたしを知らないからである」と言う。神は人は真に神を知らないと言いつつ、なぜ神を知るよう求めるのか。これは矛盾ではないか。すべての神の言葉にはある目的がある。人がますます麻痺したため、神は100%人を通じて自身の働きを行い、最終的に各人の心の0.1パーセントを自分のものにするという原則を採用する。これは神が働く方法であり、神は自らの目的を達成するためにこのように行動しなければならない。これもまさに神の言葉の知恵である。あなたがたはこれを理解したか。

「わたしが肉の体でわたしの奥義を直接明示し、わたしの心を明らかにしたとき、あなたがたは、まったく気づかない。あなたがたは、その音を聞いても、意味は理解しない。わたしは悲しみにうちひしがれる。わたしは肉の体をもっているが、肉の職分の働きはできない」と神は言う。ある点では、人々が麻痺しているため、これらの言葉は人々に神と協力する主導権を取らせる。別の点では、神は受肉した肉体において神性の真の顔を明らかにする。人々の霊的背丈が小さすぎるため、神が受肉している間の神性の啓示は人の受け入れ能力によるしかない。働きのこの段階では、ほとんどの人は完全に受け入れることができず、これは人々の受け入れ能力がどれくらい貧弱かを十分に示す。したがって、働きにおいて神性はその本来の機能を完全には果たさない。これはごく一部にすぎない。これは、将来の働きにおいて、人の回復の状態に応じて神性が徐々に明らかにされることを示す。しかし、神性は徐々に成長するものではなく、受肉した神が本質的に持つものであり、人の霊的背丈とは異なる。

神による人の創造には目的と意味があった。それゆえ神は「もし人間がわたしの怒りで殺されたなら、わたしは何のために天と地を創ったのか」と言った。人が堕落した後、神は自らの喜びのために人間の一部を得ようと計画した。それは、すべての人々が破壊される、あるいは神の行政命令のわずかな違反ですべての人々が根絶されるということではない。これは神の心ではない。神が言ったように、それは無意味であろう。神の知恵が明白にされるのは、この「無意味さ」のためである。最終的に真に神を愛する人たちを選びつつ、すべての人々を罰し、裁き、打ち倒すために多くの手段で神が語り、働くことに、より大きな意味はないであろうか。そして、神の行いが明らかになり、人の創造がより意味深くなるのは、まさにこの方法である。したがって、神の言葉のほとんどは漂い過っていく。これはひとつの目的を達成するためであり、これだけが神の言葉のいくつかの現実である。

前へ: 第八章

次へ: 補遺:第一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

唯一無二の神自身 6

神の聖さ(3) 前回の交わりの主題は神の聖さでした。神の聖さは神自身のどの側面に関連しますか。神の本質に関連しますか。(はい。)それでは私たちが話し合った神の本質のおもな側面とは何ですか。神の聖さですか。神の聖さは、神だけの独特な本質です。私たちが前回話し合ったおもな内容は何でし…

働きと入ること(8)

終わりの日における神の働きが行われるのは、これまでわたしが何度も述べてきたように、大いなる傷を受けた人間の心が一新されるように各人の霊を変化させ、魂を変化させるためであり、それより邪悪に深く傷ついた人間の霊を救うためである。それは人間の魂を目覚めさせ、凍えた心を温め、それらが活力…

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと全地球を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、こ…

働きと入ること(5)

現在、あなたがたはみな、誰もがそれぞれ自由な世界で生きていけるように、神が人間を人生の正しい道へと導いていること、もう一つの時代への次なる一歩を踏み出すよう人間を導いていること、この暗く古い時代を超えるように人間を肉の外へ導き、闇の勢力の抑圧とサタンの影響から遠ざけていることを知…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索