質問3.聖書にこうあります。「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。」(テサロニケ人への第一の手紙 4:17)これはどう解釈します?

解答: 主の再来に関しては、主イエスの預言に従うべきで、それが主を待つ妥当な方法だと思います。今の聖句は誰の言葉ですか?主ですか?人間の言葉ですか?「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い」とは誰が言ったのです?主イエスの御言葉ですか?主イエスはもちろん聖霊もそのような事は言っていませんよ。それはパウロの言葉ですよね。パウロの言葉は主イエスを代弁していますか?神の代わりができますか?神だけがこの奥義を解き明かすことができ、堕落した人間が勝手に解釈して決めつけるのは深刻な問題です。パウロはキリストではありません。堕落したごく普通の人間で、その書き物も人間の考えと想像の産物です、彼の言葉は真理ではないので何の証拠にもなりません。聖書の神の御言葉を根拠にすることこそ真理に沿っています。聖書の中の人間の言葉に基づいて天国を待望するのは間違いです。主イエスの御言葉でなく、パウロの言葉なら尚更です。主イエスの御言葉だけが真理で、権威があるからです。主イエスだけがキリストで、天国の王なのです。なぜ主イエスの御言葉の中に真理と神の御心を探そうとせず、人の言葉に頼るのですか?それは主の御心にかなっていますか?これでは人に従い、自分勝手な道に進んでしまいます。はじめに神は土のちりで人間を造りました。人間は神が創造した地上の物を管理するという義務を与えられ、地において神に服従し、崇拝して賛美することを求められ、人間の終着点は天ではなく地上であると決められているのです。それに神はずっと昔に、御国は地上に建てると言われていました。地上で人間と共に住み、地の国はキリストの支配する御国になるので、神の御国は天ではなく地上に建てられるのです。多くの人が天に招かれようと空を見上げますが、それは思い込みと想像から来る妄想に過ぎません。神の御働きにも真理にも合っていません。天国に招かれることに関しては、神の御言葉を根拠にすべきで、それこそ神の御心に沿っています。

『夢からの目覚め』の映画台本から

前へ: 質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

次へ: 質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリスト教映画「変えられる瞬間」抜粋シーン(1)携挙される賢い乙女たちの歩む道

主により神の国に招き入れられることについて、「終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられる。というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえらされ、わたしたちは変えられるのである。」(コリント人への第一の手紙 15:52)というパウロの言葉にしたがう信者たちもいます。 彼らは、…

聖書映画「変えられる瞬間」予告編 日本語吹き替え

聖書映画「変えられる瞬間」予告編 日本語吹き替え スー・ミンユエは、中国本土の家庭教会の伝道師です。主を信じるだけで義と見なされ、お恵みによって救われると常に信じて疑いませんでした。私たちは未だに常に罪を犯していますが、その罪は主によって赦されていて、主がお戻りになられたら、私たちの姿は一瞬にして変…

キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(1)人の子の到来の奥義

主の再臨について、主イエスはこう仰せられた、「あなたがたも用意していなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。」(ルカによる福音書12:40)「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索