全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第九十五章

実際にはそうではないのに、人々はすべてのことは極めて簡単であると考えている。すべてことの中には、隠された奥義があり、またわたしの知恵と采配が含まれている。細部のひとつさえ見過ごされず、すべてはわたし自身によって定められている。大いなる日の裁きは、わたしを心から愛さないすべての者に降りかかり(覚えておきなさい。大いなる日の裁きは、この名を受けるすべての者に向けられる)、彼らは泣いて歯ぎしりするようになる。この嘆きの声はハデスと地獄から来る。それは人々が泣いているのではなく、悪魔たちである。この嘆きと、わたしの経営(救いの)計画における人々への最終的な救いとをもたらすのはわたしの裁きである。以前わたしは何人かの人たちにある程度希望を持っていた。しかし、今見ていると、わたしはこれらの人々を一人ずつ見捨てなければならない。それは、わたしの働きがこの段階に達し、それは誰にも変えることのできないことだからである。わたしの長子でもわたしの民でもない者はみな見捨てられ、ここから出て行かなければならない。中国では、わたしの長子とわたしの民を除けば、他のすべての者は赤い大きな竜の子孫であり、投げ捨てられるべきであることを、あなた方は理解しなければならない。結局、中国はわたしによって呪われた国であり、そこにいる僅かばかりのわたしの民は、わたしの将来の働きのために奉仕する者に過ぎないということを、あなた方は理解しなければならない。別の言い方をすれば、わたしの長子たちを除いては、他に誰もいないのである──彼らはみな滅びることになっている。わたしの業においてわたしが極端過ぎると思ってはならない。これはわたしの行政命令である。わたしの呪いを受ける者たちは、わたしの憎しみの対象であり、これは確かなことである。わたしは間違いを犯さない。わたしを不愉快にする者を目にすれば、わたしは彼らを追い払うだろう。そして、それはあなたがわたしに呪われており、赤い大きな竜の子孫であるという十分な証拠である。念を押してもう一度言う。中国には(わたしに奉仕するわたしの民の他には)わたしの長子だけがいる。そして、これはわたしの行政命令である。しかし、わたしの長子は非常に少なく、彼らはわたしによって予め定められているのである──わたしはわたしの為すことを知っている。わたしはあなたの消極性を恐れないし、あなたがひるがえってわたしに噛み付くことも恐れていない。何故ならわたしにはわたしの行政命令があり、怒りがあるからである。すなわち、わたしは大きな災害を手に持っており、わたしはすべてのことがすでに達成されたと見なしているので、恐れることは何もない。そして、その日が到来するとき、わたしはあなたを完全に片付けるだろう。人を完全にし、啓発し、わたしの長子になるようにすることは人間には不可能なことであるが、むしろそれは、もっぱらわたしの予定に拠るものである。誰であれ長子であるとわたしが言えば、その人は長子である。そのために争ったり、それを手に入れようとしたりしてはならない。すべてのことはわたし、全能なる神自身にかかっている。

いつの日か、わたしはあなた方全員にわたしの行政命令とわたしの怒りが何であるかを見せよう(すべての者がわたしの前にひざまずき、わたしを礼拝し、わたしに赦しを請い、すべての者が服従するだろう。今わたしは、わたしの長子たちにだけその一部を見せる)。わたしはわたしの長子を完全にするために、犠牲にすべき多くの者たちを選んだこと、また、赤い大きな竜が自らの狡猾な策略に陥るようにしたことを、わたしは赤い大きな竜のすべての子孫(わたしの長子を除くすべての者)に見せる。(わたしの経営計画では、赤い大きな竜は、わたしの経営計画を妨害するために、わたしのために奉仕する者たち──わたしの長子を除くすべての者たち──を送り出す。しかし、それは自らの狡猾な策略に陥ってしまい、彼らは皆わたしのために奉仕するのである。これは、すべての者を動員してわたしのために奉仕させることの真の意味の一部である。)今日、すべてのことが達成されたら、わたしは彼らをみな処分し、わたしの足で踏み潰し、このことを通して赤い大きな竜を辱めて、完全に恥をかかせる(彼らは何とか上手く祝福を得ようと試みるが、わたしのために奉仕するようになるとは思っていない)──これはわたしの知恵である。これを聞いて、人々はわたしが感情も憐みも持っておらず、わたしには少しも人性がないと思う。わたしは確かにサタンに対しては感情も憐みも持っておらず、さらにわたしは、人性を超越した神自身である。どうしてあなたは、わたしが人性を持った神だと言えるのか。わたしはこの世のものではないことをあなたは知らないのか。わたしが万物の上にいることをあなたは知らないのか。わたしの長子たちを除いて、わたしのようなものは誰ひとりなく、わたしの性質(人の性質ではなく、神聖な性質)を持つ者は誰ひとりなく、わたしの資質を備えている者は誰ひとりいない。

