第九十九章

わたしの働きのペースは加速しているので、誰もわたしの歩みに追いつくことができず、わたしの心を見通すことはできないが、これが進むべき唯一の道である。これは、すでに述べられた「死からの復活」という語句における「死」である(それは、わたしの旨を把握することができず、わたしの言葉からわたしが意味することを理解することができないことを意味する。これは「死」のもう一つ別の説明であって、「わたしの霊によって見捨てられる」ことを意味するのではない)。あなたがたとわたしがこの状態から体に移行するとき、死者の中から復活するということの本来の意味が成就するだろう(つまり、これが死者の中からの復活の本来の意味である)。さて、あなたがたの状態は次のようである。あなたがたはわたしの旨を把握することができず、わたしの足跡を見つけることができない。さらに、あなたがたは、自分の霊の中で静まることができないので、心に不安を感じている。このような状態はまさに、わたしが言及した「苦しみ」であり、人々が耐えられないこの苦しみの中、あなたがたは一方で自分の将来のことを考え、もう一方では、あらゆる方向から放たれて自分たちを撃っている、わたしの燃え尽くす炎と裁きを受け入れている。それに加えて、あなたがたは、わたしが話す調子や話し方では、何の規則も理解することができず、また一日の言葉の中には、いくつかの種類の口調があるので、あなたがたは非情に苦しんでいる。これらはわたしの働きの段階である。これはわたしの知恵である。将来、あなたがたはこの点においてより大きな苦みを体験するだろう。そのすべては、偽善的な人々をみな露わにするためのものである―今これを明瞭にすべきである。わたしはこのように働くのである。このような苦しみに励まされ、死に等しいこの苦痛を経験した後、あなたがたは別の領域に入る。あなたは体に入り、わたしと共にすべての国々とすべての人々を治めるだろう。

何故わたしは最近、より厳しい口調で話しているのだろうか。何故わたしの口調は頻繁に変わり、わたしの働きの方法も頻繁に変わったのか。これらのことの中には、わたしの知恵があるのだ。わたしの言葉は、(わたしの言葉が成就されると信じているかどうかにかかわらず)この名を受け入れたすべての者のために語られる。だから、誰もがわたしの言葉を聞き、見るべきであり、それらの言葉は抑圧されるべきではない。わたしにはわたしの働き方があり、わたしには知恵があるからだ。わたしは、わたしの言葉を使って人々を裁き、人々を露わにし、人間の本性を暴露する。そうして、わたしは選択しておいた者たちを選び出し、それによって、わたしが予定、または選択していない者たちを排除する。これはすべてわたしの知恵であり、わたしの働きの不思議である。これはまさに、わたしの働きのこの段階おける方法である。人々の間で、わたしの旨を把握できる者が誰かいるだろうか。人々の中には、わたしの重荷を考慮できる者が誰かいるだろうか。働きを為している者はわたし、つまり神自身である。あなたがたがこれらのわたしの言葉の意義を完全に理解する日が来るだろう。そして、あなたがたは、わたしが何故これらの言葉を話そうとするのかを、完全に明確に理解するだろう。わたしの知恵は終りがなく、無限で、計り知れないものであり、人間には絶対に見通すことができない。彼らは、わたしがすることからその一部だけを見ることができるが、彼らに見えるものはまだ欠陥があり、まだ不完全である。あなたがたがこの段階から次の段階に完全に移行したら、それをはっきりと見ることができるだろう。覚えておきなさい。今は最も大切な時代である―それはあなたがたが肉の中いる最後の段階である。現時点のあなたがたの生活は、あなたがたの肉体における生活の最後である。あなたがたが肉から霊の世界に入ると、その時すべての苦痛はあなたがたを離れる。あなたがたは大いに喜び、歓喜し、止むことなく喜びながら跳び上がるだろう。しかし、あなたがたは、わたしが話すこれらの言葉は、長子たちだけに向けられたものであることをはっきりと知っておくべきである。何故なら、この祝福に値するのは長子だけであるからだ。霊の世界へ入ることは、最大の祝福、最高の祝福、そして最も価値のある楽しみである。今あなたがたが得ている食べ物、着る物は、肉の快楽に過ぎず、またそれは恵みであり、わたしはそれを全く考慮しない。わたしの働きの焦点は、次の段階(霊の世界に入り、宇宙世界に向かうこと)に絞られている。

