落ち葉が土に還る時、あなたは行なったあらゆる悪事を後悔する

あなたがたはみな、わたしがあなたがたの間で行なった働きを自らの目で見、わたしが語った言葉に自ら耳を傾け、あなたがたに対するわたしの態度も知っている。ならば、わたしがこの働きをあなたがたにおいて行なっている理由も知っているはずである。あなたがたに正直に話す。あなたがたは、終わりの日におけるわたしの征服の働きの道具、異邦の諸国にわたしの働きを広げるための手段に過ぎない。わたしの働きをさらに発展させ、わたしの名が異邦の諸国、つまりイスラエル以外のすべての諸国へさらに広まるように、わたしはあなたがたの不義、汚れ、抵抗、反抗を通じて語るのである。それは、わたしの名、わたしの行ない、わたしの声が異邦の諸国にくまなく広まり、それによりイスラエルではないそれらの諸国がすべてわたしに征服され、わたしを崇拝し、イスラエルとエジプトの地の外にあるわたしの聖地となるためである。わたしの働きを広げるのは、実際にはわたしの征服の働きを広げ、わたしの聖地を広げることである。わたしの地上における足場を広げることである。あなたがたは、自分たちがわたしによって征服される異邦の諸国の被造物に過ぎないことを明確に知っておくべきである。本来、あなたがたには何の身分も利用価値もなく、まったく無用の存在だった。あなたがたが幸運にもわたしと接し、今わたしと集っているのは、わたしが糞の山から蛆虫を引き上げ、わたしの全地征服の見本、わたしの全地征服に関する唯一の「参考資料」としたからに他ならない。あなたがたの身分の低さゆえに、わたしはあなたがたを選び、わたしの征服の働きの見本、およびそのひな形とした。わたしがあなたがたの間にあって働きを行ない、語り、あなたがたと暮らして留まっているのは、ひとえにそのためである。わたしがあなたがたの間にあって語っているのは、ただわたしの経営のため、また糞の山の蛆虫に対するわたしの嫌悪のためであることを、あなたがたは知るべきである。この嫌悪は憤りを感じるところまで達している。わたしがあなたがたの間にあって働いているのは、ヤーウェがイスラエルで働いたのとはまったく違い、また特に、イエスがユダヤで行なった働きとは違っている。わたしは非常な忍耐をもって語り、働き、怒りとともに裁きをもってこれらの堕落した者たちを征服する。それはヤーウェが自身の民をイスラエルで導いたのとはまったく違う。イスラエルにおけるヤーウェの働きは、食べ物と生ける水を授けることであり、民に施している間、ヤーウェは民への憐れみと愛に満ちていた。今日の働きは、選民ではない呪われた民族のもとで行なわれる。食べ物は豊富になく、渇きを鎮める生ける水の糧もなく、十分な物質の供給はなおさらない。裁き、呪い、刑罰の供給が十分にあるだけである。糞の山に生きるこれらの蛆虫には、わたしがイスラエルに与えたような、山を埋め尽くす牛や羊、巨大な富、そして地上で最も美しい子供らを得られるだけの価値は絶対にない。当時のイスラエルは、わたしがその民を養う牛や羊、金銀の品を祭壇に捧げており、その数は律法の下でヤーウェによって定められた十分の一よりも多い。そこでわたしは彼らにさらに多く、律法の下でイスラエルが得るはずの百倍以上を与えた。わたしがイスラエルを養うものは、アブラハムが得たものすべてと、イサクが得たものすべてを超える。わたしはイスラエルの家族を多産にして増やし、わたしのイスラエルの民を地のあらゆるところに広める。わたしが祝福し労るのは、やはりイスラエルの選民、つまり、わたしにすべてを捧げ、わたしからすべてを得た民である。彼らはわたしを心に留めているので、わたしの聖なる祭壇に生まれたての子牛と子羊を生贄として捧げ、わたしの前に持てるすべてを捧げた上に、わたしの再臨を心待ちにして生まれたての長男をも捧げるのである。さて、あなたがたはどうか。あなたがたはわたしの怒りを呼び起こし、わたしに要求し、わたしに捧げものをする人の生贄を盗むが、わたしに背いていることを知らない。ゆえに、あなたがたが得るのは暗黒の中での嘆きと懲罰だけである。あなたがたは何度もわたしの怒りを呼び起こし、わたしは燃え盛る火を降らせ、それは多くの者が悲劇的な結末を迎え、幸福な家庭が荒れ果てた墓となるほどだった。そうした蛆虫に対し、わたしには終わりのない怒りしかなく、彼らを祝福する気はまったくない。わたしが例外としてあなたがたを引き上げ、大いなる屈辱に耐えてあなたがたの間で働いてきたのは、ひとえにわたしの働きのためである。わたしの父の旨のためでなければ、どうして糞の山の中で転げまわる蛆虫と同じ家で暮らせようか。わたしはあなたがたのあらゆる行ないや言葉に極めて嫌悪を感じるが、いずれにせよあなたがたの汚れと反抗に多少の「関心」があるため、それはわたしの言葉の偉大な集大成となった。さもなければ、わたしは決してあなたがたの間にかくも長い間留まらなかっただろう。したがって、あなたがたに対するわたしの態度は同情と憐れみでしかないことをあなたがたは知るべきである。