万象は神の手の中にある

神はかつて言った

神の言葉は作用し必ず成就する かつて神はそう言った

誰にもそれは変えられない

過去の言葉も未来の言葉も

全ての言葉が成就される

神が宇宙の万象を定めることを

全ての者が見ることが出来る

神の手の中に無いものがあるか

神が言った事は全て成し遂げられるだろう

誰が神の意志を変えられるか

神の計画の進行を妨げる物は無い

神は常に働いている 万物は神の手の中にある

神は常に救いの計画に携わる

誰が妨げられよう

神は今も全てを指揮する

現在の物事の状態は

神の計画と展望の中

神が宇宙の万象を定めることを

全ての者が見ることが出来る

神の手の中に無いものがあるか

神が言った事は全て成し遂げられるだろう

誰が神の意志を変えられるか

神の計画の進行を妨げる物は無い

神は常に働いている

万物は神の手の中にある

それは神が予め定めていたこと

かつて神が言ったこと 神の民は神の声を聞く

神を真に愛している者は

みな神の座の前に戻る

神が宇宙の万象を定めることを

全ての者が見ることが出来る

神の手の中に無いものがあるか

神が言った事は全て成し遂げられるだろう

誰が神の意志を変えられるか

神の計画の進行を妨げる物は無い

神は常に働いている

万物は神の手の中にある

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第一章」より編集

前へ: 失われた時は二度と戻ってこない

次へ: 神の業が広大な宇宙全体を満たす

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索