聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく

また人も独りでは働けない

人と神の霊は共に手を取り合い

一緒に働きを成し遂げる

人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす


人と聖霊が日々共に歩むことで

徐々に完璧な人間が創られる

聖霊から啓示を受け 明察を得るために

必要なことがある

聖霊に協力し活発に祈り 神を探求し

みもとに近づくことである


神は超自然的な事は行わず

すべてを引き受けるわけではない

だが御言葉を読まず、祈らず、ただ聖霊の

働きを待つだけの者もいる

しかし理解している者は思う

「神の働きは私の振舞いによる」

「神の働きの効果は私次第」

「私は御言葉に適うよう尽くすべきだ」

人々が自らの役割について学び

神が求める基準に

届くよう一層努めるようになれば

聖霊の働きも一層大きなものとなる

聖霊から啓示を受け 明察を得るために

必要なことがある

聖霊に協力し活発に祈り 神を探求し

みもとに近づくことである


『言葉は肉において現れる』の「現実をどのように知るか」より編集

前へ: 聖霊の働きは普通で実際的だ

次へ: 聖霊の働きには原則がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索