肉と聖霊の業は、同じ本質から成る

神の霊は権威をふるう

あらゆるものの上に権威をふるう

そして神の本質をもつ肉も同じ権威を持っている

肉なる時も神は多くの業を行なえる

肉なる神はただ父の意志を行うのである

そして、神は霊であり

神は全人類を救うことができる

それは肉である神も同様である

神は自身の業を行う


それは誰も夢さえ見ず

成し遂げることなど出来はしない

神は自らが権威であり

そして 彼の肉は権威に従う

これが「キリストは父の意志に従う」ということ

その言葉の本当の意味することなのである

そして、神は霊であり

神は全人類を救うことができる

それは肉にある神も同様である 

神は自身の業を行う


神は自身の業を乱さず

業を矛盾させることもしない

霊と肉の業の本質は同じ

同じ意志と業を成就する

肉と霊は性質が異なるが、本質は同じ

いずれも神の本質と身分を備えている

そして、神は霊であり

神は全人類を救うことができる

それは肉にある神も同様である 

神は自身の業を行う

そして、神は霊であり

神は全人類を救うことができる

それは肉にある神も同様である 

神は自身の業を行う


『言葉は肉において現れる』の「キリストの本質は父なる神の心への従順」より

前へ: 神の二度の受肉は神を表すことができる

次へ: 神の受肉の権威と意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索