真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

私の愛する方よ、どうか待っていて下さい

1

木々の上に静かに月が昇る。私の愛するお方のように、純粋で美しく。ああ 私の愛する方よ、あなたはどこにいるのですか?今私は涙を流しています。私の泣く声が聞こえますか?あなたこそが、私に愛を下さる方。あなたこそが、私のことを心配して下さる方。あなたこそが、私のことをいつも想って下さる方。あなたこそが、私のいのちを育まれる方。月は夜空の向こうへ戻って行く。私の愛する方をあまり長く待たせないでおくれ。あの方に伝えておくれ。私はあの方が恋しくてならないと。私の恋心を忘れずに伝えておくれ。

雁のつがいが遠くへ飛んでいく。あれは私の愛する方の便りを運んで来るでしょうか?ああ おまえたちの翼を私におくれ。私が懐かしい故郷へ飛び帰ることができるように。私は愛する方の心配に報いる。私はあの方に告げたい。「悲しまないで下さい。」と。私は、あなたの喜ばれる返事を送ります。だから、あなたの払われた代価を、無駄にはしません。早く成長することを私はどんなに願っていることか。さすらいと苦しみの人生から解き放たれるために。ああ 私の愛する方よ、どうか待っていて下さい。私はこの世の栄華から飛び去ります。私は愛する方の心配に報いる。私はあの方に告げたい。「悲しまないで下さい。」と。私はあなたに、あなたの喜ばれる返事をしますだから、あなたの払われた代価を、無駄にはしません。だから、あなたの払われた代価を、無駄にはしません。