神の言葉に従えば道に迷うことはない

神はあなたがたが自分で神の言葉を飲み食いし、絶えず神の光の中で生き、生活において神の言葉から決して離れないことを望んでいます。そのとき初めて神の言葉に満たされることができるのです。あなたの一つひとつの言動において、神の言葉はきっとあなたの前進を導きます。それほど真に神に近づけば、あなたは絶えず神と交わることができ、何をしても混乱することも、困り果てることもありません。必ず神がそばにいて、絶えずその言葉によって行動できます。

人や物事に遭遇する度、神の言葉が現われ、神の旨にしたがって行動するよう導きます。神の言葉にあるすべてのことをしなさい。そうすればあなたの一つ一つの行動において、神があなたの前進を導きます。あなたは道に迷うことがなく、新たな啓きをさらに得て新たな光の中で生きられます。どうしようかと人間の観念で思い悩んではなりません。神の言葉の導きに従い、澄んだ心をもち、神の前で静まり、さらに熟考すべきです。理解できないことを解決しようとして気を揉んではいけません。それらの事はもっと神の前に持ってきて、真心を捧げなさい。

自分にとって神は全能だと信じなさい。神を強く切望し、飽くことなく求めつつ、サタンの言い訳、意図、策略を拒否しなければなりません。絶望してはいけません。弱気になってはいけません。一心に求め、一心に待ちなさい。神と積極的に協力し、内なる障害を取り除きなさい。

前へ: 神はより多くの人が救いを得ることを願う

次へ: 実際的効果を得るにはどのように神を証しすべきか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は決意のある者を好む

我らは一つの決意をするべきだ 我らは一つの決意をするべきだ たとえ状況や問題が厳しく 消極的になったり弱くなったりしても 我らは古い性質の変化において 信仰を失ってはならない 神の語ってきた言葉の中で 確信を失ってはならない 神は人に約束を与えた 人がそれを受けるためには決意…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索