性質が変化して初めて真に神に従える

人の本性を知ることに関しては、人の世界観、人生観、価値観から知ることが最も重要である。人の人生哲学、物事の仕方、金言は赤い大きな竜の害毒に満ち、どれもサタンに由来する。ゆえに、人の血肉に流れているのはどれもサタンの物事である。人はサタンによって深く堕落させられており、その本性は堕落し、邪悪で、反動的である。サタンの哲学に満ちていることが見て取れる。それはひとえに神に背く本性である。人が神に抵抗し、神と敵対するのはそれが理由である。性質の変化を求めたければ、まずは自分の本性を知らなければならない。

性質の変化とは何を指しているか。真理を愛する人が、神の働きを経験しつつ、神の言葉による裁きと刑罰を受け入れ、様々な苦難や精錬を経験すると、性質の変化は起こる。このような人は、内部にあるサタン的な毒が浄化され、神の指揮と采配のすべてに従うことができるようになり、二度と神に逆らったり抵抗したりすることがなくなる。これが性質の変化である。性質の変化とは、ある人が真理を愛し、真理を受けいれることが出来るので、自分の神に背く反抗的な本性をついに知るようになることである。その人は、人間の堕落があまりに深刻なこと、また人間の愚かさと不正直さを理解する。その人は人間の貧しさと哀れさを認め、人間の本性と本質をついに認識する。これらのことを全て認識しているので、完全に自分を否定して捨て去り、神の言葉に従って生活し、あらゆることにおいて真理を実践することができる。これは神を知る人であり、性質が変化した人である。

『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より編集

前へ: 真理をもつ人だけが真の人生を生きられる

次へ: ペテロの追求が神の旨に最もかなっていた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れない…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索