神は人類が生き続けるのを願っている


神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから

でも神の心の中の

人への思いやり、心配、憐れみは変わらない

人間を滅ぼした時さえ

極みまで人が汚れ 不従順になっても神は

その性質と本質のゆえに 原則に従い

人間を滅ぼさざるを得なかった

神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに

人類を贖うため様々な方法使うことさえ願った

彼らが生き続けられるように

彼らが生き続けられるように


それにもかかわらず 人は神に逆らい続けた

神の救いを受け入れるのを 

神の善意を受けるのを拒んだのだ

どんなに神が彼らに呼びかけ 

思い出させ、備え、助け 彼らに耐えても

人は理解も感謝もせず心に留めることもなかった

神は苦しみの中でもなお 忘れず人に最大の忍耐を与えた

人が立ち返るのを待ちながら

神は限界に達した後 ただ為すべきことをした

言い換えれば神が人を滅す事を決め

その業の開始が公けになるまである期間と過程があった

人を立ち返らせるために

それは神が人に与えた最後の最後のチャンスだった

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 誰も神の到来に気づいていない

次へ: 人類が神を礼拝すれば人々は幸運を得ることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索