質問1.主イエスは約束された。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」(ヨハネによる福音書 14:2-3)主は天に私達の場所を準備され、お見えになれば、すぐ天国に引き上げてくださる。主が、お見えになったなら、なぜ聖徒たちは、まだ地上にいるのです?

解答: 主が信者の場所を準備されたというのは、おっしゃる通りです。ただ、その場所が地上にあるのか、天にあるのかは、私達には分かりません。天国は天にあると考えがちですが、それは思い込みや想像で、真実かどうか分かりませんよね?主イエスは、こう言われました。「天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように。御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。」(マタイによる福音書 6:9-10)主イエスが言われたのは、神の御国は天ではなく地上にあり、御心が天に行われる通り、地にも行われますように。ヨハネの黙示録第21章2節から3節を読みましょう。「また、聖なる都、新しいエルサレムが、……神のもとを出て、天から下って来るのを見た。……『見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして。』」ヨハネの黙示録第11章15節を。「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。主は世々限りなく支配なさるであろう。」この預言によると、「神の幕屋が人と共にあり」「新エルサレムが、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」こうあるので、神は御国を地上に造り、人類と共に住まわれるのです。この世の国は全てキリストの国となり、永遠に続くのです。思い込みや想像で、神の御国が天にあり、主が戻られた時に天に引き上げられると信じるなら、主の預言は意味が無くなりませんか?神の人類を救う経営計画の最終目的は、地上に御国を建てることです。終わりの日のキリストである全能神は、地上に勝利者の一団を作るため、人類を裁き清める働きをされます。神から救われた者は、完全にされ、勝利者となり、地上で神の御言葉を実践し、神の道に従うことができる御国の民です。この一団の勝利者ができたら、神の御心が地上で実現し、キリストの御国が地上に作られ、神の御心は栄光に輝くのです。最後に、黙示録の預言が成就します。この事実が分かりませんか?主は私達にどのような場所を用意しているのでしょう?終わりの日に私達は産まれるよう定められ、主が戻られた時にお会いし、神の清めを受け、完全にされ、神の御心を実行する勝利者になり、地上の国はキリストの国になります。それが神の御心です。神は地上に現われるのに、私達は天を眺めています。もし神に空中に上げられたとしたら、食べ物も住む場所もなく、どうやって生きるのですか?思い込みと想像の産物でしょう?主はそのような事をされますか?本気でそう思うのは、子供っぽくて、頭に霧がかかっているようなものです!

『夢からの目覚め』の映画台本から

次へ: 質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

キリスト教映画「待ち焦がれて」抜粋シーン:天国は地上にあるのでしょうか、それとも天にあるのでしょうか

主を信じる者の多くは、天国は天にあると信じています。本当にそうなのでしょうか?主のお祈りの中で、「天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように。御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。」(マタイによる福音書 6:9~10)ヨハネの黙示録には、「この世の国は、わ…

キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン:神様の国はどこにあるか

多くの人は、主が再臨される時、私たちは天に引き上げられて主に出会うと信じていますが、「神の神殿は、人と共にある」。「この世の王国は主の、そして神の遣わした救い主の国となる」。とあるように、新しいエルサレムは天より降り来ると聖書には書かれています。神の国は天にあるのでしょうか、それとも地上にあるのでし…

キリスト教会歌と踊り「神は東方へその栄光をもたらした」

1 神はイスラエルに神の栄光を与えた後 それをそこから取り去り イスラエル人とすべての人々を東方へ連れてきた 神は彼らをみな光へと導いた 彼らが再びひとつとなり、光と交わるために これからはもう光を探し求めなくてもいいように 神は求める人すべてに再び光と イスラエルの栄光を見せるだろう  見よ、神が…

質問 1:あなたは、主イエスが再臨され、その働きを行われるために受肉されたと証されていますが、私にはよくわかりません。私たちは皆、主イエスが神様の受肉であることは知っています。その働きを全うされ、十字架に磔にされ、蘇られ、すべての弟子達の前に現れられ、そして栄光に輝く霊的な体で天国へと昇天されました。まさに、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝 1:11)と、この聖書箇所にあるように、主が再臨される際に私たちに現れるのは、神様の復活した霊体であることが確認できます。終わりの日において、なぜ神様は裁きの働きを行われるために人の子として受肉されたのでしょうか? 復活された主イエスの霊体と人の子としての受肉の違いは何でしょう?

復活後の主イエスの霊体は、イエスが神様の受肉であることを証明するために現れました。それは人々の信仰を強めるためでした。すなわち、神様の霊体は働きを行わずに、姿を示されただけです。神様は普通の人として受肉されなければ、人の間で働き、人類の贖いと救いを行うことはできません。ですから、神様が終わりの日の裁きで人類を救われたいなら、最大の効果を得るため、人間として受肉され働かれるでしょう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索