霊の世界への門が開かれると、あなた方はすべての奥義を目にし、自由な領域に完全に入ることができるようになり、わたしの愛の抱擁の中に入り、わたしの永遠の祝福の中に入ることができるようになる。わたしの手は人類を常に支えてきた。しかし、わたしが救う部分に含まれる人々と、救わない部分に含まれる人々がいる。(わたしが「支えてきた」と言うのは、もしわたしが全世界を支えなかったら、それはずっと昔にハデスの中に落ちていたはずだからである。)これをはっきりと見なさい。これはわたしの経営計画である。そして、わたしの経営計画とは何であるのか。わたしは人類を創造したが、決して一人残さず獲得するのではなく、ごく一部の人類を獲得することを計画したのである。それでは、何のためにわたしは多くの人間を造ったのか。わたしが以前言ったように、わたしにおいては、すべてが自由で解き放たれており、わたしは自分が望むとおりに行うのである。わたしが人類を創造したとき、ただそれは彼らが正常な生活を送ることができ、そこからわたしの長子、わたしの子ら、わたしの民であるごく一部の人類が生まれてくるためであった。すべての人々、物事、および対象は──わたしの長子、わたしの民、そしてわたしの子らを除いて──皆効力者であり、すべて滅びなければならないと言えるだろう。このようにしてわたしの経営計画全体が完結するのである。これがわたしの経営計画であり、それはわたしの働きであり、わたしの進行段階である。すべてのことが終わるとき、わたしは完全に安息に入る。その時には、あらゆるものが良くなり、すべてが平和で安全になるであろう。

わたしの働きのペースは非常に速いので、誰にも想像できない。それは日ごとに変わるので、追いつけない者は誰でも損失をこうむるだろう。人はただ日々新しい光にすがることしかできない(しかしわたしの行政命令、わたしが語ったビジョンと真理は決して変わらない)。なぜわたしは毎日語るのか。どうしてわたしは絶えずあなたに啓示を与えるのか。あなたはその中にある真の意味を理解しているのか。ほとんどの人たちは、まだ笑ったり冗談を言ったりしていて、真剣になることができない。彼らはまったくわたしの言葉に注意を払わず、それを聞くときは、しばらく不安を感じるだけである。その後、わたしの言葉はすぐに忘れられ、彼らはすぐに自分の身分を忘れて不注意になる。あなたは自分の地位が何であるか知っているか。誰かがわたしのために奉仕をするか、あるいは、わたしによって予め定められ選ばれているかは、わたしの手によってのみ管理され、誰にもこれを変えることはできない──わたしはこれを自分自身で行い、それらの人々を自分自身で選び、予め定めなければならない。わたしが知恵のない神であるなどと言う者は誰か。わたしが言う一つひとつの言葉とわたしが行うすべてのことは、わたしの知恵である。再びわたしの経営を妨げたり、わたしの計画を壊したりしようとする者は誰か。わたしは決してそのような者を赦さない。時間はわたしの手の中にあり、わたしは遅れることを恐れない。わたしの経営計画が終わる時を決めるのは、わたしではないのか。それはただわたしの思いひとつにかかっているではないか。完了したとわたしが言えば、それは完了し、終わるとわたしが言えば、それは終わるのだ。わたしは慌てることはなく、適切な処置を取るであろう。人間はわたしの働きに鼻を突っ込んではならず、彼らはわたしのために自分勝手に物事をしてはならない。わたしは誰であれ鼻を突っ込む者を呪う──これはわたしの行政命令の一つである。わたし自身がわたしの働きを為すので、わたしは誰も必要としない(わたしはそれらの効力者たちが行動することを許す。そうでなければ、彼らはあえて早急または盲目的に行動することはないだろう)。すべての働きはわたしによって定められ、わたしによって決定される。何故なら、わたしは唯一の神自身だからである。

