血肉に属する者は誰も怒りの日から逃れられない

今日、わたしは、あなたがた自身の生存のために、あなたがたに警告する。それは、わたしの働きが順調に進み、全宇宙でわたしの幕開けの働きがより適切に、より完全に遂行されるようにし、そうしてすべての国と民族の人々に、わたしの言葉、権威、威厳、裁きを明かすためである。あなたがたのあいだでわたしが行う働きは、全宇宙に及ぶわたしの働きの始まりである。今はすでに終わりの日の時だが、「終わりの日」とは一つの時代の名称に過ぎないことを知りなさい。それは律法の時代や恵みの時代とまったく同じように、一つの時代を指しており、最後の数年間や数カ月ではなく、むしろその時代全体を示している。ただし、終わりの日は、恵みの時代や律法の時代とまったく異なる。終わりの日の働きは、イスラエルで実行されるのではなく、異邦人のあいだで実行される。それは、わたしの玉座の前での、イスラエル以外のすべての国と民族の征服であり、これにより全宇宙に及ぶわたしの栄光が、宇宙と天空に満ちるのである。またそれは、わたしがさらに大きな栄光を得て、地のすべての被造物が、とこしえに世代を超えて、すべての国にわたしの栄光を伝え、天と地のすべての被造物が、わたしが地上で得たすべての栄光を見られるようにするためである。終わりの日に実行される働きは、征服の働きである。これは地上のすべての人の生活を導くことではなく、途絶えることなく数千年続いた、地上における人類の苦難の生活を終わらせることである。そのため、終わりの日の働きは、イスラエルでの数千年にわたる働きとは異なるものであり、またユダヤの地でのわずか数年間の働きでありながら、神の第二の受肉まで二千年続いた働きとも違う。終わりの日の人々が出会うのは、肉となった贖い主の再臨だけであり、彼らは神自身による働きと言葉を受け取る。終わりの日が終結するまでに二千年はかからない。イエスがユダヤの地で恵みの時代の働きを行ったときと同様、終わりの日は短い。これは、終わりの日が時代全体の締めくくりだからである。それは六千年にわたる神の経営計画の完了と終結であって、これによって苦しみに満ちた人類の人生の旅路が終わる。終わりの日は、人類全体を新たな時代へ連れて行くものでも、人類の生活を継続させるものでもない。それは、わたしの経営計画や人間の生存にとって何の意味もない。人類がこのようであり続けるなら、遅かれ早かれ悪魔によって完全に食い尽くされ、わたしに属する魂は最終的に悪魔の手で滅ぼされるだろう。わたしの働きは六千年しか続かない。そしてわたしは、悪しき者による全人類の支配も六千年より長くは続かないと約束した。それゆえ、その時はもう来ている。わたしはこれ以上続けたり遅らせたりはしない。終わりの日、わたしはサタンを打ち負かし、わたしの栄光をすべて取り戻し、わたしに属する地上のすべての魂を取り戻して、これらの苦悩する魂が苦しみの海から逃れられるようにする。これにより、地上におけるわたしの働きがすべて完了するのである。これより後、わたしが地上で再び受肉することは決してなく、すべてを支配するわたしの霊が地上で働くことも二度とない。わたしが地上で行うのはただひとつ、つまり人類を創り直すことであり、それは聖なる人類、そして地上におけるわたしの忠実な都である。しかし、わたしが世界全体を滅ぼしたり、人類全体を滅ぼしたりすることはないと知りなさい。わたしは人類のうち、残りの三分の一、すなわちわたしを愛し、わたしによって完全に征服された三分の一を保ち、イスラエル人が律法の下でそうであったように、この三分の一を、数多くの羊と家畜、そして地のあらゆる豊かさでもって育み、そうして繁栄させる。この人類はわたしのもとに永遠に留まるが、それは現在のどうしようもなく汚れた人類ではなく、わたしに得られたすべての人の集まりとしての人類である。このような人類はサタンによって傷つけられることも、混乱させられることも、また包囲されることもなく、わたしがサタンに勝利した後も地上に存在する唯一の人類となる。それは今日わたしに征服され、わたしの約束を得た人類である。それゆえ、終わりの日に征服された人類は、滅びを免れ、わたしのとこしえなる恵みを受ける人類でもある。これはサタンに対するわたしの勝利の唯一の証拠であり、サタンとの戦いの唯一の戦利品である。これらの戦利品は、サタンの支配下からわたしによって救われたのであり、六千年にわたるわたしの経営計画の唯一の結晶であり、またその果実である。彼らはあらゆる民族や教派の出身であり、また全宇宙のあらゆる場所と国から来る。彼らはさまざまな人種に属し、言語、風習、肌の色もそれぞれ異なっており、地球のあらゆる民族と教派、そして世界の隅々にまで広がっている。最終的に、彼らは完全な人類、サタンの勢力が及ばない人間の集団を形成するために集まって来る。人類のうち、わたしによって救われず、征服されなかった者たちは、深海の底へと音もなく沈み、わたしの焼き尽くす火によって永遠に焼かれる。わたしは、エジプトの長子たちと牛を滅ぼした際、子羊の肉を食べ、子羊の血を飲み、鴨居に子羊の血を塗ったイスラエル人だけを残したが、その時と同じように、極めて汚れたこの古い人類を滅ぼす。わたしに征服され、わたしの家族である人々もまた、わたしという子羊の肉を食べ、わたしという子羊の血を飲み、わたしによって贖われ、わたしを崇めてきた人々ではないのか。このような人々には、わたしの栄光が常に伴っているのではないのか。わたしという子羊の肉を持たない者はすでに、深海の底へと音もなく沈んだのではないか。今日、あなたがたはわたしに逆らっている。そして今日、わたしの言葉は、ちょうどヤーウェがイスラエルの子や孫たちに語った言葉のようである。しかしながら、あなたがたの心の奥底には頑固さがあり、そのせいでわたしの怒りが溜まり、あなたがたの肉体にさらなる苦しみをもたらし、あなたがたの罪にさらなる裁きをもたらし、あなたがたの不義にさらなる怒りをもたらしている。今日あなたがたが、わたしをこのように扱うなら、誰がわたしの怒りの日に滅びを免れようか。わたしの刑罰の目を、誰の不義が逃れられようか。全能者であるわたしの手を、誰の罪が避けられようか。全能者であるわたしの裁きを、誰の反逆が逃れられようか。わたしヤーウェは、異邦人の家族の子孫であるあなたがたにこう語り、わたしがあなたがたに語る言葉は、律法の時代と恵みの時代のすべての言葉を超越する。しかしあなたがたは、エジプトのあらゆる民よりもさらに頑なである。わたしが穏やかに働いているあいだに、あなたがたはわたしの怒りを蓄えているのではないか。全能者であるわたしの日から、どうしてあなたがたが無事に逃れられようか。