赤い大きな竜がすでにわたしによって投げ倒され、打ち砕かれた、とわたしは言った。どうしてあなたがたはわたしの言葉が信じられないのか。何故あなたがたは、今なお、わたしのために迫害と逆境に耐えることを望むのか。これは払う必要のない代価ではないのか。わたし自らが働いている間、あなたがたはただ楽しむだけでよい、とわたしは何度もあなたがたに思い出させたではないか。何故あなたがたは行動を起こそうと、そんなに躍起になっているのか。本当にあなたがたは楽しみ方を知らない。わたしはあなたがたのためにすべてのことを完全に準備した。何故あなたがたは誰もわたしのところに来てそれを取らないのか。あなたがたはわたしが言ったことについて、まだはっきりと分かっていない。あなたがたはわたしを理解していない。あなたがたは、わたしが中身の無い社交辞令を言っていると思い、本当に混乱している。(わたしが言っている完全な準備とは、わたし自らが働いて、わたしに反抗するすべての者を呪い、あなたがたを迫害するすべての者を罰する間、あなたがたがわたしのことをもっと見上げて、わたしの前でもっと祈るべきであることを意味する。)あなたがたはわたしの言葉について何も分かっていない。わたしは、あなたがたにわたしのすべての奥義を明らかにしているが、あなたがたのうちの何人が本当にそれらを理解しているだろうか。あなたがたのうちの何人がそれを深く理解しているか。わたしの玉座とは何であるのか。わたしの鉄の鞭とは何であるか。あなたがたの中の誰が知っているだろうか。わたしの玉座が言及されるとき、ほとんどの人たちは、それはわたしが座っている場所であると思うか、それがわたしの住んでいる場所、あるいはわたし自身、わたしという人間を指していると思う。これらはすべて間違った理解である―彼らはまったく無茶苦茶に混乱している。正しい者は一人もいないではないか。あなたがたは皆このようにしか理解せず、把握しない―これは単に、この上なく偏った理解である。権威とは何であるのか。権威と玉座との関係は何であるか。玉座とはわたしの権威である。わたしの長子たちがわたしの玉座を高く掲げる時、それはわたしの長子たちがわたしから権威を受ける時である。わたしだけに権威があるので、わたしだけが玉座を持っているのだ。言い換えれば、わたしと同じような苦しみを受けた後、わたしの長子たちはわたしの存在そのものとわたしの持っているものを受け入れ、わたしからすべてを受け取る。そしてこれが、彼らが長子の地位を得る過程である。それは、わたしの長子たちがわたしの玉座を高く掲げる時となり、また、彼らがわたしから権威を受け入れる時となるであろう。今あなたがたはこれを理解すべきである。わたしが言うすべてのことは、はっきりしており、曖昧さが全くないので、誰もが理解できる。自分の観念を脇に置き、わたしがあなたがたに現す奥義を待って受け入れなさい。それでは、鉄の鞭とは何であるのか。それは、前の段階では、わたしの厳しい言葉を意味したが、今は過去とは異なる。今、鉄の鞭とは、権威を担う大きな災害であるわたしの業を指している。だから鉄の鞭に言及するとき、それは権威と繋がっている。鉄の鞭の本来の意味は大きな災害を指している―それは権威の一部である。誰もがこれをはっきりと見なければならない。そして、このようにしてのみ、彼らはわたしの旨を把握し、わたしの言葉から啓示を受けることができるのだ。誰であれ聖霊の働きを持っている者は、その手に鉄の鞭を持っており、その人こそ権威を持ち、どの大きな災害でも引き起こす権利を持つのである。これはわたしの行政命令の一項目である。

