祈りの意義


祈りは人が神と結びつき

神の霊を呼び

神に触れられること

祈るほどにあなたは触れられ

啓示を受けて決意を強める

人々は間もなく完全にされる


祈らぬ者は霊がなく死んでいる

神が触れることはなく

業に従えない

霊的生活を断ち切った者よ 

神とのつながりも断った

神はもう彼らを認めない


祈れば祈るほど

あなたは触れられ

神の啓示を受け 決意を固める

人々は間もなく完全にされる

人々は間もなく完全にされる…

祈れば祈るほど

あなたは触れられ

神の啓示を受け 決意を固める

人々は間もなく完全にされる

『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より編集

前へ: 神は人の叫びを聞いて必要なものを与える

次へ: 真の祈りに入るには

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索