わたしはこのようにあなたがたのあいだで働き、語ってきた。わたしは多くの精力と努力を費やしてきたが、あなたがたは、わたしがはっきりと語った言葉にいつ耳を傾けたのか。全能者であるわたしにどこでひれ伏したのか。なぜわたしをこのように扱うのか。あなたがたのあらゆる言動がわたしの怒りを呼び起こすのはなぜか。あなたがたの心がかくも頑固なのはなぜか。わたしがあなたがたを打ち倒したことはあるか。なぜあなたがたはわたしを悲しませ、心配させることしかしないのか。あなたがたは、わたしヤーウェの怒りの日が自分たちに臨むのを待っているのか。自分たちの不服従によって呼び起こされた怒りを、わたしが降り注ぐのを待っているのか。わたしが行うすべてのことは、あなたがたのためではないのか。それなのに、あなたがたはいつもわたしヤーウェをこのように扱ってきた。つまり、わたしのいけにえを盗み、わたしの祭壇の捧げ物をオオカミのねぐらに持ち帰り、それでオオカミの子や孫を養っている。人々は互いに戦い、怒りに満ちたまなざしで、剣と槍を持って向かい合い、全能者であるわたしの言葉を便所に投げ込み、排泄物のように汚れたものにしている。あなたがたの人格はどこにあるのか。あなたがたの人間性は獣の性質になったのだ。あなたがたの心はずっと前から石になってしまっている。あなたがたは、わたしの怒りの日が来るときこそ、今日あなたがたが全能者であるわたしに対して行う悪を、わたしが裁く時であることを知らないのか。このようにわたしを騙し、わたしの言葉を沼に投げ込んで耳を傾けず、わたしの背後でこのように振る舞うことで、わたしの怒りの目を逃れられると思うのか。あなたがたがわたしのいけにえを盗み、わたしの持つものをむやみに欲しがったとき、わたしヤーウェの目によってすでに見られていたことを知らないのか。あなたがたがわたしのいけにえを盗んだとき、いけにえが捧げられる祭壇の前でそうしてしまったことを知らないのか。このようにわたしを騙せるほど、自分たちが賢いなどとどうして思えるのか。あなたがたの凶悪な罪から、どうしてわたしの怒りが去るだろうか。わたしの燃える怒りが、どうしてあなたがたの悪行を行き過ぎようか。あなたがたが今日行う悪が、あなたがたに逃げ道を開くことはなく、あなたがたの明日に向けて刑罰を積み上げる。それは、あなたがたに対して、全能者であるわたしの刑罰を引き起こす。あなたがたの悪行と悪しき言葉が、どうしてわたしの刑罰から逃れられようか。あなたがたの祈りが、どうしてわたしの耳に届こうか。あなたがたの不義に対し、どうしてわたしが逃げ道を用意しようか。わたしに逆らって行われるあなたがたの悪行を、どうしてそのままにしておけようか。へびの舌と同じくらい毒に満ちたあなたがたの舌を、どうして切らずにいられようか。あなたがたは自分の義のためにわたしを呼び求めるのでなく、自分の不義の結果として、わたしの怒りを積み上げている。どうしてわたしがあなたがたを赦せようか。全能者であるわたしの目に、あなたがたの言動は汚れたものとして映っている。全能者であるわたしの目は、あなたがたの不義を容赦ない刑罰と見なしている。わたしの義なる刑罰と裁きが、どうしてあなたがたから離れようか。あなたがたがわたしにこのようなことをして、わたしを悲しませ、怒らせているのに、どうしてあなたがたをわたしの手から逃れさせ、わたしヤーウェがあなたがたを罰して呪う日から離れさせようか。あなたがたの悪しき言葉や発言のすべてが、すでにわたしの耳に届いていることを知らないのか。あなたがたの不義が、すでにわたしの聖なる義の衣を汚したことを知らないのか。あなたがたの不従順が、すでにわたしの激しい怒りを呼び起こしたことを知らないのか。あなたがたがわたしを長きにわたり、怒りに煮えくり返るがままに放置し、わたしの忍耐をずっと試してきたことを知らないのか。あなたがたがわたしの肉をすでに傷つけ、ぼろきれのようにしてしまったことを知らないのか。わたしはこれまで我慢してきたが、今後は怒りを解き放ち、あなたがたをこれ以上容赦しない。あなたがたの悪行がすでにわたしの目に届き、わたしの叫びがすでにわたしの父の耳に届いていることを知らないのか。あなたがたがわたしをこのように扱うことを、わたしの父がどうして許すだろうか。わたしがあなたがたにおいて行う働きは、どれもあなたがたのためではないのか。それなのに、あなたがたの中の誰が、わたしヤーウェの働きをさらに愛するようになったのか。わたしが弱いからといって、またわたしが苦しみを被ったからといって、わたしが父の旨に忠実でないことなどあり得ようか。あなたがたにはわたしの心が理解できないのか。わたしはヤーウェと同じようにあなたがたに語る。わたしはあなたがたのために多くを捧げてきたではないか。わたしは父の働きのためにこの苦しみのすべてに喜んで耐えるけれども、わたしの苦しみの結果としてあなたがたの上にもたらす刑罰を、あなたがたがどうして免れようか。あなたがたはわたしの多くを享受してきたではないか。今日、わたしは、わたしの父によってあなたがたに授けられた。あなたがたは、わたしの豊富な言葉よりもはるかに多くのものを、自分が享受していることを知らないのか。わたしのいのちが、あなたがたのいのち、それにあなたがたが享受するものと引き換えられたことを知らないのか。わたしの父がサタンと戦うためにわたしのいのちを使ったこと、またわたしのいのちをあなたがたに授け、あなたがたが百倍のものを受け取り、多くの誘惑を避けられるようにしたことを知らないのか。あなたがたが多くの誘惑と、多くの火の刑罰を免れたのは、ひとえにわたしの働きによるものだということを知らないのか。わたしの父が今まであなたがたに享受させてきたのは、ひとえにわたしの故だということを知らないのか。あなたがたは今日、まるで心を鈍らせてしまったかのように、どうしてかくも頑なで、強情なままなのか。あなたがたの今日犯す罪が、わたしが地上から去った後に来る怒りの日から、どうして逃れられようか。かくも頑なで強情な者たちを、どうしてわたしがヤーウェの怒りから逃れさせようか。

