これからは心に後悔を残さない

長年 主を信じてきたけれど

真理を追い求めることを知らなった

宗教的な儀式に執着しながら

神への信仰はあいまいで抽象的だった

聖書を少し理解しただけで

神について知っているつもりになっていた

主のために自分を費やし苦労してきたのは

見返りと冠を受けるためだった

神についての観念と想像が

私の心に満ちていた

神の恵みを受け祝福されることを

私の心は切望していた

受肉した人の子が話すのを見た時

私は聖書の言葉を使って神の働きを測っていた

宗教的な観念にしがみつき

それが主に忠誠を尽くすことだと考えた

私の行いは パリサイ人と何が違うだろうか


神の言葉の裁きを受けた時は

まるで夢から覚めたようだった

自分の神に対する態度が

どれほど不当で理不尽だったかを知った

私はたびたび 真理ではなく

観念と想像力で神を測っていた

そしてキリストを

普通の人間だと判断して否定していた

神の言葉によって征服された時初めて

神の現れを見た

神を知るにはあまりにも傲慢で盲目だった自分を憎んだ

不従順で反抗的だった昔の自分を想うと

後悔に満たされた

神の前にひれ伏して 激しく悔いた

私は真理を追い求め

人間らしく生きようと決意した

真理を得るまで休むことなく

神に従うと心に決めた

前へ: 二度と神から離れない

次へ: 神の裁きは祝福である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索