第九十章

盲目の者たちは全員わたしから去らなければならない。一時もわたしのところに留まっていてはならない。というのは、わたしが欲するのは、わたしを知ることができる者、わたしを見ることができる者、わたしからすべてのものを得ることができる者だからだ。そして、わたしから本当にすべてのものを得ることができるのは誰か。確かにこの種の人間は極めて少ないが、彼らは必ずわたしの祝福を受けるだろう。わたしはこれらの人々を愛している。そしてわたしは彼らを一人ずつ選び出して、わたしの右腕、わたしの現われとする。わたしは、すべての国と民族が絶え間なくわたしを賛美し、これらの人々のために歓呼し続けるようにする。ああ、シオンの山よ。勝利の旗を掲げ、わたしのために歓呼せよ。わたしは宇宙と地の隅々を渡り歩き、山や川、そしてすべてのものの隅々まで歩き尽くしたあと、再びここに戻って来るからである。わたしは義と、裁きと、怒りと炎と、それ以上に、わたしの長子たちと共に、勝利のうちに帰って来る。わたしが嫌悪するすべてのもの、またわたしが忌み嫌うすべての人間と物事をわたしは遠くへ投げ捨てる。わたしは勝利し、わたしがしたいことをすべて完了した。わたしが働きを完了していないなどと言うのは誰か。わたしがわたしの長子たちを得なかったなどと言うのは誰か。わたしが勝利のうちに戻って来なかったなどと言うのは誰か。彼らは確かにサタンの類であり、彼らがわたしの赦しを得るのは極めて難しい。彼らは盲目であり、汚れた悪魔であるので、わたしは彼らを最も嫌悪する。これらのことについて、わたしはわたしの怒りとわたしの裁きの全容を現し始め、わたしの燃える火を通して、宇宙と地の端から端まで火を付け、その隅々まで照らす──これがわたしの行政命令である。

いったんわたしの言葉を理解したら、あなた方はそれらから慰めを得るべきである。不注意にそれらをやり過ごしてはならない。裁きの言葉は日々下っているのに、あなた方はどうしてそんなに頭が鈍く麻痺しているのか。なぜわたしと協力しないのか。あなた方はそんなに地獄へ行きたいのか。わたしはわたしの長子、わたしの子ら、そしてわたしの民にとって憐みの神であると言っているが、あなた方はこれをどのように理解しているのか。これは単なる声明ではなく、肯定的な観点から理解されるべきである。ああ、盲目な人類よ。わたしはあなた方を何度も救い、わたしの約束を得ることができるように、サタンの手と刑罰から助け出した。それでは何故、あなた方はわたしの心に何の配慮も示さないのか。あなた方のうち誰かこのように救われることができるのか。わたしの義、威厳、裁きはサタンに何の憐みも示さない。しかし、あなた方にとって、それらはあなた方を救うためのものである。それなのに、あなた方はわたしの性質を理解することができず、またわたしの行動の背後にある原則も知らない。あなた方はわたしがわたしの行動の厳しさやその目標に注意を払わないで行動すると思っていた──何と無知なことか。わたしはすべての人々、出来事、物事をはっきりと見ることができるのだ。わたしはそれぞれの人間の本質を完全明瞭に理解している。つまり、わたしは人間が心のうちに抱いていることを完全に見透かしている。わたしはその人がイゼベルか売春婦であれば、明確に見ることができ、誰が隠れたところで何をしているのか知っている。わたしの前にあなたの魅力を見せびらかすな──惨めな者よ。今すぐここから出て行け。わたしの名に恥をもたらしてはならないので、わたしはそのような人間には用はない。彼らはわたしの名を証することはできないどころか、非生産的に行動し、わたしの家族に恥をもたらす。彼らはわたしの家から直ちに追放されるべきである。わたしは彼らを欲しない。わたしは一秒の遅れも許さない。それらの人々にとっては、彼らがどう求めようが、それは無駄である。わたしの国では、すべてが聖なるものであり、いかなる傷もないからである。わたしの民も含めて、誰かを欲しないとわたしが言うなら、わたしの言うとおりなのだ。わたしが心を変えるのを待ってはいけない。以前あなたがわたしにどれほど良くても、わたしは気にかけない。