過去を振り返ってみなさい。あなたがたに対して、いつわたしの目が怒りに満ちており、いつわたしの声が厳しかったか。いつわたしがあなたがたに些細なことを言い立てたか。いつわたしがあなたがたを理不尽に叱責したか。いつわたしがあなたがたを面と向かって叱責したか。わたしが父を呼び、あなたがたをあらゆる誘惑から守るよう求めたのは、わたしの働きのためではないのか。なぜあなたがたは、わたしをこのように扱うのか。あなたがたの肉体を打ち倒すために、わたしが自分の権威を使ったことがあるというのか。なぜあなたがたはそのような形でわたしに報いるのか。わたしに対する態度をころころ変えた後、あなたがたはどっちつかずで、やがてわたしを騙し、わたしから物事を隠そうとする。そして、あなたがたの口は不義の唾液で満ちている。あなたがたは自分の舌でわたしの霊を欺けると思うのか。自分の舌がわたしの怒りを逃れられると思うのか。あなたがたは、自分の舌が思いのままに、わたしヤーウェの業を批判してもよいと思うのか。わたしは人から批判される神なのか。小さな蛆虫がこのようにわたしを冒涜するのを、わたしがどうして許せようか。このような不従順の子らを、どうしてわたしの永遠の祝福の中に置けようか。あなたがたは、自分の言動によってずっと以前から暴かれ、断罪されてきた。天を拡げて万物を創造したとき、わたしはどの被造物に対しても、思いのままに介入することを許さず、ましてや、いかに望もうと、何ものにもわたしの働きと経営を妨げさせたりなどしなかった。わたしはいかなる人や物も容赦しなかったのだ。わたしに対して残虐で非人道な者を、どうして見逃せようか。わたしの言葉に逆らう者をどうして赦せようか。わたしに対して不従順な者をどうして見逃せようか。人間の運命は全能者であるわたしの手の中にあるのではないか。あなたの不義と不服従は聖なるものだと、どうしてわたしが考えようか。あなたの罪がどうしてわたしの聖さを汚せようか。わたしは不義の不純物によって汚されることはなく、不義なる者の捧げ物を享受することもない。あなたがわたしヤーウェに忠実であるのなら、わたしの祭壇のいけにえを我が物にすることなどできるだろうか。あなたは毒のある舌を使って、わたしの聖なる名を冒涜できるというのか。このような形でわたしの言葉に反逆できるというのか。わたしの栄光と聖なる名を、悪しき者であるサタンに仕える道具として扱えるというのか。わたしのいのちは聖なる者たちに享受させるべく施された。あなたが自分の思いのままにわたしのいのちをもてあそび、それを自分たち同士の争いの道具として使うのを、どうしてわたしが許せようか。善への道において、そしてわたしに対する態度において、どうしてあなたがたはかくも無慈悲で欠点が多いのか。わたしがこれらのいのちの言葉に、あなたがたの悪行をすでに書きつけたことを知らないのか。わたしがエジプトを罰する怒りの日から、あなたがたがどうして逃れられようか。あなたがたがこのように何度もわたしに敵対して反逆することを、どうしてわたしが許せようか。はっきり言うが、その日が来ると、あなたがたへの刑罰は、エジプトのそれよりも耐えがたいものになる。わたしの怒りの日をどうして逃れられようか。まことにわたしは言う。わたしの忍耐はあなたがたの悪行のために用意されたのであり、その日のあなたがたの刑罰のために存在する。ひとたびわたしが忍耐の限界に達したら、怒りの裁きに苦しむのはあなたがたではないのか。すべてのことは全能者であるわたしの手の中にあるのではないか。天の下であなたがたがわたしに対してこのように逆らうのを、どうして許すことができようか。あなたがたの人生は極めて困難なものになる。なぜなら、来ると言われていながら来なかったメシアに出会ったからだ。あなたがたは彼の敵ではないのか。イエスはあなたがたの友だったが、あなたがたはメシアの敵である。自分たちがイエスの友であるにもかかわらず、自分たちの悪行が忌まわしき者たちの器を満たしたことを、あなたがたは知らないのか。あなたがたがヤーウェと非常に親しくても、自分たちの悪しき言葉がヤーウェの耳に届き、ヤーウェの怒りを招いたことを、あなたがたは知らないのか。どうしてヤーウェがあなたと親しくなれようか。悪行で満たされたあなたの器を、どうしてヤーウェが焼かずにいられようか。どうしてヤーウェがあなたの敵とならずにいられようか。