つまり、わたしはあなたがたに対してわずかな愛も抱いていない。あなたがたに対して抱くのは忍耐だけである。なぜなら、わたしはただ自分の働きのためにそうするからである。そして、あなたがたにわたしの業が見えたのは、わたしが汚れと反抗を「原材料」として選んだからに過ぎない。さもなければ、こうした蛆虫どもにわたしの業を見せることは決してない。わたしは嫌々ながらあなたがたにおいて働いているだけであり、進んでイスラエルで働きを行なったのとはまったく違う。わたしは怒りを抱きつつ、あなたがたの間で語ることを自分に強いているのである。さらに偉大なわたしの働きのためでなければ、そうした蛆虫を見続けることにどうして耐えられようか。わたしの名のためでなければ、とうの昔に最高の高みに昇り、それらの蛆虫を糞の山とともに完全に焼き尽くしていただろう。わたしの栄光のためでなければ、邪悪な悪魔がわたしの目前で頭を揺らしながらわたしに公然と反抗するのを、どうして許せるだろうか。わたしの働きが一切妨害されることなく円滑に実行されるためでなかったら、蛆虫のようなこれらの者たちが気の向くままにわたしを虐待するのを、どうして許せるだろうか。もしイスラエルの村で百人の民がそのように立ち上がり、わたしに反抗したなら、たとえ彼らがわたしに生贄を捧げたとしても、彼らを跡形もなく地の割れ目へ投げ捨て、他の町の住民が二度と抵抗しないようにするだろう。わたしはすべてを焼き尽くす火であり、背きを許さない。人間はすべてわたしが造ったのだから、わたしが何を言い何を行なおうと、人間は従わなければならず、抵抗してはならない。人はわたしの働きに干渉する権利をもたず、ましてやわたしの働きや言葉の何が正しく何が間違っているかを分析する資格などない。わたしは創造主であり、被造物はわたしへの畏敬の念をもって、わたしが求めるすべてのことを成し遂げるべきである。また、わたしに理を説こうとしてはならず、抵抗などなおさらするべきではない。わたしは権威をもって我が民を統べるのであり、わたしの創造の一部を成す者はすべてわたしの権威に従うべきである。今日、あなたがたはわたしの前にあって大胆で厚かましく、わたしがあなたがたを教えるのに用いる言葉に従わず、恐れを知らない。それなのに、わたしはあなたがたの反抗にただ耐えているだけである。取るに足らない小さな蛆虫が糞の山で汚物を掘り返しているからといって、わたしは腹を立てて働きに影響を及ぼすようなことはしない。わたしは父の旨のために、忌み嫌うすべてのものが存在し続けるのに耐える。わたしの発言が完了するまで、わたしの最後の瞬間までそうするのである。心配することはない。わたしは名もない蛆虫と同じ程度に成り下がることはできず、わたしの技量をあなたと比べることはない。わたしはあなたを心から嫌うが、耐えることができる。あなたはわたしに従わないが、わたしがあなたに刑罰を与える日から逃れることはできない。それはわたしの父がわたしに約束した日なのである。創造された蛆虫が、創造主に匹敵することなどあり得るのか。秋になれば、落ち葉は土に還る。あなたは「父」の家に帰り、わたしは父の傍らに戻る。わたしは父の優しい愛に伴われ、あなたは自分の父に踏みにじられる。わたしは父の栄光を手にし、あなたは自分の父の辱めを受ける。わたしは長らく控えてきた刑罰を用いてあなたに伴い、あなたは何万年間も腐敗したままの悪臭を放つ肉体をもってわたしの刑罰を受ける。わたしは忍耐を伴った言葉の働きをあなたにおいて終え、あなたはわたしの言葉による災いに苦しむ役割を果たし始める。わたしはイスラエルで大いに喜び、働くが、あなたは悲嘆にくれて歯噛みをし、泥の中に生きて死ぬ。わたしは元の姿に戻り、もはやあなたと共に汚れの中に留まることはない。しかし、あなたは元の醜い姿に戻り、糞の山の中でうごめき続ける。わたしの働きと言葉が完了する時は、わたしにとっての喜びの日となる。あなたの抵抗と反抗が終わる時は、あなたにとっての悲嘆の日となる。わたしはあなたに同情せず、あなたは二度とわたしを見ない。わたしはそれ以上あなたと対話せず、あなたは二度とわたしに出会わない。わたしはあなたの反抗を憎み、あなたはわたしの愛らしさを恋しく思う。わたしはあなたを打ち、あなたはわたしのことを思い焦がれる。わたしは喜んであなたから離れ、あなたはわたしへの負い目に気づく。わたしはあなたに二度と会わないが、あなたは常にわたしを待ち望む。あなたが今わたしに抵抗するので、わたしはあなたを憎むが、わたしが今あなたに刑罰を与えるので、あなたはわたしを恋しく思う。わたしは進んであなたと共に生きようとは思わないが、あなたは自分がわたしにしたすべてのことを悔やむがゆえに、わたしと共に生きることを激しく切望し、永遠に悲嘆にくれる。あなたは自分の抵抗と反抗を後悔し、悔悟のあまり顔を地に伏せ、わたしの前に倒れ、二度とわたしに逆らわないと誓う。しかし、あなたは心の中でわたしを愛するだけで、わたしの声を聞くことは二度とできない。わたしはあなたを恥じ入らせる。

