神はできるだけ多くの人々を救いたいと願っている

救いの働きの間に

神はできるだけ多くの人々を

救うつもりで

神は誰も見捨てないが

自分の性質を変えることや

完全に従えないものは

罰の対象となる

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

この段階の言葉の働きは

人々には分からない全ての道と奥義を解き明かす

すると人は神の意志と神の要求を知る

こうして神の言葉を実践し

自分の性質を変えられる

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

神は言葉を用いて業を為し

ささいな反逆ゆえに

人々を罰することはない

今は救いの時だからだ

誰でも背く者は罰せられるとしたら

誰にも救われるチャンスはないだろう

彼らはみな罰され

ハデスに落ちるだろう

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

裁きの言葉で人は自らを知り

神に従うことができる

これらの言葉の裁きは

人を罰するためではないのだ

人々が初めて神に背く時

神は人々を殺すことを望まず

代わりに救うために

できるだけのことをする

救いの余地がないなら

人を放り出すだろう

神は、救える者をみな救いたいから

罰するには遅い

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

神は杖で打ち倒すのではなく

言葉だけを用いて裁き啓き導く

言葉を使って救うことが

最終段階の業の意味である

『言葉は肉において現れる』の「地位の祝福は脇に置き、人に救いをもたらす神の心意を理解するべきである」より編集

前へ: 神は人が戻ってくるのを待っている

次へ: 人が過ちから立ち返るとき神は慰められる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索