296 神の心より良い心はない

神を愛することを選んだ私は、神に何を取り上げられても従う

多少の痛みはあるが、不満は一言も言わない

堕落した性質があるため、人は裁きと刑罰を受けるべきだ

神の言葉は真理。御心を誤解してはならない

自分を省みると、あまりにも多くの不純を見出す

努力しなければ、完全にされることはありえない

今日、苦難は多いけれど、神の愛を享受することは栄誉だ

苦難を通して服従を学ぶ。

神の心より良い心はない

日夜神とともにあり、神の麗しさを私は知る

神の言葉の啓示と裁きを通して、自分の堕落の真相を見る

神の吟味を通して、自分にどれだけ多くのものが欠けているかを痛感する

心を開いて交わり、真理をはっきりと理解する

神の性質を侵害していると思う身震いし

二度と反抗して、神をこれ以上傷つけないように自分に言い聞かせる

神を愛することを選んだが、その愛には自分の考えが混じっている

ペテロのような精神を得るため、努力しなければならない

私の愛を神がどう受け取っても

私の望みは神を満足させることだけ

今日、苦難は多いけれど、神の愛を享受することは栄誉だ

苦難を通して服従を学ぶ。神の心より良い心はない

前へ: 295 親友達を探して

次へ: 297 悲惨な世界への哀歌

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索