神の現実性と麗しさ

「ヤーウェ神はアダムとエバのために

かわごろもを造って着せた」

この場面から

神は彼らの親としての役割を担っていることが分かる

神はアダムとエバを造り

自らの連れ合いとした

唯一の家族として彼らを見守り

全ての世話し

親の役割を担った

神が為すこの業において

人間は神がどれほど高尚であるかも

比類無き神の崇高さも

謎に包まれた姿も見ることはできない

そして神の怒りと威厳も見ることができない

見ることはできない

人間に見ることができるのは

神の愛と謙遜だけである

そして人間は

神の思いやりと責任感と人への配慮を見る

主なる神がアダムとエバをどう思い

どのように取り扱ったかは

人間の両親が自分の息子や娘の世話をすることと

同じである

自分の子を見守り 世話をし 愛するのと同じで

それは現実であり 真実であり

見ることができ そして触れることができる

自らを高い地位に置かず

神はその手で人間の衣を造った

単純で言うまでも無いことだが

これにより

神に従い おぼろげな概念で満ちている者たちは

神の本当の姿 誠実さ 麗しさを目にする

そして人は神が謙遜で忠実な方であることを知る

神は誠実で また麗しく

神は謙遜で忠実な方である

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より

前へ: 完全にされた人の表明

次へ: 人にとって神の愛が如何に重要なことか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索