第九十八章

あらゆることがあなたがた一人ひとりの上に臨み、それらによってあなたがたはわたしについてもっと知り、より確信するだろう。それらによって、あなたがたは唯一の神自身であるわたしを知り、全能者であるわたしを知り、受肉した神自身であるわたしを知るだろう。その後、わたしは肉から出てシオンに戻り、わたしの住まい、わたしの目的地であるカナンの良い地に戻るだろう。それは、そこからわたしがすべてのものを創造した基礎である。あなたがたのうち誰もわたしが言っている言葉の意味を理解していない。これらの言葉の意味を理解できる人間は一人もいない。すべてがあなたがたに明らかにされたとき初めて、あなたがたはなぜわたしがこれらの言葉を言っているのか理解する。わたしは唯一の神自身であるので、わたしは世に属しておらず、宇宙にさえ属していない。宇宙世界全体はわたしの手の中にあり、わたし自身がそれを司っている。そして、人々はただわたしの権威に従い、わたしの聖なる名を口にし、わたしのために歓呼し、わたしを讃美するだけである。徐々にすべてのことがあなたがたに明らかにされるだろう。何も隠されてはいないが、あなたがたはまだわたしの話し方、またわたしの言葉の調子を理解できないだろう。わたしの経営(救いの)計画がいったい何であるかまだ分からないだろう。だから、わたしが言ったことで、あなたがたが理解していないことすべてについては、後であなたがたに教えよう。なぜなら、わたしにとってはすべてが単純明快であるが、あなたがたにとっては、それは極めて難しく、あなたがたはそれを全く理解しないからである。それゆえ、わたしは話す方法を変え、わたしが話すときは、物事を繋ぎ合わせることはせず、それぞれの点を明確にする。

死者の中からの復活とはいったいどういうことであるのか。それは肉において死んで、死後に体の中に戻ることだろうか。これが死者の中からの復活と呼ばれているのだろうか。これはそれほど単純であるのか。わたしは全能なる神である。あなたはこれについて何を知っているのか。あなたはこれをどのように理解するのか。わたしの最初の受肉の間の死者の中からの復活は、本当に文字通りの意味に取ることができるだろうか。その過程は本当に文字で記載されている通りだったのだろうか。もしわたしが率直に話さず、明確に語らなかったら、誰もわたしの言葉の意味を理解することはできないだろう、とわたしは言った。時代を通じて、死者の中からの復活がそのようであったと思わなかった者は一人もいない。世界の創造以来、誰もその真の意味を理解したことはない。わたしは本当に十字架に釘付けにされたのであろうか。そして死後、わたしは墓から出てきたのであろうか。本当にそのようであったのか。これは本当に真実であろうか。幾時代にも渡って、誰一人このことについて尽力したことがなく、誰もこのことからわたしを知ることはなく、それを信じていない者はひとりもおらず、誰もがこれを正しいと思っている。彼らは、わたしの一つひとつの言葉には秘められた意味があることを知らない。それでは、死者の中からの復活とは正確には何であるのか。(近い将来、あなたがたはこれを体験するので、それについて事前に言っておこう。)すべての造られたものは、死ぬよりもむしろ生きたいと思っている。わたしの観点から見れば、肉の死は本当の死ではない。わたしの霊が人から取り戻されると、その人は死ぬ。それゆえに、わたしはサタンによって堕落させられたすべての悪魔たち(信仰のない者、すべての未信者)を死者と呼ぶ。世界の創造以来、わたしは自分の霊を、わたしが選んだすべての者に与えてきた。しかし、創造に続く段階の後、人々はある期間、サタンによって占拠された。だからわたしは去り、人々は苦しみ始めた(言われているとおり、わたしが受肉し、十字架に釘付けにされたときに耐えた苦しみである)。しかし、わたしが予め定めていた時(わたしが人々を見捨てることが終わった時)には、わたしが予定した人々を取り戻し、わたしはもう一度あなたがたのうちにわたしの霊を宿らせ、あなたがたを生き返らせた。これを「死者の中からの復活」と言うのだ。今、本当にわたしの霊の中に生きている者たちは皆、すでに超越しており、彼らはみな体の中で生きている。しかし、間もなくあなたがたは皆、自分の考え方を棄て、自分の観念を棄て、この世のすべてのしがらみを振り捨てるだろう。しかし、それは、人々が想像するような、苦しみの後で死者の中から甦ることではない。あなたがたが今生きていることは、体の中に生きるための前提条件であり、それは霊の世界に入るために必要な道である。わたしが言う普通の人間性を超越することとは、家族も、妻も、子供も、何の人間的な必要もないことを意味する。それは、ただわたしの姿を生きることに集中し、わたしの中に入ることに集中し、また、わたし以外のことは考えないようにすることである。あなたが行くところはどこでもあなたの家であるということ、これが普通の人間性を超越するということである。あなたがたはそれらのわたしの言葉を全く誤解している。あなたがたの理解はあまりにも浅過ぎる。正確に言って、わたしはすべての国々とすべての人々に、どのように現れるのか。今日の肉としてか。違う。その時が来ると、わたしは宇宙のすべての国々でわたしの体として現れるだろう。外国人があなたがたの牧養を必要とする時はまだ到来していない。その時になると、あなたがたは肉から出て、彼らを牧養するために体の中に入ることが必要となるだろう。これは真実であるが、人々が想像している「死者の中からの復活」ではない。定められた時に、あなたがたは知らないうちに肉から出て、霊の世界に入り、すべての国々をわたしと共に支配する。今はまだその時ではない。わたしがあなたがたに肉の中にいることを望むときは、あなたがたは肉の中に留まるのだ(わたしの働きの必要に応じて、あなたがたは今考えなければならない。あなたがたはまだ肉の中で生きなければならない。そして、わたしの段階にしたがって、肉の中で行う必要があることをまだ為すべきである。消極的待っていてはならない。それは物事を遅らせることになるからだ)。あなたがたが教会の牧者として体の中で行動することをわたしが必要とするとき、あなたは肉から出て、あなたの考え方を棄て、完全にわたしに拠り頼んで生きるであろう。わたしの力を信じ、わたしの知恵を信じなさい。すべてのことはわたしによって直接為される。あなたがたはただ楽しみにして待っていればよいのだ。すべての祝福があなたがたのところに来るだろう。そして、あなたがたは尽きることなく、どこまでも与えられるだろう。その日が来ると、あなたがたはわたしが何を原則としてこれを行うかを理解するだろう。あなたがたはわたしの素晴らしい業を知り、わたしがどのようにして長子たちをシオンに帰らせるかを理解するだろう。これは本当にあなたがたが想像するほど複雑ではないが、また、あなたがたが思うほど単純でもない。

