神が中国で征服の働きをする意義

ヤーウェの働きは世界の創造で、始まりであった。この段階の働きは働きの終わりで、終結である。最初に、神の働きはイスラエルの選民のあいだで実行され、最も聖なる地における新しい時代の夜明けであった。最後の段階の働きは、世界を裁き、時代を終わらせるために最も汚れた国で実行される。この最も汚れた、最も暗い場所にいる人々が征服され、すべての人々が神の存在と誰が真の神であるかを認め、すべての人々がすっかり確信したとき、この事実は全宇宙におよんで征服の働きを行なうのに用いられるであろう。この段階の働きは象徴的である。一旦この時代の働きが終わると、六千年の経営の働きは完全に終わりを迎えるであろう。

一旦最も暗いこの場所にいる人々が征服されると、他の場所も同じようになることは言うまでもない。そのように、中国での征服の働きのみが、象徴としての意味を持つ。中国は暗闇のすべての勢力を具現化しており、中国の人々は肉なる者、サタンのもの、そして血肉による者を表している。赤い大きな竜によって最も堕落させられ、神に最も反抗して、人間性が最も卑しく汚れているのは中国人である。だから彼らは堕落した全人類の典型なのである。中国の人々は単にひとつの例にされたというだけである。征服されたときには中国人は模範、見本となり、他国の人々の規準の役目を果たすであろう。

なぜわたしはあなたがたはわたしの経営計画の補助であるといつも言ってきたのか。それは堕落、汚れ、不義、敵対、そして反抗が最も完全にあらゆる形で現れているのは中国の人たちの中においてだからである。一方で中国人の能力は乏しく、他方で中国人の生活と考え方は遅れており、習慣、社会環境、家族――すべてが劣っており、最も遅れている。地位もまた低い。この場所での働きは象徴的で、この試験的な働きが全て実行された後、神の次の働きはもっと順調に進むだろう。この段階の働きが達成されたなら、全宇宙におよぶ征服は完全に終わりとなるであろう。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(2)」より編集

前へ: 神は人を導くために常に働いてきた

次へ: 赤い大きな竜の国での神の終わりの日の働きの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索