神は創造物をもとの状態に回復する

神の言葉が深まるにつれて、神は全世界のありさまを見る

全ての創造物は神の言葉を基に新しくされる

天は変わり、地も変わる人は自分の本性を現わす

創世の時、神は全てのものをそれぞれの種類に従って造り、

すべての形あるものを分類した。

神の救いの営みが終わりに近づく時

神は全てを創造された時の状態に戻す

少しずつ、一歩ずつ、人はそれぞれの種類に分けられ

彼らが属す家族のもとへ帰る

神はこのことで喜ぶ

神を妨げられるものは何もない

神の大いなる働きは人知れず完了する

すると知らぬ間に、万物が変化した

少しずつ、一歩ずつ、人はそれぞれの種類に分けられる

神は全てのものを創造の時の元の状態に戻す

神は全てのものを完全に変化させる

万物は神の計画に帰する。

今その時が来た!神の最後の計画の終わりが近づいた。

不純なおまえ、穢れた古い世界は神の言葉のもとに倒れ、

神の計画の故に無に帰する!

神によって創られた万物は神の言葉の中で新たな命を得、

いと高き主を持つ!

聖別されたおまえ、新しい世界は

神の栄光のうちに甦る

シオンの山よ、沈黙することはない

神は勝利のうちに帰ってきたのだ!

神は全ての国々を見守っている

全ての創造物の中で

人類は地球上で新しい生活を始めた

新たなる希望を持って

少しずつ、一歩ずつ、人はそれぞれの種類に分けられる

神の民よ!神の光の中で甦らないのか?

神の導きのもとで喜びに飛び跳ね笑わないのだろうか?

地と水は喜びの声をあげ笑う

甦ったイスラエルよ!

神によってあらかじめ定められていたことを誇りに思わないのか?

かつて泣いていたのは誰か?嘆き悲しんでいたのは誰か?

古いイスラエルは消滅した

現代のイスラエルがこの世界によみがえった

それは全ての人の心に打ち建てられた

それは神の民を通して存在の源を得る

憎むべきエジプトよ!おまえはまだ神に敵対するのか?

神の憐み深いからといって、神の懲らしめから逃れられるだろうか?

神に愛される者は永遠に生きる

神に逆らう者は永遠に罰せられる

なぜなら神はねたむ神だからである

神は決して人々の行いをそう簡単には容赦しない

神は全地を見渡して探る。

義と威厳、怒りと懲らしめを持って

神は世界の東方に現れ、

地に住む全ての人々に自身を現す!

少しずつ、一歩ずつ、人はそれぞれの種類に分けられ

彼らが属す家族のもとへ帰る

神はこのことで喜ぶ

神を妨げられるものは何もない

神の大いなる働きは人知れず完了する

すると知らぬ間に、万物が変化した

少しずつ、一歩ずつ、

人はそれぞれの種類に分けられる

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十六章」より編集

前へ: すべては神の言葉で成就する

次へ: 神の救いの業の目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索