真理追求の道

目の前のことが何であろうと

そのことに真理のどの部分が

関連しているのかを知れ

真理を知らずに神の意志を追い求めても

何も実を結ばず 何も見えず

何の結果ももたらさない

あなたは真理を理解するのに ふさわしい状態だろうか

あなたは目の前の出来事と

真理との関係について思い巡らしているのか

どんなことに直面しても

そのことに近い真理の部分を

神の言葉の中に求めよ

あなたにとって正しい道を進めるよう

注意して探せば、全てにおいて

神の意志を知る助けになる

あなたは真理を理解するのに ふさわしい状態だろうか

あなたは目の前の出来事と

真理との関係について思いを巡らしているか

真理を探し、実践することは

形式や教義にすがることではない

方程式や法律と違い

真理はいのち、真理は生きているのである!

それは人生に必要な定め

だからいつもこの思いに従え

あなたは真理を理解するのに ふさわしい状態だろうか

あなたは目の前の出来事と

真理との関係について思いを巡らしているか

そしてこれらの真理を探せ

そうすればあなたの為す全てにおいて

何が神の意志なのか知るだろう

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より

前へ: 神の言葉を基礎にして初めて実践の道がもたらされる

次へ: 真理を求めて困難を解決せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索