531 人間はとても救いがたい

生涯にわたってこの道を歩み、真理を追求して人生を手に入れ、神を理解し、最後はペテロのように有意義な人生を送ろうとしている人はいません。ゆえに、人は途中で道を逸れて心の中に神の居場所をもたず、聖霊はもはやそのような人の中で働いていません。彼らは退化の道に足を踏み入れたのです。彼らが被ってきたすべての苦しみ、彼らが耳にしてきたすべての説教、彼らが信者だったすべての年月が無駄になってしまいました。それはかくも危険なことです!坂を下るのは簡単ですが、坂をのぼり、人が歩くべき正しい道を選ぶのは難しいことです。ほとんどの人は頭が混乱しています。正しい道と間違った道を区別できないのです。多くの説教を聞き、神の言葉を数多く読んで、人々は神が神であることを知っていますが、それでも神を信じません。それが真の道であると知りながら、依然としてその道を歩けません。人々に救いをもたらすのは何と難しいことでしょう!

『キリストの言葉の記録』の「聖霊の働きを失った者は最も危険にさらされている」より編集

前へ: 530 神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

次へ: 532 神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索