神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから

でも神の心の中の

人への思いやり、心配、憐れみは変わらない

人間を滅ぼした時さえ

極みまで人が汚れ 不従順になっても神は

その性質と本質のゆえに 原則に従い

人間を滅ぼさざるを得なかった

神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに

人類を贖うため様々な方法使うことさえ願った

彼らが生き続けられるように

彼らが生き続けられるように

それにもかかわらず 人は神に逆らい続けた

神の救いを受け入れるのを 

神の善意を受けるのを拒んだのだ

どんなに神が彼らに呼びかけ 

思い出させ、備え、助け 彼らに耐えても

人は理解も感謝もせず心に留めることもなかった

神は苦しみの中でもなお 忘れず人に最大の忍耐を与えた

人が立ち返るのを待ちながら

神は限界に達した後 ただ為すべきことをした

言い換えれば神が人を滅す事を決め

その業の開始が公けになるまである期間と過程があった

人を立ち返らせるために

それは神が人に与えた最後の最後のチャンスだった

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の救いを人は知らない

次へ: 神の憐みにより人は今日まで生存することができた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索