第九十三章

事実は人の目の前で達成され、すべてのことは達成された。誰も予期しなかったことであるが、わたしの働きはペースを増し、打ち上げられたロケットのように高く上昇している。事が起こった後に初めて、あなたがたはわたしの言葉の本当の意味を理解するだろう。赤い大きな竜の子孫も例外ではなく、彼らはわたしの驚くべき業を目の当たりにしなければならないのである。あなたがわたしの業を見た後、わたしについて確信しているからといって、わたしがあなたを見捨てないと思ってはならない──それはそれほど単純なことではないわたしは、わたしが言ったこととわたしが定めたことの全てを必ず成就する。そして、それらは空しくわたしのところへ戻っては来ない。中国では、わたしの長子たちである少数を除くと、わたしの民はほとんどいない。だから今日、わたしはあなたがた(わたしを最もひどく迫害した赤い大きな竜の子孫)にはっきり言う。あなたがたはどんな大きな希望にもしがみ付いてはならない。そして、わたしの(創世以来の)働きの焦点は、わたしの長子たち、また中国の向こうにあるいくつかの国々に当てられている。それ故、わたしの旨は、わたしの長子たちが成長したときに、達成されるであろう。(わたしの長子たちが成長すると、すべてのことが行われる。何故なら将来の仕事は彼らに与えられているからである)。ひたすら赤い大きな竜が辱められるように、わたしは今これらの人々に、わたしの驚くべき業の一部だけを見ることを許す。これらの人々はそのことに喜びを見出すことがどうしてもできず、わたしに奉仕することに幸せを感じるだけである。彼らには他に選択の余地がない。何故なら、わたしにはわたしの行政命令があり、それに逆らおうとする者は一人もいないからである。

わたしは今、外国人の到来に関する幾つかの状況について交わりを持つ。それは、あなたがたが事前知識をもち、わたしの名を証しするためにすべてを正しく準備し、彼らの上に立って彼らを支配するためである。(何故なら、彼らの中で最も大いなる者でさえ、あなたがたの中では最も小さい者なので、わたしはあなたがたが彼らの上に立って支配するように言うのである)。これらの人々は皆、聖霊の啓示を得た。後に彼らは皆、あたかも事前に計画されていたかのように、一緒になって中国に殺到するであろう。赤い大きな竜は不意を突かれ、必死になって抵抗するが、一つのことを憶えておきなさい。わたしの経営計画は完全に実現しており、どんな事もどんな人間もわたしの歩みを妨げることはできない。わたしはあらゆる時に彼らに啓示を与え、彼らは聖霊の導きに従って行動する。彼らは決して赤い大きな竜の束縛に苦しまない。わたしにあっては、すべては解放と自由だからである。わたしはあらゆることを適切に整え、あなたがたが彼らを牧養するための準備の働きを整えるのを待っている。過去にわたしはすでにこのことをあなたがたに言ったが、あなたがたのほとんどは、まだ半分しか信じない。今の状況はどうだろうか。あなたがたは唖然としている、そうではないか。

これらのことはみな二次的なことである。主なことは、あなたがたができるだけ早く準備の働きをすることである。驚いてはならない。その働きを為す者はわたしであり、その時が来れば、わたしが自分の働きを為す。わたしは赤い大きな竜を粉々に砕いた。つまり、わたしの霊はわたしの長子たちを除く、すべての人たちから取り上げられた(それによって今、誰が赤い大きな竜の子孫であるかを暴露するのがさらに容易になった)。これらの人々はわたしへの奉仕を終えたので、わたしは彼らを底なしの穴へ戻す。(それは、わたしが彼らのうちの一人として用いるつもりはないことを意味している。今からわたしの長子たちは完全に明らかにされ、わたしの側にいてわたしに用いられるにふさわしい者たちはわたしの長子となるであろう)。わたしの長子たちよ、あなたがたはわたしが授ける祝福を正式に享受し(何故なら、わたしが忌み嫌うすべての者がその本性を現したからである)、今後あなたがたがわたしに反抗するようなことは一切起こらないだろう。あなたは純粋にわたしについて百パ-セント確信している。(今日このことが初めて完全に達成された。そしてわたしはこの時を予め定めていたのだ)。あなたがたが心と思いの中で考えていることは、わたしへの無限の愛、わたしへの畏敬の念だけであり、あなたがたは、あらゆる時にわたしを讃美し、わたしに栄光を帰す。あなたがたはまことにわたしの愛の配慮と守りのもとに生き、第三の天に住んでいるのだ。このような比類なき至福と幸福。それは人々には想像し難い別の領域──真の霊の世界である。

すべての災害は、前のものよりも激しさを増しながら続発し、状況は日々厳しくなる。これは災害の始まりに過ぎず、後に来る、より深刻な災害は人間の想像を絶するものである。わたしの子らに彼らを処分させよう。これがわたしの行政命令であり、わたしがずっと昔に定めたものである。人間が今までに見たことのないしるしや不思議のすべてがわたしから生じ、後から後へと万民(わたしの国の民を意味する)の前に現れる。これは近い将来に起こることである。心を騒がせてはならない。以前人々は皆、神の国に入ることについて話していたが、神の国に入る状況とはどのようなものであろうか。また、神の国とは何であろうか。それは物理的な都市であるのか。あなたがたは誤解している。神の国は地上や、物理的な空にあるのではなく、むしろそれは人が見ることも触れることもできない霊的な世界である。わたしの名を受け入れた後にわたしによってまったく完全にされ、わたしの祝福を享受する者だけが、そこに入ることができる。前にしばしば言及された霊的世界とは、神の国の表面である。しかし、本当に神の国に入ることは簡単なことではない。そこに入る者はわたしの約束を得なければならず、わたし自身が予め定め、選んだ人でなければならない。したがって、霊的な世界は、人々が好きなように出入りできる場所ではない。かつてこのことに関する人々の理解は非常に浅いものであって、人間の観念でしかなかった。神の国に入る者だけが祝福を享受することができる。だから、人間にはこれらの祝福を享受することができないどころか、見ることもできないのである。そしてこれは、わたしの行政命令の最後の一項目である。

前へ: 第九十二章

次へ: 第九十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

実践(8)

あなたがたは真理の様々な側面をいまだ理解しておらず、実践においても依然多数の過ちや逸脱がある。多くの分野で自分の観念と想像によって生きており、実践の原則をまったく把握できていない。したがって、人々を導いて正しい道に進ませることが依然として必要である。つまり、人々が自分の人間生活と…

真心で神に従う者は確かに神のものとされる

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過…

第二十六章

誰がわたしの家に住んだのか。誰がわたしのために立ち上がったのか。誰がわたしのために苦しんだのか。誰がわたしの前で誓ったのか。誰が今までわたしに従い、それでいて無関心にならなかったのか。なぜ人間はみな冷たく無情なのか。なぜ人間はわたしを捨てたのか。なぜ人間はわたしに飽いたのか。なぜ…

唯一無二の神自身 7

神の権威、神の義なる性質、および神の聖さの概論祈りを捧げ終わったとき、あなたがたは神の前で心の静寂を感じますか。(感じます。)心を静められるとき、人は神の言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解することができます。心を静められず、心が絶えずさまよっていたり、いつも他のことを考えていた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索