20 神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

1

神はこの地で新しく始め

この地で栄光を受ける

最後の美しい光景で

神は心の情熱を伝える

2

神の鼓動にしたがって

水は踊り、山は動き

波は岩礁に打ち付ける

神が心を語るのは難しい

3

計画通りに神は行った

それは神により定められ

神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ

神の国の前途は何と美しいのだろう

神の国の王は勝利者

頭からつま先まで

血や肉の痕はなく

その全ては神聖だ

4

雅歌の最愛の方のように

神は聖徒たちより美しく

昔の聖徒たちより高貴だ

神は人類の中の模範だ

5

神と人は比べられない

人は神を見上げることにもふさわしくなく

神の顔にも姿や形象にも達せない

神の体は聖なる栄光で輝き

人の考えで汚されていない

その全身は天の霊気と義で溢れ

美しい香りが流れ出す

神の国の前途は何と美しいのだろう

神の国の王は勝利者

頭からつま先まで

血や肉の痕はなく

その全ては神聖だ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第十二章」より編集

前へ: 19 神の国の王は勝利した

次へ: 21 神の国は人類の間に打ち建てられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索