質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

回答:「天」とは常に神様を意味し「天の王国」とは神様の御国のことです。ヨハネの黙示録に「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった」とあるのは神様の御国は地に造られ、この地上の王国は最後に神様の御国になるのです。大災害で古い世界が滅ぼされると至福千年の王国が現われます。地上の王国はわれらの主と救い主の王国になり、神様の御心は天国のように地でも成され新しいエルサレムが天から下って来るという預言を完全に成就します。暗く悪に毒された世代を終わらせるため神様は受肉し、終わりの日の裁きの働きをされています。神様の声を聞く者は王座の前に連れて来られ、勝利者として完全にされた時大災害が起きるのです。終わりの日の神様の働きで清められ救われた者は生き延び神様の御国の住人となります。終わりの日の神様の働きを体験できるのは本当に祝福され幸運にも、神様の御声を聞き王座の前に連れて来られる者で、御言葉による裁きと刑罰を受けて清められ、災害の前に勝利者となり、最初に神様の物となります。そして神様は大災害を送り悪質な不信心者や神様に逆らう者はみな滅ぼされます。清められ完全にされた者は災害で神様に守られ生き延びます。主が雲に乗って目の前に現われると神様が地上の王国にお見えになり、神様の目標が達成されます。これが理解できないのは盲目としか言い様がありません。空を眺めて雲に乗って来る主を待っていた者は主が実際に雲に乗って現われた時に歯軋りして悔しがるでしょう。ヨハネの黙示録の預言にある通り「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン(ヨハネの黙示録 1:7)。災害の前に神様の声を聞かないなら王座に連れ来られることもなく、災害に呑まれ罰を受け泣き叫び歯ぎしりすることでしょう。

人を地上に造られ、サタンが人類を堕落させたのも地上です。神様が人類をお救いになるのも地上です。キリストの御国が地上に現われるまで全て地上で行われてきました。神様の御国は終わりの日に地上に建てられるのです。人類の終着点は天にはなく地上にあるのです。これは神様が決められたことです。御言葉を少し読んでみましょう。「神はもとの場所に戻り、人も各人それぞれの場所に帰る。これは神の経営が終わった後に、神と人それぞれが身を置く目的地である。神には神の目的地があり、人には人の目的地がある。神は安息の中にあっても続けて全人類が地上で生きるのを導く。神の光の中にあって、人は天の唯一の真の神を礼拝する。……人が安息に入るとは、人が真の被造物になったことを意味する。人は地上から神を礼拝し、正常な人間の生活を送る。人々はもう神に背かず、逆らわない。彼らは原初のアダムとエバの生活に復する。これが、神と人が安息に入った後の、それぞれの生活と目的地である。サタンが打ち負かされることは、神とサタンとの戦いが必然的に向かう方向である。こうして、神が経営の働きを終えた後に安息に入ることと人が完全に救われ安息に入ることは、同様に不可避的に向かう方向になる。人の安息の場所は地上にあり、神の安息の場所は天にある。人は安息の中で神を礼拝し、地上で生きる。神は安息の中で残りの人類を導く(『神の出現と働き』「神と人は共に安息へと入る」〔『言葉』第1巻〕)。経営計画を完了された時に神様と人類は休息するのだと全能神ははっきり言われています。神様の休憩所は天で人間は地上です。これは私達のために神様が用意された場所で神様の王国が地上に建てられることを意味します。何年信仰をしていてもこれがわからないなら、真理、そして主の御言葉が理解できないということでしょう?

映画『夢からの目覚め』より引用

前へ: 質問1.主イエスは約束された。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」(ヨハネによる福音書 14:2-3)主は天に私達の場所を準備され、お見えになれば、すぐ天国に引き上げてくださる。主が、お見えになったなら、なぜ聖徒たちは、まだ地上にいるのです?

次へ: 質問3.聖書にこうあります。「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。」(テサロニケ人への第一の手紙 4:17)これはどう解釈します?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

教会映画:主イエスは、十字架の上で「すべてが終った」と言われたとき、何を意味されたのでしょうか?(ハイライト)

宗教界の多くの人々はこう考える、「主イエスが十字架の上で『すべてが終った』と仰せられたということは、人類を救う神の働きは終わった証拠だ。我々は主を信じるだけで、罪を赦され、信仰によって義とされ、恵みによって救われる。主が来られれば、我々を天の御国に引き上げてくださる。更なる救いの…

キリスト教会歌と踊り「キリストの王国は人間の間で実現する」新しいエルサレムが天から下って来る

I 受肉した全能神は 終わりの日、東洋に現れる ちょうど義の太陽が昇るように 人類は真の光が現れるのを見た 威厳と愛と憐みに満ちた義なる神は 謙り人の間に隠れ 語りかけ、働き、真理を伝える 全能神は我々と顔を合わせて下さる あなたが渇望し、私が待ち望んだ神は 今実際に現れる 我々…

キリスト教会漫才「主の到来の形」聖書の預言──主イエスの再臨の奥義を明らかにする 日本語吹き替え

終わりの日、主イエスの再来を待つキリスト教徒たちの間で緊張感が高まる中、実際に主はいかにして再来されるのかという疑問が出る。「雲に乗ってお見えになる」と言う者もいるが、それに対し、再来の預言が他にもあると指摘して異議を唱える声もある。「見よ、わたしは盗人のように来る」(黙示録 1…

質問 8:宗教界では2千年間も、聖書はすべて神の霊感を受けて書かれたもので、全て神が発せられた御言葉であると信じてきました。つまり聖書は主を代弁するものだと。聖書が神様の霊感と神様の御言葉を受けて書かれたものであるという事を否定する者は間違いなく宗教界から非難され異端視されるでしょう。違いますか?

回答:宗教界では多くの人が聖書は、すべて神様の霊感を受けて書かれたもので、書いてあることは全て神様の御言葉であると信じています。これは明らかに間違った思い込みです。聖書に記されている書簡や使徒たちの経験や証言は、その著者が明らかになっています。聖書は時代を超え異なる人々によって書…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索