真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

肉と聖霊の業は、同じ本質から成る

1

神の霊は、あらゆるものの上に権威をふるう。神の本質をもつ肉体においても、同じ権威を持っている。肉にある神も多くの業を行なえる。彼はただ父の意志を行う。そして、神は霊であり、神は全人類を救うことができる。それは肉にある神も同様である。神は自身の業を行う。

2

それは、誰も夢見ることも達成することもできないことである。神自身が権威であるが、彼の肉は神の権威に従うことができる。それが「キリストは父の意志に従う」ということの真意である。そして、神は霊であり、神は全人類を救うことができる。それは肉にある神も同様である。神は自身の業を行う。

3

神はご自身の業を乱すことも、矛盾させることもない。霊と肉の業の本質は同じである。双方、同じ意志と同じ業を成就する。肉と霊は性質が異なるが、本質は同一である。両方が、神の本質を備え、神自身の身分を持っている。そして、神は霊であり、神は全人類を救うことができる。それは肉にある神も同様である。神は自身の業を行う。そして、神は霊であり、神は全人類を救うことができる。それは肉にある神も同様である。神は自身の業を行う。

前へ:全てのものに及ぶ神の完全なる配慮

次へ:何者も神の業を妨げることはできない

他のお気に入り