神はできるだけ多くの人々を救いたいと願っている

救いの働きの間に

神はできるだけ多くの人々を

救うつもりで

神は誰も見捨てないが

自分の性質を変えることや

完全に従えないものは

罰の対象となる

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

この段階の言葉の働きは

人々には分からない全ての道と奥義を解き明かす

すると人は神の意志と神の要求を知る

こうして神の言葉を実践し

自分の性質を変えられる

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

神は言葉を用いて業を為し

ささいな反逆ゆえに

人々を罰することはない

今は救いの時だからだ

誰でも背く者は罰せられるとしたら

誰にも救われるチャンスはないだろう

彼らはみな罰され

ハデスに落ちるだろう

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

裁きの言葉で人は自らを知り

神に従うことができる

これらの言葉の裁きは

人を罰するためではないのだ

人々が初めて神に背く時

神は人々を殺すことを望まず

代わりに救うために

できるだけのことをする

救いの余地がないなら

人を放り出すだろう

神は、救える者をみな救いたいから

罰するには遅い

言葉による征服を受け入れる者は

救いのチャンスがたくさんある

神の救いは彼らに

寛容と忍耐を示すだろう

悪の道から戻り悔い改めるなら

神は救いを得る機会を与えるだろう

神は杖で打ち倒すのではなく

言葉だけを用いて裁き啓き導く

言葉を使って救うことが

最終段階の業の意味である

『言葉は肉において現れる』の「地位の祝福は脇に置き、人に救いをもたらす神の心意を理解するべきである」より編集

前へ: 神は人が戻ってくるのを待っている

次へ: 人が過ちから立ち返るとき神は慰められる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索