神の業は前進し続ける


神の業は前進し続ける

目的は変わらないが

神の業の手段は常に変化する

だから神に従う者も常に変わり続ける

神の業が現れる程

更に多くの人が神を完全に知ることになり

神の業に応じて

人の性質もますます変わってくだろう

神の業は前進し続ける

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる


神は同じ業を続けない

絶えず変化し

あなたへと毎日新しい言葉で語りかけてくれる

あなたのため新しくなされる業と同じ

これこそ神が成す業

鍵となる言葉「不思議な」「新しい」「驚くべき」

「神は変わることがない 永遠に神である」

これらはまさに本当の言葉

神の業は前進し続ける

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる


神の業は変化し続ける

聖霊の働きや 真理を知らない馬鹿げた人々は

最終的に神の敵になってしまうだろう

神の本質は永遠に神で決してサタンにはならないだが

神の業は変化し続ける

なぜ「神は不変」なのに「常に古びない」のか?

神の業は拡大・変化を続け

人の前に現れ 心を示し 人に知らしめる

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる

『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 神の働きを知っているか

次へ: 人を救う神の働きの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の心…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索