神は静かにすべての人を満たす

神はいつも

あらゆる所ですべての人の必要を満たす

神は人の思いと心の変化を観察し

必要な慰めを与え

人を勇気づけ導く

神を愛し神に従う者には

神は惜しみなく与え 祝福が現される

神は皆に恵みを与え 憐みは流れ広がる

神が持つもの 存在そのものを惜しみなく与える


人が神の思いを無視しても

神は人を光の中で導き 満たし

神の道を歩み従うように助ける

決められた最高の行く末を

神の手から受けられるように

神を愛し神に従う者には

神は惜しみなく与え 祝福が現される

神は皆に恵みを与え 憐みは流れ広がる

神が持つもの 存在そのものを惜しみなく与える

神は自分の痛みや心を明かしたことがない

誰も気にせず理解しなくても

愚痴ひとつ言わない

いつの日か彼らが目覚めるのを神はただ待つ

神を愛し神に従う者には

神は惜しみなく与え 祝福が現される

神は皆に恵みを与え 憐みは流れ広がる

神が持つもの 存在そのものを惜しみなく与える


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: どんな被造物も神の愛は持っていない

次へ: 人を救うからには神は人を完全に救う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索