わたしは日々あなた方に奥義を明らかにする。あなた方はわたしの話す方法を知っているか。わたしは何に基づいてわたしの奥義を明らかにするのか。あなた方は知っているか。あなた方はしばしば、わたしは時に適ってあなた方に施す神であると言うが、あなた方はどのようにこれらの側面を理解しているか。わたしは、わたしの働きの段階に従って、わたしの奥義をあなた方に一つずつ明らかにする。また、わたしはわたしの計画に従ってあなた方に施し、さらに、あなた方の実際の霊的背丈に応じてあなた方に施す(施すことは、神の国の各人に関連して言及されている)。わたしの話す方法はこうである。わたしの家の人々には、わたしは慰めを与え、わたしは彼らのために施し、わたしは彼らを裁く。わたしはサタンには憐みを示さず、すべてが怒りであり、炎である。わたしは、わたしの行政命令を用いて、わたしが予め定めなかった者たち、あるいは、選ばなかった者たちを一人ずつわたしの家から放り出すであろう。不安になる必要はない。わたしが彼らに彼らの本来の姿を露わにさせた後(彼らが最後にわたしの子らのために奉仕した後)、彼らは底なしの穴に戻る。そうでなければ、わたしは決してこの事を収束させることができないし、手を緩めることもできない。人々はしばしば地獄やハデスのことを口にする。しかし、これらの二つの言葉は何を意味しているのか。また、二つの違いは何であるのか。本当にそれらはどこかにある冷たくて暗い片隅を意味しているのか。人間の心は常にわたしの経営を妨害し、自分の気ままな考えがかなり良いと思っている。しかし、それらはすべて人間独自の想像である。ハデスと地獄の両方は、以前サタンや悪霊が住んでいた汚れた宮を指している。すなわち、以前サタンや悪霊によって占領された者は誰でも、彼ら自身がハデスであり、地獄なのである──これに間違いはない。だからわたしは、過去に繰り返し、汚れた宮には住まないと強調したのである。わたし(神自身)がハデスや地獄に住めるだろうか。それは理不尽な戯言ではないか。わたしはこのことを何度も言ったが、あなた方はまだわたしの言う意味を理解していない。地獄に比べると、ハデスはサタンによってもっとひどく堕落している。ハデスに行く者たちは最も深刻な例であり、わたしはただこれらの人々を予め定めなかった。地獄に行く者たちは、わたしが予め定めた人々だが、彼らは取り除かれた。簡単に言えば、わたしはこれらの人々のひとりさえ選ばなかったのだ。

人々はしばしば自分がわたしの言葉を誤解する専門家であることを露わにしている。わたしが少しずつ、はっきりと指摘して明確にしなかったならば、あなた方のうちの誰が理解するのだろうか。あなたはわたしが話す言葉でさえも半分しか信じておらず、以前言及されなかったことは、決して気に留めようともしない。現在、あらゆる国で内部紛争が始まった。指導者と争う労働者、教師と争う学生、国家幹部と争う市民──動乱を引き起こすこれらすべての暴動が、まず初めに各国で起こる。そして、そのすべてはわたしへの奉仕の一部に過ぎないのである。なぜわたしは、それがわたしへの奉仕だと言うのだろうか。わたしは人々の不幸を喜んでいるのか。わたしは無頓着に座っているのか。決してそんなことはない。なぜなら、これはサタンが瀕死の苦しみの中で攻撃しているであって、否定的な面で、これはわたしの力のために引き立て役の役目を果たし、わたしの奇しき業のために引き立て役となっているのである。それはすべてわたしに対する力強い証しであり、サタンを攻撃するための武器である。ちょうど世界のすべての国々が領土と勢力をめぐって争っているとき、わたしの長子たちとわたしは王として統治し、それらの国々を処分する。そして、これらの悲惨な環境条件の下でわたしの国が完全に人間の間に実現されるということは、彼らの想像をはるかに超えている。さらに、彼らが権力をめぐって争い、他の人たちを裁くことを望んでいるとき、他の人たちは彼らを裁き、彼らはわたしの怒りによって燃え尽きるのだ──何と哀れなことか。何と哀れなことか。わたしの国は人間の間に実現される──これは何と栄光ある出来事であるか。

人間であれば(わたしの国の民であろうと、サタンの子孫であろうと)、あなた方は皆、わたしの奇しき業を見なければならない。さもなければ、わたしは決してこのことを収束させることはできない。たとえあなたが進んでわたしの裁きを受け入れても、あなたがわたしの奇しき業を見ないのであれば、それはまだ十分でない。すべての人々は、心と言葉と視覚によって確信しなければならず、誰にも逃れることは許されない。すべての人々はわたしに栄光を帰さなければならない。最終的には、わたしは赤い大きな竜さえ立ち上がらせ、わたしの勝利を讃美させる。これがわたしの行政命令である──あなたはそれを憶えておくか。すべての人々はわたしをいつまでも賛美し、わたしに栄光を帰さなければならない。

前へ: 第八十九章

次へ: 第九十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたは誰に忠実なのか

現在、あなたがたが過ごしている日々は決定的である。それはあなたがたの終着点と運命にとってこの上なく重要である。そのため、今日もっているものすべてを大切にし、過ぎゆく一瞬一瞬を大切にしなければならない。この生涯を無駄に生きたことにならないように、可能な限りの時間を作り出し、最大の成…

神は全人類の運命を支配する

人類の一員として、また敬虔なクリスチャンとして、神が委ねる任務を全うするために心と体を捧げるのは私たちすべての責任であり、義務である。なぜなら私たちの全存在は神から来たものであり、神の統治のおかげで存在しているからである。私たちの心と体が神の委ねる任務のためでも、人類の義なる目的…

唯一無二の神自身 3

神の権威(2) 本日は、引き続き「唯一無二の神自身」について説教します。この主題について、これまで既に2回にわたって説教しました。1回目は神の権威に関するもの、2回目は神の義なる性質に関するものでしたね。これら2回の話を聞いて、あなたがたは神の身分、地位、そして本質について新たな…

千年神の国は訪れた

この一団に神が行おうとしている働きが何かを見ただろうか。千年神の国にあってもなお、人々は神の言葉に従い続けなければならず、将来も神の言葉はカナンの良き地で人々の生活を直接導くであろうと、かつて神は言った。モーセが荒野にいたとき、神は直接彼に指示を与え、語った。神は天から人々に食べ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索