814 あなたは自分の使命を知っているだろうか

1

あなたは肩に担うべき重荷と使命

委ねられた任務を知っているか

歴史におけるあなたの使命感はどこにあるのか

どうすれば次の時代の良き主人となれるのか

あなたの主人としての意識は強いか

あなたは万物の主人をどう説明するか

あらゆる生き物の主人か

それとも全ての物質世界の主人か

業の次の段階のあなたの計画は何か

何人があなたの牧会を待っているか

自分の任務を重いと感じてないか


2

惨めな魂 哀れで盲目で迷い

暗闇で嘆き 逃げ道を望む

彼らは日夜どんなに望んでいるだろう

流星のような光が長年彼らを

弾圧する闇の軍勢を散らすのを

光が閃いても惨めな苦しむ者は

闇に囚われ解放の希望は無い

いつ彼らは泣き止むのだろうか

安息がない脆い魂はこんなに不幸だ

冷たい縄と凍れる歴史に囚われた

彼らの泣き声と不幸を知る者はいるか


3

神の悲しみと心配を考えてみたか

自らの手で創った人が苦しむのを

どうして見ていられよう

人間は生き長らえてきたが

邪悪な者にずっと毒されてきた不運な者たちだ

自分が犠牲者であることを忘れたのか

神を愛するなら生き残った者を救い

自分の血肉のように人を愛する神に

力を尽くし報いたくないか

神に用いられる並外れた人生を送ることを

どう理解しているのか

あなたは敬虔で有意義な人生

神に仕え生きる人生への真の決意と確信があるか


『神の出現と働き』「将来の使命にどう取り組むべきか」(『言葉』第1巻)より編集

前へ: 813 ペテロのイエスに関する認識

次へ: 815 神の意志を理解しなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索