神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる


悪を避けるには

神を畏れることを理解し

畏れるには神を知らなければならない

神を知るにはその言葉を体験し

裁きと訓練を知る必要がある

神を畏れ悪を避けることは

神への認識において無数の繋がりを持つ

神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる


神の言葉を体験するには

神とその言葉に向き合わなければならない

神の言葉を体験できるよう

神に周りを備えてもらいなさい

神を畏れ悪を避けることは

神への認識において無数の繋がりを持つ

神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる


神の言葉に面と向かうには

素直な心と真理を受け入れる決意と

真の人となる望み・苦しみを受け

悪を避ける決意が必要である

前進し神に近づけば

あなたの存在価値は高まり

心は清く 人生は輝き

有意義で晴れやかになるだろう

神を畏れ悪を避けることは

神への認識において無数の繋がりを持つ

神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる

『言葉は肉において現れる』の「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である」より編集

前へ: 人はどのようにして神の道をたどるべきか

次へ: 試練には信仰が求められる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あな…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索