人間はとても救いがたい

生涯にわたってこの道を歩み、真理を追求して人生を手に入れ、神を理解し、最後はペテロのように有意義な人生を送ろうとしている人はいません。ゆえに、人は途中で道を逸れて心の中に神の居場所をもたず、聖霊はもはやそのような人の中で働いていません。彼らは退化の道に足を踏み入れたのです。彼らが被ってきたすべての苦しみ、彼らが耳にしてきたすべての説教、彼らが信者だったすべての年月が無駄になってしまいました。それはかくも危険なことです!坂を下るのは簡単ですが、坂をのぼり、人が歩くべき正しい道を選ぶのは難しいことです。ほとんどの人は頭が混乱しています。正しい道と間違った道を区別できないのです。多くの説教を聞き、神の言葉を数多く読んで、人々は神が神であることを知っていますが、それでも神を信じません。それが真の道であると知りながら、依然としてその道を歩けません。人々に救いをもたらすのは何と難しいことでしょう!

『キリストの言葉の記録』の「聖霊の働きを失った者は最も危険にさらされている」より編集

前へ: 神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

次へ: 神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索