207 これからは心に後悔を残さない

1

長年 主を信じてきたけれど

真理を追い求めることを知らなった

宗教的な儀式に執着しながら

神への信仰はあいまいで抽象的だった

聖書を少し理解しただけで

神について知っているつもりになっていた

主のために自分を費やし苦労してきたのは

見返りと冠を受けるためだった

神についての観念と想像が

私の心に満ちていた

神の恵みを受け祝福されることを

私の心は切望していた

受肉した人の子が話すのを見た時

私は聖書の言葉を使って神の働きを測っていた

宗教的な観念にしがみつき

それが主に忠誠を尽くすことだと考えた

私の行いは パリサイ人と何が違うだろうか

2

神の言葉の裁きを受けた時は

まるで夢から覚めたようだった

自分の神に対する態度が

どれほど不当で理不尽だったかを知った

私はたびたび 真理ではなく

観念と想像力で神を測っていた

そしてキリストを

普通の人間だと判断して否定していた

神の言葉によって征服された時初めて

神の現れを見た

神を知るにはあまりにも傲慢で盲目だった自分を憎んだ

不従順で反抗的だった昔の自分を想うと

後悔に満たされた

神の前にひれ伏して 激しく悔いた

私は真理を追い求め

人間らしく生きようと決意した

真理を得るまで休むことなく

神に従うと心に決めた

前へ: 206 二度と神から離れない

次へ: 208 神の裁きは祝福である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索