全宇宙に及ぶ神の開かれた執政


全ての国と民が神の玉座の前に戻る時、

神は人間の世界に天の豊かな恵みの全てを授けるだろう。

すると世界は神によって類なく豊かな恵みで満ち溢れるだろう。

神による類ない恵みで。

天の全ての星、太陽、そして月を

神は新しくする。新しくする。

空は嘗てと違う空になるだろう。

地上の全ての物が新しくなる。

全てが神の言葉を通して全うされるだろう。

神は言葉によってそれら全てを新しくする。


しかし、古い世界が存在する限り

神はその怒りを国々の上に注ぎ、

神の統治法令を宇宙に告げ知らせ、

それに背く者は誰であろうと刑罰を受ける。

天の全ての星、太陽、そして月を

神は新しくする。新しくする。

空は嘗てと違う空になるだろう。

地上の全ての物が新しくなる。

全てが神の言葉を通して全うされるだろう。

神は言葉によってそれら全てを新しくする。


神が宇宙に顔を向け語る時、

全宇宙の全てのものが神の声を聞き、神の業を見る。

神の意志に反する者、また行いによって神に逆らう者は全て、

神の刑罰の下に倒れるだろう。

全世界にある国々は新たに分割される。

神の国が国々に取って代わる。

地上の国々は永遠に過ぎ去り、

神を崇める一つの国となるだろう。

地上の国々は破滅され、存在しなくなるだろう。

宇宙の中にいる人間で、

悪魔に属す者たちには破滅が迫るだろう。

サタンを崇めるものは神の炎の中に倒れるのだ。

今この流れの中にいない者は全て灰となる。

天の全ての星、太陽、そして月を

神は新しくする。新しくする。

空は嘗てと違う空になるだろう。

地上の全ての物が新しくなる。

全てが神の言葉を通して全うされるだろう。

神は言葉によってそれら全てを新しくする。


神が全人類を罰する時、宗教界の中のある者たちは

神の国に戻り、

神の業によって征服されるだろう。

何故なら彼らは「白い雲に乗る聖なる方」を見るから。

全人類はそれぞれの種類に従い、

彼らが為した行いに応じて罰を受ける。

神に逆らう者はみな滅びるのだ。

神に逆らう者はみな滅びるのだ。

その行いにより神に関わらなかった人々は、

彼らの行為に免じて生き続けることができる。

彼らは神の民や神の息子たちによって治められる。

神は全ての国と民に自身を現し、

地において神自身の声が神の表現となる。

神は、偉大な業が完了したことを宣言し、

全人類は神の偉大な業をその目で見ることができる。

天の全ての星、太陽、そして月を

神は新しくする。新しくする。

空は嘗てと違う空になるだろう。

地上の全ての物が新しくなる。

全てが神の言葉を通して全うされるだろう。

神は言葉によってそれら全てを新しくする。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十六章」より編集

前へ: 神の義なる裁きが全宇宙に迫る

次へ: 神の新たな働きは全宇宙に及ぶ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索