第九十四章

わたしはわたしの長子たちと共にシオンに帰る―あなたがたは本当にこれらの言葉の真の意味を理解しているだろうか。わたしは、あなたがたが早く成長してわたしと共に治めるようになるのを望んでいることを、繰り返しあなたがたに思い起こさせた。あなたがたは憶えているだろうか。これらの事はすべてわたしの受肉に直接関連している。肉を通してわたしと心を一つにする一群の人々を得るために、わたしはシオンから肉となって世に来た。そしてわたしたちはまたシオンに戻るのだ。これは、わたしたちが肉から本来の体に戻ることを意味する。これが「シオンへ帰ること」の真の意味である。これはまたわたしの経営(救いの)計画全体の真の意味と焦点であり、それ以上に、誰にも妨げることができない、わたしの経営(救いの)計画の最も重要な部分であり、それは直ちに達成されるであろう。あなたが肉の中にあるなら、決して人間の観念や思考を取り除くことはできない。まして地上の雰囲気を振り払うことも、塵を振り落とすこともなく、あなたは常に粘土のままである。祝福を享受する資格があるのは、あなたが体の中にいるときだけである。祝福とは何か。あなたがたは憶えているだろうか。肉においては、祝福を考慮することはできないので、すべての長子は肉から体への道を辿らなければならない。肉の中では、あなたは赤い大きな竜に圧迫され、迫害されているが(これは、あなたには力がなく、あなたが栄光を得なかったからである)、体の中ではそれは非常に異なり、あなたは誇りと大きな喜びを感じるだろう。弾圧の日々は完全に過ぎ去り、あなたは永遠に解放され自由になるだろう。わたしの存在そのものと、わたしが持っているものとをあなたがたの中に加えるなら、そうでなければならない。さもなければ、あなたがたはわたしの資質しか持たない。どれほど人が他の人の外見を模倣しても、まったく同じものになることはできない。聖なる霊の体(つまり体を意味する)の中でのみ、わたしたちはまったく同じものになることができるのだ。(これは、同じ資質、同じ実存を持ち、同じものを所有し、分割されることなく、仕切りがなく、心を一つに統一することができることを指している。と言うのも、すべてが聖なる霊の体だからである。)

