あなたがたは真に神の言葉の中に生きているのか

今日という日は瞬く間に来る

わたしの霊に導かれ

すべての人が昨日のことを思わず

光の中で生きる

今を生きず

神の国ですばらしい日々を過ごさず

太陽の下で生きてこなかったのは誰か?

神の国が来たが

外から見るだけで

温かさも本質も人は知らない

あなたがたはわたしの光と

言葉の中に生きているか?

前途を考えず

運命を嘆かず

苦しみもがかず

自由を望まないのは誰?

神の国の祝福は

辛苦のために与えられるのか?

人の望みは叶うのか?

わたしの国ができるとき

誰が喜ばないだろう?

国々は逃げられるか?

赤い竜は狡猾に逃げられるか?

わたしの行政は

全宇宙で実施され

権威は展開されるが

人はまだ知らない

行政があらわれるとき

働きは終わりに近づき

神と知られ 人の中で治めるとき

わたしの国がまさに降臨する

あなたがたはわたしの光と

言葉の中に生きているか?

前途を考えず

運命を嘆かず

苦しみもがかず

自由を望まないのは誰?

神の国の祝福は

辛苦のために与えられるのか?

人の望みは叶うのか?

すべての人が新しい道を進み

新しい生活を始めたが

天のように地の生活を体験している者はいない

あなたがたはわたしの光と

言葉の中に生きているか?

前途を考えず

運命を嘆かず

苦しみもがかず

自由を望まないのは誰?

神の国の祝福は

辛苦のために与えられるのか?

人の望みは叶うのか?

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十五章」より編集

前へ: 人々は心で神の言葉に近づこうとしない

次へ: 神を欺すことが人の行為にあまねく行き渡っている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索