神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実

だが神が怒りを注ぐ時

神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという

神の別の面が表される


人が神の命令に完全に従い

神の要求に沿って行動すれば

神は溢れるいつくしみを豊かに与える

堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら

神は計り知れない怒りを人に示す

人の邪悪な行いと反抗がある限り

神の怒りは止むことがない

それが神の目の前からなくなるまで

その時初めて神の怒りは消え去る

その怒りはいつ果てるのか

人の邪悪と反抗がなくなるまで


誰であろうと神から心が離れ去り

二度と神のもとに戻らないならば

心と体はうわべだけで神に従い

自分勝手な願いを持つだけであろう

どんなに神を礼拝し従いたくても

ひとたび神から心が離れてしまえば

神の怒りは絶えず注がれる

改心の機会を何度も与えた後

神の底知れぬ怒りは止められない

そんな者にはもう二度と

いつくしみと寛容は示されない

どんな罪も容赦できない神の性質

優しく美しく良いものには神は寛容でいつくしみ深い

邪悪で罪深く不正なものには 神の怒りは計り知れず

その怒りを止めることはできない

これが神の性質の主な特徴

神が最初から最後まで啓示してきた

溢れる慈しみと計り知れない怒りを

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 2」より

前へ: 神の義の性質は特有である

次へ: 神の性質は憐み、愛、義、威厳

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索