わたしは今、わたしを騙そうとするあなたの放縦な肉体を見つめており、刑罰をもってあなたに「奉仕する」ことはないが、小さな警告だけしておく。あなたはわたしの働きにおける自分の役割が何であるかを知るべきである。そうすれば、わたしは満足する。これ以外の事柄に関しては、あなたがわたしに抵抗したり、わたしの金銭を費やしたり、わたしヤーウェへの捧げものを食べたりしても、あるいはあなたがた蛆虫が互いに噛みつき合ったり、犬のような被造物であるあなたがたの間に対立や暴行が起こったりしても、わたしには一切無関係である。あなたがたはただ自分がどのようなものであるかを知ればよく、それでわたしは満足する。こうしたことを除けば、あなたがたが互いに武器を向け合ったり、言葉で争い合ったりしても、それは構わない。わたしはそうしたことに一切干渉したくないし、人間の問題に一切関わらない。あなたがたの間の紛争を気に掛けないわけではないが、わたしはあなたがたのうちの一人ではなく、そのためあなたがたの間の問題には加わらないのである。わたし自身は被造物ではなく、この世に属さない。だからわたしは人の騒々しい生活や、乱雑で不適切な人間関係を心から嫌うのである。わたしは騒々しい群衆を特に忌み嫌う。しかし、わたしはそれぞれの被造物の心にある不純を深く知っており、あなたがたを創造する前から、人間の心の奥深くに存在する不義をすでに知っており、人間の心にある偽りと不正もすべて知っていた。そのため、人が不義を行なう時にその痕跡が一切なくとも、あなたがたの心に潜んでいる不義が、わたしが創造したすべてのものの豊かさを超えることもやはり知っているのである。あなたがた一人ひとりは、群衆の頂点に昇りつめた。あなたがたは昇りつめて群衆の祖先となった。あなたがたは極めて身勝手であり、蛆虫の間で暴れまわりながら、安らぎの場所を求め、自分よりも小さい蛆虫を貪ろうとしている。あなたがたの心は悪意に満ちて邪悪で、それは海底に沈んだ幽霊さえも超えるほどである。あなたがたは糞の底に住み、蛆虫を上から下まで邪魔して落ち着かせておかないほどで、争い合っているかと思えば静かになっている。あなたがたは自分の地位を知らないが、それでも糞の中で争い合う。そのような争いから何が得られるのか。あなたがたにわたしを真に畏敬する心があるならば、わたしの陰でどうして争い合うことができようか。身分がどれほど高くても、あなたはやはり糞の中にいる小さな臭い虫ではないのか。羽を生やして空を翔ける鳩になることができようか。小さな臭い虫であるあなたがたは、わたし、ヤーウェの祭壇から捧げものを盗む。そうすることで、ぼろぼろになって衰えた自分の評判を回復させ、イスラエルの選民になることができるのか。あなたがたは恥知らずの哀れな存在である。祭壇の捧げものは人々がわたしに献上したのであり、わたしを畏敬する人々のやさしい感情を表わしている。それはわたしが支配するため、わたしが用いるためであるのに、人々がわたしに捧げた小さなキジバトをどうしてわたしから奪うことができるのか。あなたはユダになることを恐れないのか。あなたの地が血に染まった荒野となることを恐れないのか。恥知らずな者よ。人々が捧げたキジバトが蛆虫であるあなたの腹を養うためのものだと思っているのか。わたしがあなたに与えたものは、わたしが喜んで、かつ進んで与えたものである。わたしがあなたに与えなかったものは、わたしが好きにできる。あなたはわたしへの捧げものを決して盗んではならない。働く者はわたし、ヤーウェ、すなわち創造主であり、人々が生贄を捧げるのはわたしのためである。それをあなたは、あくせく動き回る自分への報酬だと思っているのか。本当に恥知らずである。あなたが動き回るのは、誰のためなのか。自分のためではないか。なぜわたしへの捧げものを盗むのか。なぜわたしの金袋から金を盗むのか。あなたはイスカリオテのユダの息子ではないのか。わたし、ヤーウェへの捧げものは、祭司が享受するべきものである。あなたは祭司なのか。あなたは厚かましくもわたしへの捧げものを食べ、卓上に並べさえする。あなたには何の価値もない。何の価値もない、哀れな存在である。わたしの火、ヤーウェの火はあなたを燃え尽くして灰にする。

