神は人類が生き続けるのを願っている


神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから

でも神の心の中の

人への思いやり、心配、憐れみは変わらない

人間を滅ぼした時さえ

極みまで人が汚れ 不従順になっても神は

その性質と本質のゆえに 原則に従い

人間を滅ぼさざるを得なかった

神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに

人類を贖うため様々な方法使うことさえ願った

彼らが生き続けられるように

彼らが生き続けられるように


それにもかかわらず 人は神に逆らい続けた

神の救いを受け入れるのを 

神の善意を受けるのを拒んだのだ

どんなに神が彼らに呼びかけ 

思い出させ、備え、助け 彼らに耐えても

人は理解も感謝もせず心に留めることもなかった

神は苦しみの中でもなお 忘れず人に最大の忍耐を与えた

人が立ち返るのを待ちながら

神は限界に達した後 ただ為すべきことをした

言い換えれば神が人を滅す事を決め

その業の開始が公けになるまである期間と過程があった

人を立ち返らせるために

それは神が人に与えた最後の最後のチャンスだった

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の救いを人は知らない

次へ: 神の憐みにより人は今日まで生存することができた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神は決意のある者を好む

我らは一つの決意をするべきだ 我らは一つの決意をするべきだ たとえ状況や問題が厳しく 消極的になったり弱くなったりしても 我らは古い性質の変化において 信仰を失ってはならない 神の語ってきた言葉の中で 確信を失ってはならない 神は人に約束を与えた 人がそれを受けるためには決意…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索