すべてがあなたがたには開かれており(これはすでに明確に指摘された部分を指している)、すべてがあなたがたから隠されている(これはわたしの言葉の秘められた部分を指している)。わたしは知恵によって語る。わたしは、あなたがたにわたしの言葉のいくつかの文字通りの意味だけを理解させる一方、他の言葉の意味も理解させる(しかし、ほとんどの人たちは理解できない)。何故なら、これはわたしの働きの順序だからである。わたしは、あなたがたがある霊的背丈に達したときにのみ、わたしの言葉の本当の意味をあなたがたに伝えることができる。これがわたしの知恵であり、これらはわたしの不思議な業である(それはあなたがたを完全にするため、また、サタンを徹底的に打ち負かして、悪魔を辱めるためである)。あなたがたは、別の領域に入るまでは、完全に理解できるようにはならないだろう。わたしはそれを、このように行わなければならない。何故なら、人間の観念では、人々が簡単には解明できない多くのことがあるからであり、たとえわたしが明確に話しても、あなたがたは依然として理解しないだろう。結局のところ、人々の頭脳は限られており、あなたがたが霊の世界に入った後にしか、わたしがあなたがたに伝えることができないことがたくさんあるのだ。さもなければ、人間の肉はその働きには向いておらず、これはわたしの経営に干渉することしかできない。これが、わたしの言う「わたしの働きの順序」の真の意味である。あなたの観念で、あなたはどれくらいわたしを理解しているのか。あなたの理解は完璧であるのか。それはあなたが霊において持つ認識か。したがって、あなたがたがわたしの働きを完了し、わたしの旨を行うようになるためには、わたしはあなたがたを別の領域に移行させなければならない。では、この別の領域とはいったい何であるのか。それは本当に人々が考えるような、一種の超越的な光景であるのか。それは本当に見ることも、感じることもできないが、存在する空気のようなものであるのか。わたしが言ったように、身体の中にいる状態とは、肉と骨、姿と形をもつ状態である―それは実体のあるものである。これは絶対に真実であり、疑う余地がなく、誰もが信じなければならない。これが体の中の真の状態である。さらに、体の中には人々が憎む物はない。しかし、この状態は正確に言うと、どのようなものであるか。人々が肉体から体に移るとき、大きな一群が現れなければならない。すなわち、彼らは肉の家を後にするのである。そして、それぞれが自分の種類に従うだろうと言うことができる。肉は肉と共に集まり、体は体と共に集まる。今や自分の家、両親、妻、夫、息子、そして娘から決別する者たちは、霊の世界に入り始める。最終的に、それはこうである。長子たちが共に集まり、歌って踊り、わたしの聖なる名を賛美し、歓呼しているのが、霊の世界の状態である。そして、これは美しく、常に新しい光景である。すべての者はわたしの愛する子らであり、永遠に絶え間なくわたしを賛美し、永遠にわたしの聖なる名を高く掲げるのだ。これが霊の世界へ入った後の状態であり、これはまた、霊の世界に入った後の働きであり、わたしが言った状態でもあり、霊の世界で教会を牧会する状態である。さらにそれは、わたしの本質が宇宙のあらゆる国と、すべての国々と人々の間で、わたしの権威、怒り、わたしの裁きを帯びて現れ、さらには鉄の鞭を振るってすべての国々とすべての民を支配することである。このことは、すべての人々と全宇宙の中で、わたしへの証しをする。それは、天と地を震わせ、山々と川と湖と地の果てにいるすべての民とすべてのものにわたしを賛美させ、わたしに栄光を帰すようにさせ、また、万物の創造主であり、すべてを導き、すべてを管理し、すべてを裁き、すべてを成し遂げ、すべてを罰し、すべてを破壊する唯一の神自身であるわたしを知らしめる。つまりこれこそが、わたしの本質の現れなのである。

前へ: 第九十八章

次へ: 第百章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

堕落した人間は神を体現できない

人は常に闇のとばりに覆われて、サタンの影響にとらわれたまま、逃れることができずに生きてきた。その性質はサタンに操られて、ますます堕落している。人は常に堕落したサタン的な性質の中に生きており、真に神を愛することができないのだと言える。そのため神を愛したいと願うなら、独善、自尊心、高…

神への真の愛は自発的なものである

すべての人々は、神の言葉によって精錬を受けている。神が受肉していなかったなら、人類はそのような苦しみにあずかるという祝福を受けることなどなかっただろう。言い換えれば、神の言葉による試練を受け入れることができる人々は、みな祝福されている。人々はその元来の素質、行動、そして神に対する…

第三十八章

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が存続できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の腐敗に基づいて考えると、神の霊の導きがなければ、人が今日生…

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索