聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく

また人も独りでは働けない

人と神の霊は共に手を取り合い

一緒に働きを成し遂げる

人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす

人と聖霊が日々共に歩むことで

徐々に完璧な人間が創られる

聖霊から啓示を受け 明察を得るために

必要なことがある

聖霊に協力し活発に祈り 神を探求し

みもとに近づくことである

神は超自然的な事は行わず

すべてを引き受けるわけではない

だが御言葉を読まず、祈らず、ただ聖霊の

働きを待つだけの者もいる

しかし理解している者は思う

「神の働きは私の振舞いによる」

「神の働きの効果は私次第」

「私は御言葉に適うよう尽くすべきだ」

人々が自らの役割について学び

神が求める基準に

届くよう一層努めるようになれば

聖霊の働きも一層大きなものとなる

聖霊から啓示を受け 明察を得るために

必要なことがある

聖霊に協力し活発に祈り 神を探求し

みもとに近づくことである

『言葉は肉において現れる』の「現実をどのように知るか」より編集

前へ: 聖霊の働きは普通で実際的だ

次へ: 聖霊の働きには原則がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索