神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる


悪を避けるには

神を畏れることを理解し

畏れるには神を知らなければならない

神を知るにはその言葉を体験し

裁きと訓練を知る必要がある

神を畏れ悪を避けることは

神への認識において無数の繋がりを持つ

神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる


神の言葉を体験するには

神とその言葉に向き合わなければならない

神の言葉を体験できるよう

神に周りを備えてもらいなさい

神を畏れ悪を避けることは

神への認識において無数の繋がりを持つ

神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる


神の言葉に面と向かうには

素直な心と真理を受け入れる決意と

真の人となる望み・苦しみを受け

悪を避ける決意が必要である

前進し神に近づけば

あなたの存在価値は高まり

心は清く 人生は輝き

有意義で晴れやかになるだろう

神を畏れ悪を避けることは

神への認識において無数の繋がりを持つ

神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる

『言葉は肉において現れる』の「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である」より編集

前へ: 神の業が達成しようとする最終効果

次へ: 神を知ることによってのみ人は神を愛するようになる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索