なぜあなたがたは今、世を憎み始め、食べたり、着たりすることなどの厄介なことにうんざりし始め、待ちきれずにそれらを捨て去るのか。これは、あなたが霊的な世界(体)の中へ入るしるしであり、あなたがたは皆(すべてが同じ程度ではないけれども)このことを予感する。わたしは様々な種類の異なる人々、異なる出来事、異なるものを使って、わたしの最も重要な段階に仕えさせる。そして、彼らは皆、わたしのために奉仕することになる。わたしはそうしなければならない。(まだその時が到来していないので、もちろんわたしはこれを肉において達成することはできない。わたし自身の霊だけがこの働きを為すことができるのである。)これは、宇宙世界全体の最後の小さな機能である。すべての者がわたしを賛美し、わたしを歓呼するであろう。わたしの大いなる働きは完成する。宇宙と世界、すべての国々と民族、山々、川、また、すべてのものに向かって、七つの鉢の災害がわたしの手から注ぎ出され、七つの雷が鳴り、七つのラッパが鳴り響き、七つの封印が解かれる。七つの災害の鉢とは何か。それらはどこに向けられるのか。なぜわたしはそれらがわたしの手から注ぎ出されると言うのか。誰もが確信し、誰もが完全に理解するまでには、長い時間が経過するであろう。わたしが今あなたがたに言っても、あなたがたはほんの一部分しか理解しないだろう。人間の想像によると、七つの鉢の災害は世界のすべての国々や民族に向けられているが、実際はそうではない。これらの七つの災害は、悪魔であるサタンの影響と、赤い大きな竜(わたしに奉仕させるためにわたしが使用する対象)の陰謀を指している。その時わたしは、子らと民を懲らしめるために、サタンと赤い大きな竜を解き放つ。そして、それによって誰が子であり、民であるかが明らかにされるだろう。騙された者たちは、わたしの予定の対象にならなかった人たちである。一方、わたしの長子たちは、この時わたしと共に支配するだろう。このようにして、わたしは子らと民を完全にする。七つの災害の鉢から注ぎ出されるものは、すべての国々と民族ではなく、わたしの子とわたしの民だけに影響を及ぼすのだ。祝福は容易にはもたらされない。それには充分な代価を払わなければならない。子らと民が成長すると、七つの災害の鉢は完全に消滅し、その後は存在しなくなる。七つの雷が鳴り響くとは何なのか。これを理解するのは難しくない。わたしの長子たちとわたしが体になる瞬間、七つの雷が鳴り響くであろう。あたかも天と地が逆さまになったかのように、これは宇宙全体を揺さぶるであろう。誰もがこれを知り、それを知らない者はひとりもいないだろう。その時、わたしの長子たちとわたしは栄光の中でひとつとなり、次の段階の働きを始めるだろう。七つの雷が鳴り響くので、多くの人々がひざまずいて憐みと赦しを求めるだろう。しかし、これはもはや恵みの時代でない。それは怒りの時となるであろう。悪を行うすべての人々(姦淫する者、あるいは汚れたお金を扱う者、男女の境界が不明瞭な者、わたしの経営を邪魔したり損なったりする者、霊が塞がれている者、あるいは悪霊に憑かれている者など―わたしの選びの民を除くすべての者たち)について言えば、誰ひとり放免されることも、赦されることもなく、全員がハデスに投げ込まれ、永遠に滅びるだろう。鳴り響く七つのラッパは、大きな悪い環境を指すのではなく、また世界に宣告されるものを指しているわけでもない。まったくそれは人間の観念である。七つのラッパとはわたしの怒りの言葉を指している。わたしの声(威厳ある裁きと怒りの裁き)が発せられると、七つのラッパが鳴り響く。(今、わたしの家では、これは最も激しく、誰ひとりそれを逃れることはできない。)そして、ハデスと地獄の悪魔たちは、大小問わず両手で頭を抱え、あらゆる方向に逃げ、泣きながら歯ぎしりして、恥をこうむり、どこにも隠れる場所がないだろう。現時点では、それは鳴り始める七つのラッパではなく、わたしの激しい怒り、またわたしの最も厳しい裁きであり、誰もそれを逃れることはできず、すべての者がそれを受けなければならないのだ。この時点で明らかにされているのは、七つの封印の内容ではない。七つの封印とは、将来あなたがたが享受する祝福である。封印を解くことは、ただあなたがたに知らせることを示しているが、あなたがたはまだこれらの祝福を享受していない。祝福を享受するときになると、あなたがたは七つの封印の内容を知るだろう。今は、あなたがたはまだ完全でないものの一部分に触れているだけである。将来の働きの中でそれが生じるたびに、わたしはひとつずつ教えるしかなく、そうすることで、あなたがたはそれを個人的に体験し、比類なき栄光を感じ、果てしない喜悦の中で存在するだろう。

長子たちの祝福を享受することは簡単なことでもなく、ごく普通の人間が達成できることでもない。わたしはもう一度強調し、もっと力を込めて言おう。わたしはわたしの長子たちに厳しい要求をしなければならない。さもなければ、彼らはわたしの名に栄光を帰すことはできない。わたしは、誰であれこの世で評判の悪い者は、断固として拒否する。また、道徳的にだらしない者やふしだらな者はなおさら拒む。(彼らが神の民になることはない──この点について、わたしは特に強調する。)あなたが過去にやったことはもう終わっており、すでに解決済みだと思ってはならない──そんな都合の良いことがどうしてありえようか。長子の地位を得ることは、そんなに簡単なことだろうか。わたしは同じように、わたしに敵対する者、肉におけるわたしを認識しない者、自身の旨を行うわたしを妨げる者、わたしを迫害する者を拒否する──わたしはかくも厳しいのである(それは、わたしがわたしの力を完全に取り戻したからである)。最後に、わたしは人生において挫折しなかった者たちを同じように拒否する。たとえそれが小さな苦しみであっても、わたしと同様に苦しみを経て来た者をわたしは欲する。さもなければ、わたしはこのような人を放り出すだろう。わたしの長子になりたがり、わたしの前をこれ見よがしに歩くような恥知らずなことをしてはならない。わたしのところから出て行きなさい。あなたは以前わたしの好意を勝ち取ろうとして、わたしにささいなことを話した。これは盲目である。惨めな者よ、わたしがあなたを憎んでいることを知らないのか。わたしがあなたのいかがわしい所業を知らないとでも思っているのか。あなたは幾度となく隠れる。あなたは自分の悪魔の顔を暴露したことを知らないのか。人々にはそれが見えないが、わたしもそれを見ることができないとでも思っているのか。わたしに奉仕する者たちは、良いものではなく、惨めな者の集団である。わたしは彼らを処分しなければならず、底なしの穴に彼らを投げ込み、焼き尽くす。

