神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め

この地で栄光を受ける

最後の美しい光景で

神は心の情熱を伝える

神の鼓動にしたがって

水は踊り、山は動き

波は岩礁に打ち付ける

神が心を語るのは難しい

計画通りに神は行った

それは神により定められ

神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ

神の国の前途は何と美しいのだろう

神の国の王は勝利者

頭からつま先まで

血や肉の痕はなく

その全ては神聖だ

雅歌の最愛の方のように

神は聖徒たちより美しく

昔の聖徒たちより高貴だ

神は人類の中の模範だ

神と人は比べられない

人は神を見上げることにもふさわしくなく

神の顔にも姿や形象にも達せない

神の体は聖なる栄光で輝き

人の考えで汚されていない

その全身は天の霊気と義で溢れ

美しい香りが流れ出す

神の国の前途は何と美しいのだろう

神の国の王は勝利者

頭からつま先まで

血や肉の痕はなく

その全ては神聖だ

『言葉は肉において現れる』附録「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第十二章」より編集

前へ: 神の国の王は勝利した

次へ: 神の国は人類の間に打ち建てられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索