前へ: 落ち葉が土に還る時、あなたは自分の行なったあらゆる悪事を後悔する

次へ: 救い主はすでに「白い雲」に乗って戻ってきた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の働き、神の性質、そして神自身 3

これまで数回の交わりは、あなたがた一人ひとりに大きな影響を与えてきました。いま、人々は神の真の存在と、実際には神が人と極めて近しいことを、ようやく実感できるようになったのです。人々は長年にわたり神を信じてきたかもしれませんが、神の思いと考えを現在ほど深く理解したことはなく、また神…

第十三章

わたしの言葉と発言の中には、わたしの意図がいくつも隠れている。しかし、人はそのことを何も知らず理解せず、わたしの言葉をひたすら外側から受け入れ、ひたすら外側から従い、わたしの言葉の内側からわたしの心を理解したり、わたしの思いを悟ったりすることができない。たとえわたしが言葉を明瞭に…

神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。2.神の前で静まった心で…

なぜ進んで引き立て役になろうとしないのか

征服された者は引き立て役であり、完全にされて初めて、人は終わりの日の働きの模範や見本となる。完全にされる前、彼らは引き立て役であり、道具であり、奉仕のための存在である。神によって徹底的に征服された者は神の経営(救いの)の働きの結晶であるとともに、その模範にして見本である。わたしが…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索