世界のすべての国々は、権力と利益をめぐってお互いに争い、領土をめぐって戦うが、驚いてはならない。これらのことは、すべてわたしへの奉仕なのだから。それでは、わたしは何故それらがわたしへの奉仕であると言うのか。わたしは指一本上げることなく物事を行う。サタンを裁くために、わたしはまず彼らが自分たちの間で論争するように仕向け、最終的には彼らに滅びをもたらし、彼らを自らの狡猾な策略に陥らせる(彼らは権力をめぐってわたしと争おうとするが、終りにはわたしに奉仕することになる)。わたしはただ語り、わたしの命令を下し、誰もがわたしの命じることを行わなければならない。さもなければ、わたしは直ちにあなたを滅ぼす。これらのことはすべてわたしの裁きの一部である。というのは、わたしはすべてのことを命じ、すべてのことがわたしによって定められているからである。何かをする者は、わたしの定めによって、無意識のうちにそうするのである。そして、わたしはあなた方が、もうすぐ降りかかろうとしている出来事の中で、わたしの知恵に満たされることを願っている。何かが降りかかるときは、それをめちゃくちゃにするのでなく、更にわたしに近づきなさい。わたしの刑罰を侵害しないように、またサタンの狡猾な策略に陥らないように、あらゆる点でより注意深く、思慮深くありなさい。あなた方はわたしの言葉から識見を得、わたしの存在そのものを知り、わたしが持っているものを見るべきである。あなた方はわたしの顔色をうかがって物事をしなければならず、それを台無しにしてはならない。わたしがすることをして、わたしが言うことを言いなさい。あなた方が過ちを犯すことを避け、誘惑されることを避けるために、わたしは事前にこれらの事をあなた方に言っておく。それでは、わたしの存在そのもの、わたしがもっているものとは何であるのか。あなた方は本当に知っているか。わたしが受ける苦痛は、わたしの普通の人性の一部であるように、わたしの存在そのものの一部でもある。そして、わたしの存在そのものは、わたしの完全なる神性の中に見ることができる──あなた方はこのことを知っているか。わたしの存在そのものは二つの側面から成り立っている。ひとつはわたしの人性であり、もう一つはわたしの完全なる神性である。これら二つの側面が組み合わさったものだけが、完全なる神自身を成すのだ。わたしの完全なる神性にもまた多くのものが含まれている。わたしは、どんな人間や物事の拘束も受けない。わたしはすべての環境を超越している。わたしは時間や空間、地理の制限を超えている。まことにわたしは、わたしの手の甲のように、すべての人々、事柄、物を知っている。しかし、それでもわたしは触れることのできる形を持った肉と骨である。人の目にはわたしはまだこの人間であるが、性質は変わっている──もう肉ではなく体である。これらのことはそのほんの一部である。すべてのわたしの長子たちもまた将来このようになるだろう。これは歩んで行かなければならない道であり、数えられている者はそれから逃れることはできないのだ。わたしがこのことを為している間、予め定められていない者は皆(これは、わたしの言葉が正確かどうかを見るために、サタンがわたしを試しているのだから)、一人残らず追い出されるだろう。予め定められている者たちはどこへ行っても、それから逃れられず、あなた方はそれによってわたしの業の背後にある原則を見出だすだろう。わたしが持っているものとは、わたしの知恵、わたしの見識、わたしの深慮、そしてわたしが語る一つひとつの言葉を指している。わたしの人性とわたしの神性の両方がそれを所有している。つまり、わたしの人性によって為されたことと、わたしの神性によって為されたことのすべてが、わたしが持っているものなのである。誰ひとりこれらのものを取り上げることも、取り除くこともできない。それらは、わたしが所有するものであり、誰もそれらを変えることはできない。これがわたしの最も厳しい行政命令である(何故なら人間の観念の中では、わたしが為すことの多くは彼らの観念に合致せず、人間には理解できないものであるからだ。これは全ての人間が最も侵害し易い命令であり、それはまた最も厳しい命令なので、彼らのいのちはその点で損害をこうむるのである)。わたしはもう一度言おう。わたしがあなた方に行うよう勧めることに対して、あなた方は慎重に対処しなければならない──あなた方は不注意であってはならない。

前へ:第九十四章

次へ:第九十六章

他のお気に入り