わたしがこのように話すと、あなたがたはなおさらその背後にあるわたしの目的を把握することができず、さらに混乱することをわたしは知っている。あなたがたはそれをわたしが前に言ったことと混同し、その結果、何も理解することができなくなり、そこが行き止まりのように見えるだろう。しかし、心配することはない。わたしはあなたがたにすべてを教えよう。わたしが言うことにはすべて意味がある。わたしは存在するものを無に帰することができ、無から多様なものを作り出すことができる、とわたしは言った。人間の想像では、肉から体に入るには、人は死者の中から復活しなければならない。過去にわたしはこの方法を使い、わたしの最も大いなる奇跡を現したが、今日は過去のようではない。わたしは直接あなたがたを肉から体へと連れて行く。これはさらに大いなるしるしと奇跡ではないのか。これはわたしの全能のさらに大きな現れではないのか。わたしにはわたしの計画があり、わたしの意図がある。わたしの手中にない者がいるだろうか。わたしは働き、わたしは知っている。今日のわたしの働く方法は、結局、過去のものとは異なっている。わたしは時代の変化に応じてわたしの働く方法を調整する。わたしが十字架に釘付けにされた時、それは恵みの時代であったが、今は最後の時代である。わたしの働きのペースは加速している。それは過去と同じスピードではなく、過去よりも遅いことなどはなく、むしろ過去よりもはるかに速いのである。ただ、それを言い表す方法はない。多くの複雑な過程はまったく必要ない。わたしは自由に何でもすることができる。どのようにわたしの旨が成就されるのか、また、どのようにあなたがたを完全にするのかを決定するためには、わたしの権威の一言だけで十分であるということは、本当ではないか。わたしの言うすべてのことは必ず行われる。わたしは過去にしばしば、わたしは苦しむであろうと言った。そして、わたしは、わたしが以前耐えた苦しみについて、人々が話すのを許さなかった。そのことについて話すことは、わたしへの冒涜であった。それは、わたしが神自身であり、わたしにとっては、苦難はないからである。あなたがこの苦しみに言及すると、それは人々を泣かせるのである。わたしは、将来には何の嘆きも涙もないと言った。それは、この側面から説明されるべきであり、それによって、わたしの言葉の意味を理解することができる。「人間はどうしてもこの苦しみに耐えられない」という言葉の意味は、わたしは人間のすべての観念や考え方から脱することができ、肉の感情から脱し、世俗的である一切の痕跡から脱し、肉と決別することができ、そして、誰もがわたしに反論しているときでさえ、立ち続けることができるということである。これはわたしが唯一の神自身であることを証明するに十分である。わたしは言った。「すべての長子は、肉から霊の世界へ入らなければならない。これは、王としてわたしと共に支配するために歩まなければならない道である。」この文の意味は、あなたが過去に想像したことに遭遇するとき、あなたがたは正式に肉から出て体に入り、正式にその諸侯と王たちを裁き始めるということである。彼らはこの時に起こることに基づいて裁かれるだろう。しかし、それはあなたがたが想像するほど複雑ではなく、一瞬の内に行われるだろう。あなたがたは死から甦る必要はなく、苦しむ必要さえないだろう(なぜなら、地上でのあなたがたの苦しみや困難はすでに終わっており、わたしは、その後はもはやわたしの長子たちを取り扱うことはないだろうと既に言ったからである)。言われてきたように、あなたがたが知らないうちに霊の世界に入るという事実において、長子らは自分の祝福を享受する。なぜわたしは、これがわたしの憐みと恵みであると言うのだろうか。もし人が、死者の中から甦った後にしか霊の世界に入れないなら、それは憐みと恵み豊かというものからは程遠いであろう。だから、これはわたしの憐みと恵みの最も明らかな表現であり、それはさらに、人々へのわたしの予定と選びを現している。わたしの行政命令がどれほど厳格であるかを示すだけで十分である。わたしは、わたしが望む者には、誰にでも恵み深く、誰にでも憐み深いであろう。誰も競ったり争ったりしてはならない。わたしはこのすべてを決定するであろう。

