神はあらゆる人に対して義である

もしそれが、どのように神を求め

どのように神を扱うのかという問題なら

あなたの態度が一番大切だということになる。

神は無視したり心の隅に閉まって置く事はできない

神はむしろ生きていて、常に臨在する

神は第三の天にいて、ただ手をこまねいているわけでない

神はいつもそこにいて、見ておられる。全ての者がなすことを。

神は全ての者の心、言葉と行いの一つひとつを観察する

各々がどのように自分の役割を果たし、どのように神を扱うかを観察する

あなたが神に身を捧げようと捧げまいと

あなたの思いと行いは神に知られている

神は全ての人に対して義である

人を征服し、救うこと。それが神にとっては重要なことである。          

神は全ての者に対して真剣であり

神は決して人をペットや獲物のように扱ったりはしない

あなたは気付くだろう。神の愛は溺愛とは違い、神の憐れみは放縦を許すことではないと。

神は全ての生命を大事にし、尊重する、神の憐みと寛容には期待も含まれている。

それらは人類が生きのびるために必要なものである、神は生きておられる、神は真に存在する。

神の人に対する姿勢は原則に基づいたものであり、人の変化に応じる柔軟さがある。

神の心は、時間、環境、各々の人の態度に応じて変化する。

神は全ての人に対して義である

人を征服し、救うこと。それが神にとっては重要なことである。          

神は全ての者に対して真剣であり

神は決して人をペットや獲物のように扱ったりはしない

聴きなさい、神に抱かれて甘えている赤子のようであってはならない。

神はあなたの態度がどうであれあなたを離れることなく溺愛する、

などと思っているなら、あなたはそんな夢から覚めるべきだ。今すぐに。

神の本質は変わらないということを、あなたは明瞭に理解しなければならない    

しかし神のご性質は、違う時、違う状況に現れ出る。

明確にわかっていなければならない。

神は生きておられる、常に存在しておられることを、あなたは知るであろう。

神に対するあなたの振舞い、あなたの態度を通して

あなたに対する神の意見と態度は変わり続ける。

神は全ての人に対して義である

人を征服し、救うこと。それが神にとっては重要なことである。          

神は全ての者に対して真剣であり

神は決して人をペットや獲物のように扱ったりはしない

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 神の義なる性質を真に認識しているか

次へ: 神の本質は聖である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索