神の業は前進し続ける


神の業は前進し続ける

目的は変わらないが

神の業の手段は常に変化する

だから神に従う者も常に変わり続ける

神の業が現れる程

更に多くの人が神を完全に知ることになり

神の業に応じて

人の性質もますます変わってくだろう

神の業は前進し続ける

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる


神は同じ業を続けない

絶えず変化し

あなたへと毎日新しい言葉で語りかけてくれる

あなたのため新しくなされる業と同じ

これこそ神が成す業

鍵となる言葉「不思議な」「新しい」「驚くべき」

「神は変わることがない 永遠に神である」

これらはまさに本当の言葉

神の業は前進し続ける

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる


神の業は変化し続ける

聖霊の働きや 真理を知らない馬鹿げた人々は

最終的に神の敵になってしまうだろう

神の本質は永遠に神で決してサタンにはならないだが

神の業は変化し続ける

なぜ「神は不変」なのに「常に古びない」のか?

神の業は拡大・変化を続け

人の前に現れ 心を示し 人に知らしめる

神の業は前進し続ける

神の業は常に新しく古びない

神は古い業を絶対に繰り返さない

以前現れたことのない業のみ行われる

『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

次へ: 時代が変われば神の業も変わる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索