前へ: あなたは信仰について何を知っているか

次へ: 肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の働き、神の性質、そして神自身 1

本日の交わりのテーマは重要なものです。このテーマは神の働きが始まってからずっと議論されてきたものであり、すべての人にとって極めて重要な意味を持ちます。言い換えれば、これは信仰の道を歩むすべての人が直面する問題であり、同時に皆が直面しなければならない問題なのです。これは人間である以…

キリストは真理をもって裁きの働きを行う

終わりの日の働きとは、すべての人をその性質に応じて区分し、神の経営(救いの)計画を締めくくることである。時が近づき、神の日が来たからである。神の国に入る人すべて、すなわち神に最後の最後まで忠実な人すべてを、神は神自身の時代に連れて行く。しかし、神自身の時代が来る前は、神の働きは人…

真理を実践しない人への警告

兄弟姉妹のうち消極性をいつも発散している人は、サタンの僕であり、教会を乱す。そのような人は、いつか追放され、淘汰されなければならない。神への信仰において、人間に神を敬い畏れる心と神に従順な心がなければ、神のために働くことができないだけでなく、反対に神の働きを阻害し、神に反抗する者…

三位一体は存在するのか

イエスの受肉という真実が明るみに出た後、人は、天の父がいるだけではなく、子とさらには霊がいるということを信じた。これが、天には父と子と聖霊のすべてを一つにした三位一体の神がいるという、人の抱いている従来の観念である。すべての人間が次のような観念を持っている。神は一人だが、三つの部…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索