神の働きに真に従う者は神のものになれる

神の明白な証しに立つことは、実践の神に関する認識があるか否か、そしてその普通であるだけでなく正常なこの人の前に従い、死に至るまで従い続けられるか否かに専ら関連する。この従順さによって真に神の証しに立つならば、それはあなたが神により得られたことを意味する。死に至るまで従い、彼の前で不満がなく、裁いたり中傷したりせず、観念を抱かず、その他いかなる意図ももたないことにより、神は栄光を得るであろう。人々により蔑まれている普通の人物の前における従順さと、死ぬまで観念を抱かずに従うことが出来ることが、真の証しである。

神が人間に対して入るよう要求する現実とは、あなたが神の言葉に従い、神の言葉を実践し、実際の神の前にひれ伏し、自らの堕落を知り、神の前で自らの心を開き、最終的にこれらの神の言葉によって神に得られることが出来ることである。神は、そうした言葉があなたを征服し、あなたを完全に神に対して従順にする時、栄光を得る。それによって神はサタンを辱め、神の働きを完了する。受肉した神の実際性に関して、あなたが何も観念を抱かないのであれば、すなわちこの試練において揺るぎなく立つならば、あなたは良い証しを立てている。

実践の神に関して完全に理解し、ペテロのように死に至るまで神に従うことが出来る日が来るならば、あなたは神により得られ、完全にされるであろう。全ての人間が試練の最中にあるのは、神の実際性のためである。彼の働きは実践的であり、超自然的ではない。彼の実践的言葉、実践的発言を観念なしで完全に理解し、彼の働きが実践的となるほどに彼を真に愛することが出来ることによって、あなたは神によって得られるであろう。神が得る人の集団は、神すなわち神の実際性を知る人々の集団であり、それにも増して神の実践的な働きに従うことが出来る人々である。

『言葉は肉において現れる』の「神の実際性に絶対的に服従できる者は真に神を愛する者である」より編集

前へ: 性質の変化を信じよ

次へ: 神は人間の真の服従を望んでいる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索