人々はそれを理解することができず、彼らは呼吸ができなくなるまで自分自身に圧力をかけるが、それでも依然として自分自身を束縛する。人々の思考は本当に限られているので、人間の思考や観念を取り除かなければならない。それゆえ、わたしはすべてを支配し、すべてを管理するために、肉から出て霊の世界に入らなければならない。これがすべての人々とすべての国々を支配し、わたしの旨を成就する唯一の方法である。それはもう遠くない。あなたがたはわたしの全能に対する信仰を持っておらず、わたしという人間を知らない。あなたは、わたしがただの人間だと思い、わたしの神性を全く見ることができない。物事は、いつでもわたしが完成を望むときに、完成される。必要なのは、わたしの口から出る言葉だけである。あなたがたは、わたしが最近言ったことの中のわたしの人性の側面とわたしの一つひとつの行動に注意を払っただけであるが、わたしの神性の側面には注意を払ったことがない。つまり、あなたがたは、わたしも思考や観念を持っていると思っている。しかし、わたしはすでに、わたしの思い、考え、心、わたしの一つひとつの動き、わたしがしていること、わたしが言っていることのすべては神自身の完全な現れであると言った。あなたがたはこれらすべてを忘れたのか。あなたがたはみな混乱した人たちである。あなたがたはわたしの言葉の意味を理解していない。わたしは、わたしが言ったことから、わたしの普通の人性の側面をあなたがたに見せたが(わたしは、わたしの日常生活、また現実の中で、わたしの普通の人性をあなたがたに見せた。それは、あなたがたがまだ、わたしがこの期間に言ったことから、わたしの普通の人性の側面を理解していないからである)、それでもなお、あなたがたはわたしの普通の人性を理解しない。そして、ただわたしの不利になるようなことを何か探し出そうとし、わたしの前でほしいままにふるまっている。あなたがたは盲目である。あなたがたは無知である。あなたがたはわたしを知らない。わたしがこんなにも長い間話してきたのは無駄であった。あなたがたはわたしを全く知らない。あなたがたは、どうしてもわたしの普通の人間性を完全なる神自身の一部分と見なさない。どうしてわたしは怒らずにおられようか。どうしてわたしは再び憐み深くすることができようか。これらの不服従の子らには、わたしの怒りでしか対応できない。あなたは何とずうずうしく、何とわたしをしらないことか。あなたはわたしという人間が間違ったことをしたと思っている。わたしが間違えることなどあろうか。わたしがいい加減にどんな肉でも選んで取るであろうか。わたしの人性とわたしの神性は完全な神自身を構成する切り離すことのできない二つの部分である。今あなたがたはこれについて完全明瞭に理解すべきである。わたしはすでに、言うべきことはすべて言った。もうこれ以上は説明しない。

前へ: 第九十七章

次へ: 第九十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

信仰においては現実に焦点を合わせなければならない——宗教的儀式を行うことは信仰ではない

あなたは宗教的慣習をいくつ守っているだろうか。神の言葉に逆らって、自分の道に行ってしまったことが何回あるだろうか。神の重荷を真に考慮し、神の旨が成就されることを求めて、神の言葉を実行したことが何度あるだろうか。神の言葉を理解して、それを実行に移しなさい。すべての行動と行いに原則を…

神への真の愛は自発的なものである

すべての人々は、神の言葉によって精錬を受けている。神が受肉していなかったなら、人類はそのような苦しみにあずかるという祝福を受けることなどなかっただろう。言い換えれば、神の言葉による試練を受け入れることができる人々は、みな祝福されている。人々はその元来の素質、行動、そして神に対する…

第二十四章

わたしの刑罰はすべての人間に下るが、それはまた、すべての人間から遠いままである。すべての人の生活全体は、わたしへの愛と憎しみで満たされているが、誰一人、わたしを知らなかった。そこで、人間のわたしへの態度は熱くも、あるいは冷たくも吹き、普通の状態であることがない。しかし、わたしはい…

第十章

結局のところ、神の国の時代は過去の時代と異なっている。それは人間の行いとは関係ない。むしろ、わたしが地上に降りて自ら働きを行ったのであり、それは人には理解できず、成し遂げるのも不可能なことである。世界の創造以来長年にわたり、その働きはひとえに教会の建設に関するものだったが、神の国…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索