不信仰に話し、不忠実に行動し、正しく他の人と協力しない者、このような人間が王になりたがっている。あなたは夢を見ているのではないか。それはあなたの妄想ではないのか。あなたは自分が何であるのか分からないのか。あなたは惨めである。そのような人間が何の役に立つだろうか。急いでわたしの目の前から消え去りなさい。すべての者は、わたしが言っていることをはっきりと理解し、わたしの言葉によって霊を動かされ、わたしの全能性を認識し、わたしの知恵を知るべきである。聖なる霊の体が現れたとすでに頻繁に言われてきた。結局のところ、あなたがたは聖なる霊の体が現れたと言うのか、それとも現れていないと言うのか?わたしが言うことは中身のない話だろうか。聖なる霊の体とは何か。聖なる霊の体は、どのような状況において存在するのか。人間にとって、それは想像を絶するものであり、理解できないことである。わたしはあなたがたに言う。わたしは完全無欠であり、わたしにあってはすべてが開かれており、すべてが解き放たれている(何故なら、わたしは賢明なことを行い、自由に語るからである)。わたしが為すことのうち、恥ずべきことは何ひとつなく、すべてが光の中で行われるので、誰もが完全に確信することができる。さらに、何かわたしに対して不利なことを掴める者はひとりもいない。それが聖なる霊の体における「聖なる」ことの説明である。だから、わたしはそれらの恥ずべきことを行う者は誰も要らないと繰り返し強調してきたのだ。これはわたしの行政令の一項目であり、また、わたしの性質の一部でもある。霊的な体とはわたしの言葉のことである。わたしが言うことにはいつも目的があり、常に知恵があるが、支配の対象にはならない。(わたしはわたしが言おうとすることを言う。声を発しているのはわたしの霊であり、わたしという存在が話しているのだ。)わたしが言うことは自由に解き放たれ、それが人々の観念に適わないなら、それは人々を露わにする時である。それがわたしの正しい采配である。したがって、わたしという人間が話したり、行動したりするときはいつでも、サタンの本質を暴露する良い機会なのだ。わたしという人間が油を注がれた時、聖なる霊の体が現れる。将来には聖なる霊の体は体を指し、その意味には二つの側面がある。現在においてその意味の一つの側面があり、将来にはその意味の別の側面があるのだ。しかし、将来には、聖なる霊の体は現在のものとは大きく異なるだろう──それは天と地ほどの差がある。誰もそれを推し測ることはできず、わたしがあなたがたにそれを直接明らかにしなければならない。

前へ: 第九十三章

次へ: 第九十五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神への真の愛は自発的なものである

すべての人々は、神の言葉によって精錬を受けている。神が受肉していなかったなら、人類はそのような苦しみにあずかるという祝福を受けることなどなかっただろう。言い換えれば、神の言葉による試練を受け入れることができる人々は、みな祝福されている。人々はその元来の素質、行動、そして神に対する…

第三十五章

今日、すべての人間は、程度に差はあるが、刑罰の状態に入っている。神が次のように言った通りである。「わたしは人間と一緒に出ていく」。これは完全に本当であるが、人々はまだこの点を完全には理解できていない。その結果、彼らが行った働きの一部は不必要になっている。神はこう語った。「彼らの霊…

第十一章

人間は誰もみな、わたしの霊による観察を受けなければならない。自分のすべての言葉と行動を細かく調べ、さらに、わたしの驚くべき行いを見なければならない。神の国が地上に来るとき、あなたがたは、どのように感じるだろうか。わたしの子らと民がわたしの玉座に流れ込んで来るとき、わたしは大きな白…

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索