私の愛する方よ どうか待っていて下さい

私の愛する方よ どうか待っていて下さい

木々の上に静かに月が昇る

私の愛する方のように

純粋で美しい月が昇る

ああ あなたはどこにいるのでしょうか?

私は涙を流しています

私の泣く声が聞こえますか?

あなたこそが愛を下さり

私を心配して下さる

あなたこそが私を想い

いのちを育んで下さる

月は夜空の向こうへ戻って行く

私の愛する方をどうか長く待たせないで下さい

あの方に伝えておくれ

あなたのことが恋しくてならないのだと

どうか忘れずに伝えておくれ

雁のつがいが遠くへと飛んでゆく

彼らは私の愛する方の便りを運んで来るのでしょうか

ああ おまえたちの翼を私におくれ

私が懐かしい故郷へと飛んで行くことができるように

私は愛する方の憂いに報いる

私はあの方に告げたい

どうか悲しまないで下さいと

私はあなたが喜ぶ返事を送る

あなたの払った代価を私は決して無駄にはしません

早く成長することをどんなに願っていることか

さすらいと苦しみの人生から解き放たれるために

私の愛する方よ

どうか待っていて下さい

私はこの世の栄華から飛び去って行きます

私は愛する方の憂いに報いる

私はあの方に告げたい

どうか悲しまないで下さいと

私はあなたが喜ぶ返事を送る

あなたの払った代価を私は決して無駄にはしません

前へ: 神に救われる我らの喜び

次へ: すべての国々があなたの光のもとへ来る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索