神の業は前進し続ける

神の業は前進し続ける

目的は変わらないが

神の業の手段は常に変化する

だから神に従う者も常に変わり続ける

神の業が現れる程

更に多くの人が神を完全に知ることになり

神の業に応じて

人の性質もますます変わってくだろう

神の業は前進し続ける

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる

神は同じ業を続けない

絶えず変化し

あなたへと毎日新しい言葉で語りかけてくれる

あなたのため新しくなされる業と同じ

これこそ神が成す業

鍵となる言葉「不思議な」「新しい」「驚くべき」

「神は変わることがない 永遠に神である」

これらはまさに本当の言葉

神の業は前進し続ける

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる

神の業は変化し続ける

聖霊の働きや 真理を知らない馬鹿げた人々は

最終的に神の敵になってしまうだろう

神の本質は永遠に神で決してサタンにはならないだが

神の業は変化し続ける

なぜ「神は不変」なのに「常に古びない」のか?

神の業は拡大・変化を続け

人の前に現れ 心を示し 人に知らしめる

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる

『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

次へ: 時代が変われば神の業も変わる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索