人の背きは神を怒らせる

神の怒りが山河を揺るがす時

神は臆病者を助けず

悔い改めの機会を拒否し

望みを捨て

当然の報いで罰する

波が怒りで荒れ狂うように

一万の山が崩れるように雷は轟く

背きにより人間は倒され殺され

雷と稲妻により全ての被造物は消し去られる

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた


突然宇宙は混乱に陥り

被造物は本来の命の息を回復できない

人は雷の轟きから逃れられない

稲妻の中で人間たちは

激流に流されて一掃され

山から転げ落ちる

そして一斉に

人間の「終着点」に「人」の世界があり

海には死体が浮かんでいる

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた

地上で安全な他の人たちは歌い

笑いと歌の響く中で

神が守った約束を味わう

それは彼らにだけ守った約束

それは彼らにだけ守った約束


『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十七章」より編集

前へ: 神の性質は侵害を許さない

次へ: 全人類の生存は神にかかっている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索