人の背きは神を怒らせる

神の怒りが山河を揺るがす時

神は臆病者を助けず

悔い改めの機会を拒否し

望みを捨て

当然の報いで罰する

波が怒りで荒れ狂うように

一万の山が崩れるように雷は轟く

背きにより人間は倒され殺され

雷と稲妻により全ての被造物は消し去られる

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた


突然宇宙は混乱に陥り

被造物は本来の命の息を回復できない

人は雷の轟きから逃れられない

稲妻の中で人間たちは

激流に流されて一掃され

山から転げ落ちる

そして一斉に

人間の「終着点」に「人」の世界があり

海には死体が浮かんでいる

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた

地上で安全な他の人たちは歌い

笑いと歌の響く中で

神が守った約束を味わう

それは彼らにだけ守った約束

それは彼らにだけ守った約束


『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十七章」より編集

前へ: 神の性質は侵害を許さない

次へ: 神の怒りの光景

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索